RacingMall.NET | Shopping mall for Racing cars.

The Shopping mall of Racing cars performance parts.

paint-scratch.jpg
Sep
23
Deep scratches in your car's paint are annoying to look at, expensive to repaint. Here are steps for how to repair that deep scratch yourself. Continue reading How to repair a deep scratch |...
Sep
23
 MotoGP第14戦アラゴンGP、MotoGPクラスは、スペインのモーターランド・アラゴンで決勝レースを行い、マルク・マルケス(ホンダ)が優勝した。  MotoGPクラスの決勝レースは気温30度、路面温度45度のドライコンディションで争われた。スタート直後の1コーナーでポールポジションスタートのホルヘ・ロレンソ(ドゥカティ)が転倒、ハイサイドで路面にたたきつけられたロレンソはその場でリタイアとなってしまった。  3番グリッドからスタートしたマルケスは好スタートを決めて1コーナーにトップで進入するが、1周目のコントロールラインをトップで戻って来たのはアンドレア・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ)。マルケス、アンドレア・イアンノーネ(スズキ)、アレックス・リンス(スズキ)の順で続く。  レース序盤は7台ほどのトップ集団が形成されるが、中盤を迎えるころにはトップ争いは、ドヴィツィオーゾ、マルケス、イアンノーネ、リンスの4台の争いとなる。...
2018inboard-glider-1jt-1.jpg
Sep
23
Filed under: Etc.,Green,Gadgets It's called the Glider....
takaaragon-300x200.jpg
Sep
22
 スペインのモーターランド・アラゴンで行われたMotoGP第14戦アラゴンGPの予選で、中上貴晶(LCRホンダ・イデミツ)はQ2進出を果たし12番手タイムを獲得。決勝レースは4列目11番グリッドからスタートする。  フリー走行1回目(FP1)から3回目まででトップ10番手タイムを記録したライダーがダイレクトに進める予選Q2。Q2進出をかけたフリー走行では、中上はFP3に1分48秒450をマークし17番手だった。  予選をQ1から臨むこととなった中上は、最終ラップで自己ベストタイムの1分47秒946を記録し2番手。Q1上位2名が進出できるQ2に進むこととなった。  予選Q2は1分48秒284とタイム更新はなかったが12番手を記録し、決勝レースは、マーベリック・ビニャーレスが3グリッドペナルティを受けるため中上は11番手からのスタートとなる。...
04_04CJ5769-300x200.jpg
Sep
22
 インディカー参戦9年目となる佐藤琢磨の2018年シーズンは、フル出場17戦で1勝、ポールポジションなし、ランキング12位という結果で終えた。インディ500でのビッグウインを飾った翌年の成績としては物足りなく感ずる。  その背景には、インディ500を共に制したアンドレッティ・オートスポートを離れ、2012年に在籍したレイホール・レターマン・ラニガン・レーシングへ復帰するという参戦体制の変更があった。琢磨がインディ500で勝った後ぐらいから、アンドレッティ・オートスポートは2018年からエンジンをシボレーにスイッチすることを検討。ホンダドライバーである琢磨はホンダチームにシートを確保する必要に迫られた。  結果的にアンドレッティ・オートスポートはホンダ陣営に残ったが、マイケル・アンドレッティがそう決断する前に琢磨はレイホール・レターマン・ラニガン・レーシングとの契約を済ませていた。...
Sep
22
 2019年のMotoGPシリーズ3クラスの暫定チームエントリーリストが9月21日に発表された。  チャンピオンシップの選考委員会が、Moto3とMoto2のチームから提出された2019年の参戦申請を検討し9月20日に行われた最終的な審査でエントリーを確認。それと並行し、IRTA国際ロードレーシングチーム連盟とドルナスポーツはMotoGPのエントリーを確定するための取り決めを締結した。  MotoGPクラスには11チーム22名、Moto2クラスには18チーム32名、Moto3チームには16チーム29名がエントリーを承認された。  ライダー名も含めた最終エントリーリストは、最終戦となる第19戦バレンシアGPでFIM国際モーターサイクリズム連盟から発表予定となっている。  しかし、MotoGPクラスは暫定だが、チームの発表により21名のシートが決定しているのでそちらも紹介したい。  今回発表されたチームのリストは下記のとおり。 ■MotoGPクラス暫定チームエントリーリスト チーム/エントリー数 ALMA PRAMAC...
Sep
22
 フェラーリF1代表のマウリツィオ・アリバベーネは、チームが2018年の選手権を制することができなかった場合、責を負うのは自分自身だと述べている。  現在セバスチャン・ベッテルは、ドライバーズ選手権においてメルセデスのルイス・ハミルトンに40ポイントの差をつけられている。一方コンストラクターズ選手権では、あと6戦を残した現時点でフェラーリはメルセデスに37ポイントの遅れをとっている。  フェラーリはモンツァとシンガポールの直近2レースで、メルセデスとの差を縮めるつもりでいたものの、結果はハミルトンが両レースで圧勝することになった。  先週末のシンガポールで、アリバベーネはもしフェラーリのパフォーマンスが低下したことへの責任があるとしたら、それは自分が負うべきものだと主張した。 「結果が出ないならば、それは私の責任だ。セバスチャン(・ベッテル)やエンジニア、メカニックの責任ではなく私の責任なのだ」とアリバベーネは語る。 「誰かを責めたいのなら、私を責めるべきなのだ。すでに批判は受けている。批判し続けることへの必要性は感じていないが、もししたいというのなら、相手はここだ」...
Sep
22
鳥羽とアティラプワパはそろって10列目から決勝へ Rd.14 アラゴンGP/モーターランド・アラゴン 2018年9月22日(土) コンディション:ドライ 気温:27℃ 路面:42℃  土曜午後のアラゴンGP予選を、Honda Team Asiaの鳥羽海渡は28番手タイムで終えました。明日の決勝は、10列目28番グリッドからスタートします。チームメートのナカリン・アティラプワパは予選29番手タイム。明日のレースは鳥羽と同じく10列目からのスタートになります。  午前のFP3で、両選手はライディングの向上とセットアップの改善に取り組みながら、ラストラップにそれぞれ自己ベストタイムを更新。アティラプワパは1.975秒、鳥羽は1.451秒のタイムアップを果たしました。...
Sep
22
長島はアラゴンGP予選で5列目獲得 パウィは8列目から決勝へ Rd.14 アラゴンGP/モーターランド・アラゴン 2018年9月22日(土) コンディション:ドライ 気温:29℃ 路面:46℃  土曜午後の予選を終え、 1分53秒688を記録したIDEMITSU Honda Team Asiaの長島哲太は、日曜のアラゴンGP決勝レースに向けて5列目14番グリッドを獲得しました。チームメートのカイルール・イダム・パウィは23番手。ベストラップタイムは1分54秒385でした。  午前のFP3で、長島とパウィはセットアップの積み上げに集中。午後の予選に向けて着実な地固めを行い、長島はセッション24番手、パウィは29番手を記録しました。  午後の予選で、長島はここまで積み上げてきた成果を発揮し、単独走行で好タイムを記録しました。パウィも最終ラップにベストタイムを更新。パウィの決勝のスタート位置は、ペナルティを受けた選手がいたために一つ繰り上がって22番グリッドになりました。...
Sep
22
 長年キミ・ライコネンのマネージャーを務めてきたスティーブ・ロバートソンは、ライコネンがフェラーリF1を離脱することになったとしても、F1に残留する方法を探り出すことを確信していたという。 「彼が走り続けるだろうことは分かっていた。フェラーリに留まらなかったとしても、他の選択肢を探すだろうと。それに選択肢は多くなかった」とロバートソンは話す。  ライコネンは2001年にザウバーでF1デビューを果たし、その後はマクラーレン、フェラーリへと移籍した。  2年間にわたってF1を離れた後、彼は2012年にロータスから復帰。2014年にはセバスチャン・ベッテルのチームメイトとしてフェラーリへ戻り、4シーズンを過ごした。  フェラーリが来シーズンのシャルル・ルクレール昇格を決定したことで、38才のライコネンは若手とシートを“交換”し、引退ではなく、予想外の2年契約でザウバーに復帰するチャンスを得た。 「キミはドライビングを愛している。リタイアすることもできた。しかし彼はF1の頂点でドライブすることをただ愛しているのだ」とロバートソンは説明した。...
Sep
22
 スペインのモーターランド・アラゴンで開催されているMotoGP第14戦アラゴンGPは予選日を終え、ポールポジションを獲得したホルヘ・ロレンソと、フロントロウを獲得したアンドレア・ドヴィツィオーゾとマルク・マルケスが予選を振り返った。 ■ホルヘ・ロレンソ/ドゥカティ・チーム(ポールポジション) 「最後のアタックラップはまるでMoto3クラスのように渋滞がひどかった。ラッキーにも僕は引っかからず、プッシュすることができた。このラップタイムは素晴らしいね」 ■アンドレア・ドヴィツィオーゾ/ドゥカティ・チーム(予選2番手) 「期待以上のラップタイムだったので、この結果には満足している。クリアラップを取ることができなかったが、とにかくフィーリングはとてもいい。僕らは本当にいいペースがあり、スピードもある」 ■マルク・マルケス/レプソル・ホンダ・チーム(予選3番手)...
OGAQ4423-300x200.jpg
Sep
22
 2018年9月15〜16日にスポーツランドSUGOで行われたスーパーGT第6戦で起きたGT300クラスに関するトピックスをお届けする。 ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※  ■初導入のGT300予選組分けは賛否両論  SUGOラウンドで初めて、GT300の予選Q1でグループ分けがなされた。コースが短いSUGOにおいて、28台がエントリーするGT300ではクリアラップが取り難いためだ。  Q1は14台ずつ、チームランキングで奇数順位をA組、偶数順位をB組とし、各組の上位7台がQ2に進出する。これは試しの運用であり、今回の結果を受けて来季導入の判断材料にするという。その試みは、おおむね好評だった。  しかし、組み分けがマイナスに作用したチームもあった。たとえば、B組8番手だったUPGARAGE 86...
IMG_0340-300x200.jpg
Sep
22
 9月22日、新橋にあるタミヤプラモデルファクトリーにてプラスチックモデル『1/12スケールモデル ヤマハYZF-R1M』の発売を記念した開発スタッフトークショーが開催。会場にはYZF-R1の開発スタッフとプラモデルを開発したタミヤのスタッフが出演し、ここでしか聞けないトークでプラモデルファン、バイクファンを楽しませた。  9月15日頃に発売が開始となったタミヤの『1/12 YZF-R1M』は、現行の8代目YZF-R1の最上位モデルを忠実に再現したプラモデルだ。 タミヤ 1/12 YZF-R1M...
transportation-used-cars-sign-over-a-dealership-car-lot-picture-id157309905
Sep
22
Honda, Porsche and Lexus have among the best CPO programs. Our list helps make your used-car buying experience worry-free. Continue reading...
02_DTM-1537610973-300x200.jpg
Sep
22
 オーストリアのレッドブル・リンクで開催されているDTMドイツツーリングカー選手権。22日に行われた第17戦は、レネ・ラスト(アウディRS5 DTM)が制し3連勝を飾った。  残り2ラウンド4戦となった2018年のDTM。チャンピオン争いは、ゲイリー・パフェットがランキングトップ。2ポイント差でポール・ディ・レスタとDTMラストイヤーのメルセデスドライバーが争う展開だ。  ニュルブルクリンクの2レースをポール・トゥ・ウインで制し、一気にランキング3位に浮上したラスト。トップとは57ポイント差と連覇に向けて、このラウンドは正念場となる。  このスピルベルグラウンドは、WRC世界ラリー選手権を戦うセバスチャン・オジエがメルセデスAMG C63 DTMを駆りゲストドライバーとして参戦。フリー走行では1回目を17番手、ウエットコンディションの2回目は19番手で予選に挑んだ。...
0116-300x200.jpg
Sep
22
 9月22日、全日本F3選手権は9月29〜30日に宮城県のスポーツランドSUGOで開催される第7大会において、第6大会で予定されていた2018年第9戦の代替開催を行うとホームページに掲載した。  当初全日本F3選手権第9戦は、7月28〜29日に第7戦/第8戦/第9戦として岡山国際サーキットでの第4大会で開催予定だったが、東から西へルートをとった台風12号の接近にともない、第9戦は一度中止が決定。全日本スーパーフォーミュラ選手権併催だった9月8〜9日の第6大会で改めて開催予定だったが、今度は雨のためスケジュールがディレイ。またも開催中止となってしまった。  そんな第9戦については、日本フォーミュラスリー協会では9月29〜30日に開催される第7大会での開催を目指し協議を進めてきたが、スポーツランドSUGOや関係各所の協力もあり、このレースウイークでの開催が実現した。...
2017-golf-r-large-5362-2.jpg
Sep
22
Sometimes owners and dealers have trouble selling certain car models. Others fly off the lot. These are the 10 fastest-selling models of 2018 so far. Continue reading Top 10 fastest-selling used cars of 2018...
Sep
22
 MotoGP第14戦アラゴンGP、MotoGPクラスは、スペインのモーターランド・アラゴンで2日目の予選を行い、ホルヘ・ロレンソ(ドゥカティ)が1分46秒881でポールポジションを獲得した。  MotoGPクラスの3回のフリー走行でトップに立ったのはマルク・マルケス(ホンダ)。マルケスは2日目午前のフリー走行3回目は、初日のベストを更新できず、セッション5番手に終わったものの、初日に記録した1分47秒382がフリー走行総合ベストとなり、トップでQ2に進出。総合11番手以下のライダーによって争われるQ1で上位につけたマーベリック・ビニャーレス(ヤマハ)と中上 貴晶(ホンダ)のふたりを加えた12名のライダーによって、Q2は気温28度、路面温度46度のドライコンディションで争われた。  1回目のアタックをトップで終えたのはマルケス。マルケスは開始5分すぎに1分46秒960を記録した。残り5分を切って最後のアタックが始まると、マルケスはアンドレア・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ)をぴたりとマーク。しかし、計測1周目の1コーナーでラインを外し、ラストアタックにかけることになる。...
Sep
22
 レッドブル・KTM・ファクトリーレーシングのポル・エスパルガロは、MotoGP第14戦アラゴンGPの二日目に行われるフリー走行3回目(FP3)で転倒。検査で再度、左鎖骨を骨折したことが判明しアラゴンGPを欠場することとなった。  22日、スペインのモーターランド・アラゴンで行われたアラゴンGPのFP3。セッション残り32分でエスパルガロは左の15コーナーでスリップダウン。  エスパルガロはメディカルセンターに向かい検査を受けた。検査の結果、左鎖骨の骨折が見つかりアラゴンGPを欠場することとなった。  エスパルガロは、MotoGP第10戦チェコGPのウォームアップ走行で転倒し、首の負傷と左鎖骨の骨折が見つかり決勝レースを欠場。連戦で行われた第11戦オーストリアGPも欠場した。  12戦イギリスGPはスーパーバイク世界選手権(SBK)に参戦するロリス・バズを代役にたて、第13戦サンマリノGPで復帰。  ケガからの復帰戦となったサンマリノGPは、完治していない首と鎖骨のコンディションが良くないため、決勝レースを17周で終えてピットに戻りリタイアした。...