RacingMall.NET | Shopping mall for Racing cars.

The Shopping mall of Racing cars performance parts.

DAKAR_2019_team_004-660x440.jpg
Jan
17
 1月6~17日に行われた第41回大会のダカールラリーで、TOYOTA GAZOO Racing South Africa(TGRSA)のナッサー・アル-アティヤ(トヨタ・ハイラックス)が総合優勝を飾り、トヨタにダカール初制覇をもたらした。  史上初のペルー単独開催となった2019年のダカールラリー。総走行距離が5600kmと昨年大会よりも短縮されたものの、ステージのうち約70%が砂漠や砂丘という過酷な構成で争われた。  そんな2019年のダカールラリーでは、総合優勝を果たしたアル-アティアのほかに、トヨタ車体のチーム・ランドクルーザー・トヨタオートボデーが市販車部門6連覇、トラック部門の日野チーム・スガワラは10リットル未満クラス10連覇を果たすなど、トヨタ車が目覚ましい活躍をみせている。  豊田章男社長はまず、市販車部門6連覇を果たしたチーム・ランドクルーザー・トヨタオートボデーと、トラック部門10リットル未満クラス10連覇を果たした日野チーム・スガワラに「おめでとうございます」と祝福の言葉を贈った。...
Jan
17
 マクラーレンのCEOを務めるザック・ブラウンは、チームは2019年のインディ500のために経験豊富なスタッフを揃えており、フェルナンド・アロンソをブリックヤードのビクトリーレーンに立たせることは可能であるとの考えを示した。  マクラーレンとアロンソは5月、再びインディ500に挑む。アロンソはこの挑戦を、自身の2019年シーズンにおける最重要レースと位置づけている。  2度のF1世界チャンピオンであるアロンソは、2017年に世界最高峰レースへのデビューを果たした。マクラーレン・ホンダ・アンドレッティから参戦したアロンソは闘争的な走りを見せて健闘したものの、その後のエンジントラブルによって、劇的な勝利を逃す結果となった。  2019年のマクラーレンの挑戦を指揮するのはフォース・インディアF1の元チーム代表で、経験豊富なボブ・ファーンリーだ。また、インディ500優勝経験者で現在はマクラーレンのスポーティングディレクターであるジル・ド・フェランも、プロジェクトの指導役として参画する。...
P18_0890_a4_rgb-660x440.jpg
Jan
17
 ポルシェジャパン株式会社は、全国のポルシェ正規販売店において1月18日(金)より新型マカンSの予約受注を開始することを発表した。  新型マカンSには、新しい3リッターV6ターボガソリンエンジンが搭載される。このエンジンはセンターターボレイアウトを採用しており、Vバンク間に配置されたターボチャージャーと燃焼室の間に短いエグゾーストガス経路が設けられ、優れたダイレクトレスポンスが提供される。  新しいツインスクロールターボチャージャーは低回転域から大きなトルクを発生させる。またこのテクノロジーによってタービンホイールに排気ガスが供給され、過給サイクルのデメリットを大きく低減させる効果がある。1リッターあたりの最高出力は113PSから118PSに増加し、エミッション(大気汚染物質)も削減されている。最高出力260kW、最大トルクは480Nmと共に先代モデルを上回り、100km/hに加速するまでのタイムは5.1秒で、最高速度は254km/hに達する。...
Jan
17
 マクラーレンF1チームのルーキーであるランド・ノリスは、周囲からの期待に沿えないことや、2018年の終わりにストフェル・バンドーンが経験したような結末に陥ることについては心配していないという。  バンドーンは2017年にF1に昇格した際、F1で最も将来有望なドライバーのひとりと評されていたが、状況が和らいだとはいえ、才能を開花させることができないまま24カ月後にF1を去った。  ノリスを取り巻く騒ぎは、バンドーンがマクラーレンで彼のキャリアをスタートさせた際の幸先の良い様子を彷彿とさせるが、ノリスは前任者の苦境に囚われてはしていない。 「どういう状況だったのか、なぜ彼が最大のパフォーマンスを発揮できなかったのかを語るのは難しい」とノリスはAuto Motor und Sport紙に語った。 「僕はただ自分のことに集中する。もしカルロス(・サインツJr.)が最初のレースで僕を負かしたら、彼がどこで強かったのかを正確に分析してみる」 「僕はシーズン全体で学び適応することができるんだ。今は心配していない」...
Jan
17
 日産自動車とニッサン・モータースポーツ・インターナショナル(ニスモ)は、『2019年モータースポーツ活動計画』発表会を2月9日に横浜にある日産グローバル本社の日産ホールで行うことを明らかにした。  2018年12月からはABBフォーミュラE選手権にもワークス参戦を開始しているニッサン/ニスモ。国内最高峰のスーパーGT500クラスでは昨年、4台のニッサンGT-RニスモGT500を送り込んでシーズンを戦った。  ニッサン陣営は第2戦富士で優勝したものの、それ以外はレクサス/ホンダのライバル勢に苦戦を強いられ、ランキング最上位は23号車の松田次生/ロニー・クインタレッリ組の8位だった。  9日(土)の発表会には、ニスモの片桐隆夫CEOが登壇し、反撃を誓うスーパーGTをはじめとする2019年のモータースポーツ活動計画、各シリーズを戦うニッサン系チーム監督やドライバーの紹介が行われる。...
Jan
17
 ルノーのシャシーテクニカルディレクターを務めるニック・チェスターは、2019年の空力ルールはF1を正しい方向へ導くとしながらも、オーバーテイクに関しては“小さな違い”しか生み出さないだろうと述べている。  2019年シーズンより採用される技術規則の改定では、デザインが単純化されたフロントウイング、ウイングレットなしの簡素化されたフロントブレーキダクト、より幅が広く奥行きのあるリヤウイングといった新たな空力パッケージが導入される。  この変更には、『アウトウォッシュ』が起きる可能性を低くする意図がある。アウトウォッシュとは気流を乱し、後続車のオーバーテイク能力を著しく制限してしまう現象だ。 「2019年に向けて非常に大きな変更になる」とチェスターは語った。 「後続車への気流を改善しようとFIAが進めているコンセプトは正しいものだと思う」 「最終的に2021年に向けて計画されている変更のすべてを1年で行うことは明らかに無理だ。これまで目にしたことから考えても、(2019年は)小さな違いしか見られないだろうと思う」...
P90332987_highRes_jerez-de-la-frontera-133x200.jpg
Jan
17
 BMWモータースポーツは1月17日、2019年のDTMドイツツーリングカー選手権で起用する6人目のドライバーに19歳のシェルドン・ファン・デル・リンデを選出したことを発表した。  BMWのモータースポーツで中心的役割を担っているDTM。チームは12月8日に行ったシーズエンドイベントで2019年のドライバーラインアップを発表し、6名のうちマルコ・ウィットマン、ブルーノ・シュペングラー、ティモ・グロック、フィリップ・エング、ジョエル・エリクソンの5名が続投すると明かされていた。  しかし、2018年シーズンを戦ったアウグスト・ファーフスはGTレースやのWTCR世界ツーリングカー・カップへ活動の場を移すため、シートにひとつ空きができていた。  その空席を射止めたシェルドンは南アフリカ出身の19歳。2018年はアウディからニュルブルクリンク24時間レース、鈴鹿10時間耐久レースなどに参戦した若手でアウディの育成ドライバーに近いポジションにいたドライバーだ。...
Jan
17
 スポーツチャンネルの『DAZN(ダゾーン)』は1月17日、オンライン決済サービス『PayPal』による月額支払い対応を開始した。  F1やFIA F2、FIA F3のほか、サッカーや野球、NFLなどさまざまなジャンルのスポーツをライブ&オンデマンドで配信しているダゾーン。モータースポーツのみならず、スポーツ好きは必携と言えるサービスだ。  そんなダゾーンはクレジット決済のほか、ドコモ経由での決済やコンビニ決済、プリペイドカードによる決済など、さまざまな決済方法に対応しているが、今回新たにPayPalによる決済にも対応した。  PayPalは、世界で2億5000万人以上が利用するオンライン決済サービス。クレジットカードやデビットカード、銀行口座の情報を登録するだけで取引が可能になるオンライン決済サービスだ。PayPalを使用することにより、クレジットカード支払いのほかに、これまでできなかった銀行口座振替による支払いが可能となる。...
99f8008d-ce92-42b4-a487-47cfa2c8aa83-660x440.jpg
Jan
17
 AsLMSアジアン・ル・マン・シリーズは1月17日、2019/2020年のシリーズカレンダーに南オーストラリアのベンド・モータースポーツパークを組み込むと発表した。  AsLMSはACOフランス西部自動車クラブが統括する、ル・マン24時間/WEC世界耐久選手権をピラミッドの頂点とするル・マン・シリーズのアジア版。シリーズはLMP2、LMP3、GTの3クラスで構成され、各クラスチャンピオンはACOからル・マンへ24時間の招待権を得ることができる。  近年は年をまたぐウインターシリーズとして全4~5戦が開催され、日本でも富士スピードウェイを舞台に4時間レースが行われている。  そんなAsLMSの2019/20年シリーズにオーストラリアラウンドが復活する。その舞台となる“ザ・ベンド”は、2018年に南オーストラリアの州都アデレートから約100kmの位置に建設された同国最新サーキットだ。...
AP-1Y5HCEWRH2111_hires_jpeg_24bit_rgb-660x440.jpg
Jan
17
 第41回大会となる2019年のダカールラリーは1月17日、最終日となる競技10日目が行われ、ナッサー・アル-アティヤ(トヨタ・ハイラックス)が2015年以来となる通算3度目の総合優勝を飾るとともに、トヨタにダカール初制覇の栄光をもたらした。  史上初のペルー単独開催として争われた第41回ダカールラリー。総走行距離はおよそ5000kmと昨年大会よりも短縮されたものの、ステージのうち70%が砂漠や砂丘を越える構成で、従来と変わらぬ“世界一過酷なラリー”として争われた。  TOYOTA GAZOO Racing SAから参戦したアル-アティヤは競技初日の7日に総合首位につける好スタートを切る。翌8日こそポジションを落としたが、競技3日目の9日にはふたたびトップへ返り咲いた。...
Jan
17
 元F1ドライバーで現在Sky Sports F1で解説者を務めるカルン・チャンドックが、レッドブル・レーシングのマックス・フェルスタッペンはすでにタイトル争いができるまでに成長しているとの考えを示した。フェルスタッペンとレッドブルがトップで戦うことはF1全体にとって重要であり、そのためにホンダの前進は不可欠であるとチャンドックは強調した。  レッドブルは長年のパートナー、ルノーと決別し、2019年からホンダのパワーユニット(PU/エンジン)を使用する。マクラーレンとの3年にわたるパートナーシップはうまくいかなかったホンダだが、トロロッソと契約した2018年には改善を示しており、レッドブル首脳陣も2019年シーズンへの大きな期待をしばしば口にしている。  2019年のドライバーラインアップはフェルスタッペンとピエール・ガスリーで、特にフェルスタッペンは21歳にしてすでに5勝を挙げ、将来のチャンピオンの呼び声が高い。...
mclaren-mcl34-F1i-660x361.jpg
Jan
17
 マクラーレンF1チームが、2019年型マシンMCL34の画像を誤って公開し、すぐに削除したと伝えられている。  チームは2月14日にニューマシンを披露することを明らかにしている。ところが17日、マクラーレンのFacebookのカバー写真が、「McLaren MCL34 14:2:2019」の文字を伴うマシンの画像に変更され、わずか数分でそれが削除されたと複数のメディアが伝えた。  その際に公開された画像は、パパイヤオレンジに彩られたマシンで、リヤウイングには「Coca-Cola」の文字が記されていた。  マクラーレンは2018年終盤のアメリカGPから最終戦アブダビGPの3戦においてコカ・コーラとのスポンサー契約を結び、ロゴをマシンのバージボードとドライバースーツに掲載した。シーズン終了後、マクラーレンCEOのザック・ブラウンは、コカ・コーラと契約延長について話し合いを行っていることを示唆していたが、今回誤って掲載したとされる画像からすると、両者の交渉がまとまったことが推測される。...
Jan
17
 元F1ドライバーのジャック・ビルヌーブは、モータースポーツのキャリアに乗り出すことを夢見るドライバー志願の子の親たちに、明確な助言を持っている。  1997年のF1世界チャンピオンであるビルヌーブは先日、急成長中の若い才能を発掘して支援する若手ドライバープログラム、“フィード・レーシング”の設立を発表した。  ビルヌーブの友人で共同出資者でもあるパトリック・ルマリとともに進めたこの構想は、80年代と90年代に多くのフランス人ドライバーのキャリア向上とF1昇格を支援し成功したプログラムを手本とするようだ。 「今では、才能よりも資金面の貢献がより重要になっている印象がある」とビルヌーブはカナダのLe Journal de Montrealに語った。 「ドライバーとしてのキャリアを望むのは、子供にとって少々非現実的なことになっているんだ」 「私は何年にもわたってパドックにいて、物事がどう進められるのか目にしているし、注目してきた。私にも子供がいるからかもしれないが」...
Jan
17
 セルジオ・ペレスは、2019年に向けて古巣マクラーレンF1チームからオファーを受けたというが、フォース・インディアの後身レーシング・ポイントに残留するという選択肢の方が自分には魅力的だったと語った。  2018年夏、フォース・インディアは財政難のためチームオーナー変更が行われ、非常に不安定な状況だった。その間、マクラーレンのCEOザック・ブラウンは、2019年のドライバー候補としてペレスの名前を挙げていた。  ペレスは2013年にマクラーレンで走った経験を持ち、チームが復活のために現在体制立て直しに取り組んでいることは承知しているものの、新オーナーのローレンス・ストロールのリーダーシップの下で生まれ変わろうとしているレーシング・ポイントに残りたいという気持ちの方が強かったという。 「マクラーレンは偉大なチームだ。少し時間はかかるが、いずれ復活するだろう。だが、僕としては、ここ(レーシング・ポイント)での未来の方に確信を感じた」とペレスは語る。ペレスは2014年からフォース・インディアに所属している。 「このチームに何年もいてすごく居心地が良い。明るい未来も見えるんだ」...
UUK1QTQ.jpg
Jan
17
ด้วยระยะเวลา 3 ปี หลังการเปิดตัวครั้งแรกของ ปอร์เช่ เคย์แมน จีที4 คลับสปอร์ต (Porsche Cayman GT4 Clubsport) ถึงเวลาแล้วที่ยนตรกรรมผู้รับหน้าที่สืบทอดความแรงลำดับต่อไปจะเผยโฉมที่แข็งแกร่งมากยิ่งขึ้น: ปอร์เช่ 718 เคย์แมน จีที4 คลับสปอร์ต (Porsche 718 Cayman GT4 Clubsport) อีกหนึ่งความภาคภูมิใจในฐานะ ตัวแทนของความก้าวหน้า และความสำเร็จอันยอดเยี่ยมจากโรงงาน Weissach นับเป็นครั้งแรกที่รถแข่งเครื่องยนต์ วางกลาง......
74dbb780-1a90-11e9-9df7-d74d003e6c79
Jan
17
Filed under: .,.,.,. It joins a long line of winterized Nissans....