RacingMall.Com | Shopping mall for Racing cars.

The Shopping mall of Racing cars performance parts.

bec82d10-584c-11ea-bb7d-1774f7c36545
Feb
26
Filed under: .,.,.,.,....
40b72310-4f85-11ea-8bb7-b7ff3acbb4a1
Feb
26
Filed under: .,. Officials from the salvage firm Donjon-SMITH told a U.S. District Court judge they would be willing to dismantle the...
XPB_1037152_1200px-660x439.jpg
Feb
26
 2月26日に行われたF1第2回バルセロナテスト1日目の画像ギャラリーを掲載。  . . アレクサンダー・アルボン(レッドブル・ホンダ)...
Feb
26
 スペインのバルセロナ-カタロニア・サーキットで2020年の第2回F1プレシーズンテストの1日目午前のセッションが行われ、アルファロメオのリザーブドライバーを務めるロバート・クビサが1分16秒942というトップタイムを記録した。  ホンダ勢は、アルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリーが25周を走行しベストタイムは1分17秒540で2番手、レッドブル・ホンダはアレクサンダー・アルボンが29周を走行し1分17秒550を記録し3番手だった。 ■第2回F1バルセロナテスト1日目 午前タイム結果 Pos. No. Driver Team Time Laps 1 88 ロバート・クビサ アルファロメオ 1’16.942 53 2 10 ピエール・ガスリー アルファタウリ・ホンダ 1’17.540 25 3 23 アレクサンダー・アルボン レッドブル・ホンダ 1’17.550 29 4 44 ルイス・ハミルトン メルセデス 1’17.562 89 5 18 ランス・ストロール レーシングポイント 1’17.787 43 6...
h02-660x440.jpg
Feb
26
 スーパーGT GT300クラスで活躍する平木湧也と、FIA-F4に参戦してきた平木玲次のふたりが、新たに地域密着型のモータースポーツチーム『HELM MOTORSPORTS』を設立し、スーパー耐久シリーズとFIA-F4選手権に挑むことになった。  茨城県出身の平木湧也と玲次の兄弟は、レーシングカートを経て、ジュニアフォーミュラではル・ボーセモータースポーツで育ってきたレーシングドライバー。湧也は2018年からスーパーGTでTEAM MACHから参戦する一方、玲次はFIA-F4で戦い、2018年はINGING、2019年はMedia Do Kageyama Racingに所属してきた。  そんなふたりが、2020年に向け新たに『HELM...
Feb
26
 aprは2月25日、チームのFacebookページで、2020年からピレリスーパー耐久シリーズのST-XクラスにレクサスRC F GT3を投入すると発表した。ドライバーは永井秀貴/嵯峨宏紀/小高一斗/永井宏明/中山雄一というトップクラスの実力を誇る4人が乗り込む。  スーパーGT GT300クラスでもお馴染みのaprは、これまでもピレリスーパー耐久シリーズに挑戦した実績があるが、2020年から新たにレクサスRC F GT3をST-Xに投入することになった。  ドライバーには、ネッツトヨタノヴェル三重の社長として多忙な日々を送りながら、インタープロトやポルシェカレラカップで活躍する永井秀貴、そして同じくビジネスマンとして活躍しながら、スーパーGTにも参戦する永井宏明、そして全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権やスーパーGTにも参戦が決まっている小高一斗、GT500ドライバーとして活躍する中山雄一、aprに長年所属する嵯峨宏紀という5人だ。...
AP-1Z94829DW1W11_news-660x440.jpg
Feb
26
 世界最高峰のバトルが繰り広げられるF1は、パドックを彩るモーターホームも豪華絢爛なものが多い。F1のモータースポーツ担当マネージング・ディレクターのロス・ブラウンは、この豪勢なモーターホームをパドックから消し去ろうと提案しているが、レッドブルのクリスチャン・ホーナー代表はこれに異を唱えている。  世界各国を転戦して争われるF1。なかでも主要なマーケットである欧州圏ではレースウイーク中に訪れるゲストなどをもてなすため、各チームともモーターホームと呼ばれる豪華な組み立て式の施設を用意している。  しかし、ブラウンはこのモーターホームを“ジン・パレス(中世の安酒場)”と一蹴。同施設の輸送にかかる二酸化炭素排出量はF1が掲げているサステナビリティに反するとの見方を示している。  F1は地球温暖化対策に積極的な姿勢をみせており、サーキットはもちろん各チームのファクトリーでもさまざまな施策を講じ、2030年までに実質二酸化炭素排出量ゼロを達成するとしている。...
Large-9406-McLaren-600LT-660x440.jpg
Feb
26
 驚くべき速さと、目を見張る美しさ。スーパースポーツカーは、このふたつの要素を兼ね備えた特別な存在だ。『オートスポーツweb 最新スーパースポーツカー試乗レポート』では、クルマ好きなら誰もが憧れる数々の至高のマシンの中から注目の1台をピックアップして、その走りの印象を伝えていきます。    ハンドルを握るのは、モータージャーナリストの吉田拓生さん。第4回目は、『マクラーレン600LT』を取り上げます。 * * * * * * * ■21世紀に語り継がれるロングテールの新章のスタート  マクラーレンにとって“LT”というアルファベットは、特別な意味を持っている。それはポルシェにとっての“RS”であり、BMWにとっての“M”のようなものである。...
Motegi164-1280x854-660x440.jpg
Feb
26
 トヨタカローラ新茨城のレーシングチームとして活動するC.S.I Racingが、2020年シーズンのピレリスーパー耐久シリーズに引き続き参戦すると発表。Cドライバーに坪井翔を迎えたことを明らかにした。  C.S.I Rarcingはトヨタカローラ新茨城が展開する『GR Garage水戸インター』によるレーシングチームだ。2019年にスーパー耐久へのフル参戦を開始した同チームは、Aドライバーとチームのマネージメントを兼務する久保凛太郎と、細川慎弥、山口礼という3名で激戦区のST-4クラスに参戦。  強力なドライバー陣が乗り込んだGR Garage 水戸インター GR86は第5戦もてぎでの初優勝を含む計3度の表彰台を獲得し、デビューイヤーながらランキング3位という好成績を収めた。  そんなC.S.I Racingが、2020シーズンもST-4クラスへ継続参戦する。マシンは習熟の進んだ昨年型の『GR86』が引き続き使用されるという。  一方、ドライバーラインアップには一部変更があり、久保とBドライバーの細川をそのままに、スーパーGT...
Feb
26
 スクーデリア・アルファタウリは、デザインやテクノロジーに携わる日本企業『株式会社RDS』とのパートナーシップを延長したことを発表した。  RDSは、デザイン、クレイモデル、CFRP成形、3Dプリンター、コンサルティング事業などを専門としている会社だ。アルファタウリとRDSのパートナーシップは2019年の6月に締結され、第8戦フランスGPよりチームの前身であるトロロッソのマシン『STR14』のフロントウイングにRDSのロゴが掲載されていた。  RDSの代表取締役である杉原行里氏は、アルファタウリのプレスリリースで以下のようにコメントを発表した。 「我々のパートナーシップを延長し、スクーデリア・アルファタウリとともにエキサイティングな新時代の一員となることについて、この上なく喜んでいます。我々はデザインやテクノロジーへの革新的なアプローチに誇りを持っていますし、それらすべてはF1だけでなく、極めてコンペティティブな世界で成功するための基礎となります」 「このシーズンが何をもたらしてくれるのか、そしてチームとともに上出来のシーズンを過ごすことを楽しみにしています」...