RacingMall.Com | Shopping mall for Racing cars.

The Shopping mall of Racing cars performance parts.

0cef536613bdcc1e30e0086b160ad711-660x440.jpg
Mar
03
 3月3日(日本時間4日)、アストンマーティン・コグニザントF1チームは、2021年シーズンに向け新マシン『AMR21』を発表した。アストンマーティンが最後にF1に参戦したのは1960年のことであり、61年ぶりにアストンマーティンの名前がF1に復活する。  2020年までレーシングポイントの名前でF1を戦ってきた同チームは、昨年1月にチームオーナーのローレンス・ストロール率いる投資家グループがアストンマーティンの株式を取得したことにより、2021年よりアストンマーティンとして参戦することが決まった。  その2020年、レーシングポイントは開幕前から話題を集めた。というのも2020年型マシン『RP20』がメルセデスF1の2019年型マシンに酷似しており、“ピンクメルセデス”と揶揄され他チームからの抗議を受けたのだ。調査の結果、RP20のブレーキダクトの設計方法が違法であるという判決が下され、コンストラクターズポイントを15ポイント剥奪、約5000万円の罰金を科された。...
ab5cc5683b90288afa1bc71aedbdaec7-660x440.jpg
Mar
03
 3月3日(日本時間4日)に発表されたアストンマーティン・コグニザントF1チームの2021年型マシン『AMR21』をギャラリー形式でお届け。同チームは2020年までレーシングポイントという名称でF1に参戦し、昨シーズンはコンストラクターズ選手権4位という成績を残した。  迎えた2021年、同チームはイギリスの自動車メーカーであるアストンマーティンのブランドを用いてF1に参戦する。ドライバーには新たに4度のF1チャンピオンであるセバスチャン・ベッテルを迎え入れ、ランス・ストロールとともに昨年逃した中団トップの座を掴みにいく。 . 2021年型アストンマーティンF1マシン『AMR21』の右フロント...
asimg_IMG_7590_fb603f63ac00be7-660x597.jpeg
Mar
03
 ブランド立上げから13年目を迎える56designは、2021年3月、「西武渋谷店」B館6Fに、Motorimoda株式会社とのコラボーレーションショップ「56design Tokyo」をオープンします。  店内では56designのフルラインナップに加え、弊社が総代理店を務めるイタリアブランドrizoma、SPIDI、XPDブーツ、BREMAを展示、販売します。  そして、来店されるお客様へより充実したバイクライフを提案できるコーナーを設置し、カジュアル、通勤、スポーツシーンを表現。Arai別注ヘルメットの販売、フィッティングサービスを行うスペースを設け、安全で快適なライダーのサポートを行います。  仕事帰りなどに気軽に立ち寄れる渋谷で、バイクに興味がある全ての方々にバイクライフを感じてもらえるよう、店内にはコンセプト車両やアパレルを展示し、56designのコンセプトである「Life with Motorcycles」を表現するショールームを兼ねた店舗となります。千葉市の56design本店ならびに、全国約20店舗の特約店共々よろしくお願い致します。...
asimg_ac26fd5f-6531-482d-ac0a-bfbce6a06336_e4603f4456c3b67-660x440.jpg
Mar
03
 3月2日、スペインのヘレス・サーキット‐アンヘル・ニエトで、2021年シーズンの『FIM Enel MotoE World Cup』(MotoE)の1回目となる開幕前テストが3日間の日程で行われ、初日はドミニク・エガーター(DYNAVOLT INTACT GP)がトップタイムを記録した。MotoEデビューとなる大久保光(AVANT AJO MotoE)は11番手タイムだった。  Energica Motor Company(エネルジカ・モーターカンパニー)の電動バイク『Energica Ego Corsa(エネルジカ・エゴ・コルセ)』とミシュランタイヤのワンメイクで、開催3年目を迎えるMotoE。プレシーズンテスト最初のセッションがヘレスで行われた。...
asimg_MY21_HPR1_Wide_1d603b8cf23489f-660x495.jpg
Mar
02
 2月23日、トライアンフモーターサイクルズジャパン株式会社は、トライアンフの伝統を受け継ぐモダンクラシックバイクの2021年型ボンネビルシリーズを発表した。今回発表されたモデルは、ボンネビルT120、T120ブラック、ボンネビルT100、ストリートツイン、ストリートツインゴールドライン(ストリートツインの限定モデル)、ボンネビルスピードマスター、ボンネビルボバーとなる。2021年型になったことで各バイクともパフォーマンス、機能性、スタイルが大幅にアップデートされている。各バイクとも2021年4月に発売予定で、ストリートツインゴールドラインのみ2021年5月発売予定だ。 ....
asimg_2021ARCTICRALLY_RT_033_8d603f3a57ed72c-660x440.jpg
Mar
02
 2月26~28日に開催されたWRC世界ラリー選手権第2戦アークティックでWRカーデビューを果たしたオリバー・ソルベルグは、総合7位フィニッシュとなった今戦をふりかえり「今まで以上に笑顔になれた」と語った。  2003年のWRC王者ペター・ソルベルグの息子で現在19歳のオリバーは、先週末に行われたアークティック・ラリー・フィンランドでシリーズ最高峰クラスにデビューし、自身初のWRカーとなる『ヒュンダイi20クーペWRC』をドライブした。  彼は今シーズン、ヒュンダイ育成ドライバーとなりWRC2クラスへのフル参戦がアナウンスされていたが、開幕戦モンテカルロ後にトップクラスへの初参戦が決定。“サンタクロースの故郷”として知られるロバニエミを拠点に展開される冬のフィンランドラリーに挑むことになった。  そんなソルベルグは、大会直前に彼のコドライバーであるアーロン・ジョンストンが新型コロナウイルスのテストで陽性となったため、急きょセブ・マーシャルとコンビを組むことになったが、アクシデントを感じさせない走りを披露する。...
asimg_2020F1-AbuDhabiTest-NyckdeVries-Daimler_99603f2e7acbf3e-660x440.jpg
Mar
02
 メルセデスF1チームは、メルセデスのフォーミュラEドライバーであり、2019年FIA-F2チャンピオンのニック・デ・フリースを、2021年F1リザーブドライバーに起用することを発表した。  3月2日、2021年型マシン『F1 W12 Eパフォーマンス』の発表会が行われ、その際にチームはリザーブドライバーのラインアップも公表した。メルセデスEQフォーミュラEチームのレースドライバー、ストフェル・バンドーンが引き続きF1チームのリザーブドライバーを務め、フォーミュラEチームの僚友であるデ・フリースも同様の役割を果たすことが決まった。  一時マクラーレン若手プログラムのメンバーだったこともあるデ・フリースは、2019年にFIA-F2でタイトルを獲得したものの、F1シートをつかむことができなかった。デ・フリースは、2020年アブダビ若手F1テストにメルセデスF1チームから参加、W11で自身初のF1テストの機会を得ている。...
Mar
02
 スーパーGT GT500クラスに参戦するTGR TEAM SARDを盛り上げる人気レースクイーン「KOBELCO GIRLS」と「SARDイメージガール」の2021年メンバーが発表された。KOBELCO GIRLSは昨年に続き太田麻美さんと中村比菜さんが務め、SARDイメージガールには水瀬琴音さんが選ばれた。  昨年は1勝を挙げたTGR TEAM SARD。チャンピオンを目指す2021年もヘイキ・コバライネンと中山雄一がコンビを組み、引き続き脇阪寿一監督がチームを率いる。  先にチームをサポートするオウルテックのレースクイーン「オウルテックレディ」を発表していたSARD。3月3日に「KOBELCO GIRLS」と「SARDイメージガール」を発表した。  毎年キュートなコスチュームで人気を博し、数多くのトップレースクイーンが在籍した「KOBELCO GIRLS」と「SARDイメージガール」。...
asimg_2021Feb17-FW43B-Shakedown-Silverstone-Russell-Williams2_56602d944dc9fc2-660x440.jpg
Mar
02
 ウイリアムズ・レーシングは、今週予定されている2021年型マシン『FW43B』のオンライン発表会において、F1のファンに楽しんでもらうため、AR(拡張現実)の技術を使った斬新な演出を施すと発表した。 『FW43B』は、3月5日(金)午後2時GMT(日本時間5日午後11時)にベールを脱ぐ。新型コロナウイルス感染症に伴う移動制限とソーシャルディスタンス確保の要請を踏まえて、他の全チームと同様、今年の発表会はオンラインで行われる。  しかし、ウイリアムズはバーチャルな発表会に命を吹き込む新たな方法を導入して、ライバルたちよりも優位に立ちたいと考えてきた。チームのプレスリリースには「世界中のファンが、FW43Bの実物大3Dモデルを自宅に投影できる専用のアプリを使って、新しいカラーリングを施したマシンを初めて目にする」ことを約束すると記されている。  今回のため特別に開発された『Williams Racing AR Launch 2021』アプリは、すでにアップルのApp...
f733165e8b12ddfb877552357da97730-660x440.jpg
Mar
02
2021年3月3日 プレスリリース  ヤマハ発動機株式会社は、124cc“BLUE CORE”※1エンジンを搭載するフロント2輪のLMW※2モデル「TRICITY(トリシティ) 125」およびABS装備の「TRICITY 125 ABS」のカラーリングを変更し、2021年モデルとして4月8日に発売します。  新色は、“Fun to Ride”を求めるアクティブ志向の方に向けた、フロント2輪の軽快さと楽しさを引き立てる鮮やかな“イエロー”です。なお、“マットグレー”と“ホワイト”は継続販売します。  「TRICITY 125/ABS」は、LMW テクノロジー※3による安定感のあるコーナリングと上質なクルージング性能を兼ね備えた、新しいライディングの楽しさを味わえるモデルです。  なお、生産はタイのグループ会社TYM(Thai Yamaha Motor Co., Ltd.)で行います。 ※1 ヤマハ発動機株式会社は、“走りの楽しさ”と“燃費・環境性能”の両立を高次元で具現化するエンジン設計思想として、2014年より“BLUE CORE(ブルーコア)”...
asimg_BREEZE_05_ce603f20b9b7f1a-660x990.jpg
Mar
02
 2月22日に2021年のモータースポーツ体制発表を行ったスバル/STI。スーパーGT GT300クラスに参戦するSUBARU BRZ R&D SPORTを盛り上げるレースクイーン「SUBARU BRZ GT GALS BREEZE」も発表し、今季の新コスチュームを披露した。  2021年も引き続き井口卓人と山内英輝のコンビで参戦する61号車SUBARU BRZ R&D SPORT。2020年11月にアメリカで初公開された新型BRZをベースとした車両で参戦し、22日に新カラーリングも披露した。  チームを盛り上げるレースクイーン「BREEZE」は、レースクイーンからも人気のユニットで体制発表と併せて2021年メンバーも登場した。  2021年のBREEZEを務めるのは、あやきいくさん、津田知美さん、平野杏梨さんの3人が今年もそろって継続し、新たにレースクイーンデビューとなる須藤セリナさんが加わる。  2019年から継続となるあやきさん、津田さん、平野さんの3人。BREEZEのTwitter上で意気込みをコメントしている。...
asimg_02_2021-audi-rs-3-lms-race-car_100779887_h_6d603efbc0d8f10-660x440.jpg
Mar
02
 アウディスポーツは、2021年下半期からの本格的なカスタマーデリバリーを予定する.のシェイクダウンを実施した。今季、同モデルでWTCR世界ツーリングカー・カップに参戦するフレデリック・バービッシュのドライブで、2日間のプログラムを終えている。そのライバルであるヒュンダイ・モータースポーツのカスタマー部門も、成功作『i30 N TCR』のアップデート版を披露した。  2021年はナサニエル・ベルトンとともに、Comtoyou Racing(コムトゥユー・レーシング)からWTCRへの復帰参戦を決めているバービッシュは、2月最終週の火曜と水曜に、スペインのカタルーニャ州に位置するパルクモトール・カステッリョで最新モデルの初走行を担当し、500km以上を走破した。...
asimg_2021Feb-RedBull-filmingday-RBR1_9f6036daa4d9b5c-660x440.jpg
Mar
02
 今シーズンのレッドブルはアルファタウリに次いで、また厄介な新車発表をしてくれた。アルファタウリAT02はいざフィルミングデーでのシェイクダウンでを走ると、発表写真にAT01を使っていた事がわかり、実はAT02は予定通り昨年のRB16のサスペンションを移植していることが見受けられた。これが新フロントサスペンションの答えであり、リヤサスペンションも昨年のRB16後期型であり、間違いなくジオメトリーを昨年型から変えてきたわけだ。  そして本体のレッドブルはそのRB16のB仕様と言う形で2021年車を投入。しかし、シェイクダウンテストでは旧型を走らせ、B仕様の写真をリリースしなかった。...
Mar
02
 2月26日から28日にかけて、フィンランド北部のロバニエミでWRC世界ラリー選手権第2戦アークティックが開催された。今戦はシリーズ史上初“北極圏”でのラリーとなったが、その戦いの模様がまとめられたダイジェスト動画がWRCオフィシャルYouTubeチャンネルをはじめ、ヒュンダイ、トヨタの公式チャンネルでも公開されている。  2021年シーズン第2戦『アークティック・ラリー・フィンランド』は、新型コロナウイルスの影響で中止となったラリー・スウェーデンの代替イベントとして実施された。舞台が冬のフィンランドであることからステージは一面雪と氷に覆われ、シーズン唯一のフルスノーラリーに相応しいラリーとなった。  金曜日にスタートしたラリーでは、開幕戦でリタイアを喫したオット・タナク(ヒュンダイi20クーペWRC)が終始リードを保つ展開で進み、最終日も危なげない走りでフィニッシュ。前戦モンテカルロの雪辱を果たすとともに今季初優勝を飾っている。...
asimg_XPB_1049493_1200px_ec60178dc4b36a8-660x439.jpg
Mar
02
 メルセデス-AMGペトロナスF1チームが開催した2021年型マシン『F1 W12 Eパフォーマンス』の発表会に出席したルイス・ハミルトンは、今もレースへの情熱を持ち、優勝とタイトルを手に入れることを目標にしていると語る一方で、人生の新しい目標が出来つつあるとも認めた。  2020年にハミルトンは、ミハエル・シューマッハーに並ぶ7度のF1タイトル獲得という記録を達成した。しかしコロナ禍でメルセデスとの契約交渉が遅れ、2月になってようやく2021年1年の契約を締結。その際に、新契約には、多様性を尊重し受け入れる「ダイバーシティ&インクルージョン」を推進するための試みに共に取り組んでいくことが盛り込まれ、そのための慈善団体を共同で立ち上げることが明らかにされた。  ハミルトンは2020年から平等と多様性を推し進めるための活動を積極的に行っている。 「僕はすでに目標の大部分を達成してきた。とても幸運な立場の人間だと思う」とハミルトンは、新車発表会の際にコメントした。...