RacingMall.Com | Shopping mall for Racing cars.

The Shopping mall of Racing cars performance parts.

94672620-fc07-11ea-87fb-a743b407005d
Sep
21
Filed under: .,.,. China, the world's biggest automobile market, rolled...
fdb9e5e0-e839-11ea-b7fe-beedadb772b5
Sep
21
Filed under: .,.,. Shares in electric and hydrogen-powered truck startup Nikola plunged on...
asimg_DTM-1600611129_ec5f689acc79e79-660x440.jpg
Sep
21
 ニュルブルクリンクのスプリントコースを使用し開催されたDTMドイツ・ツーリングカー選手権第6戦。20日に行われたレース2は、ニコ・ミュラー(アウディ・スポーツ・チーム・アプト・スポーツライン)がチームメイトのロビン・フラインスを抑え、今季5勝目を挙げた。  前日のレース1で勝利を挙げ2連勝と絶好調なフラインスは、レース2の予選でもポールポジションを獲得。今シーズン5度目のポールで、開幕からここまですべて3番グリッド以内をキープしている。  フェルディナンド・ハプスブルク(WRTチーム・アウディ・スポーツ)が予選2番手と躍進。ミュラー、レネ・ラスト(アウディ・スポーツ・チーム・ロズベルグ)と続く。  55分+1周で争う決勝レース。フラインスはホールショットを決め、ミュラーはアウトからハプスブルクを交わし2番手に浮上する。  2周目のシケインでラストはハプスブルクをオーバーテイク。ハプスブルクは3周目にマルコ・ウィットマン(BMWチームRMG)に交わされ4番手に落ちてしまう。...
asimg_22wec_e25f688fcd07bb6-660x440.jpg
Sep
21
 第88回ル・マン24時間レースのLMP2クラスを制したユナイテッド・オートスポーツの22号車オレカ07・ギブソン(フィル・ハンソン/フィリペ・アルバカーキ/ポール・ディ・レスタ組)をドライブしたアルバカーキは、勝利のカギがチームの安定性にあったと強調した。  レース最後の1時間、JOTAの38号車オレカ07を駆るアンソニー・デイビッソソンからプレッシャーをかけられた続けたチームメイトのハンソンが、マシンをチェッカーへと運ぶ様を、アルバカーキはガレージから見守っていた。  ハンソンの22号車は終盤に燃料スプラッシュを必要としており、同一ラップだった背後のデイビッドソンに迫られる展開となった。しかし22号車のスプラッシュ後に、38号車も燃料補給のためピットに向かった。  それに至るまで、ユナイテッド・オートスポーツはほかの主要ないくつかのライバルがトラブルに見舞われるなか、日曜の朝までリードを保っていた。22号車だけでなく、32号車も含めた2台で、である。...
asimg_2020_R05_Catalunya_WorldSBK_Saturday_Rea__GB56531_a5f687d0d0fff3-660x440.jpg
Sep
21
 スーパーバイク世界選手権(SBK)第6戦カタルーニャがバルセロナのカタルーニャサーキットで開催。レース1、レース2を終えトップ3に入ったライダーと日本人ライダーの高橋巧がレースを振り返った。 ■SBK第6戦カタルーニャ レース1 決勝トップ3コメント ・  ・カワサキ・レーシングチーム・ワールドSBK ジョナサン・レイ レース1:優勝 ....
asimg_rebellion2_XPB_1059799_75f687cfbb591e-660x440.jpg
Sep
21
 2020年のル・マン24時間レースでトヨタ2台の間に割って入り、総合2位を獲得したLMP1プライベーターのレベリオン・レーシング。チームCEOのキャリム・ブアドラは、2019年のル・マンよりマシンのパフォーマンスは改善されたものの、トラフィックのなかではトヨタTS050ハイブリッドに及ばなかったと述べた。  グスタボ・メネゼス/ブルーノ・セナ/ノルマン・ナト組の1号車レベリオンR13は、優勝したトヨタ8号車から5ラップダウンの2位でフィニッシュしている。  この結果は2018年の3位フィニッシュという記録を塗り替え、ル・マンにおけるレベリオン史上最高のリザルトとなった。2019年、レベリオンの2台は4位と5位に終わっていた。  2020年のレベリオンはセナによるレース中のファステストラップ記録(4周目)に象徴されるように1周のタイムでは速さを示したが、もっと有利なEoTが手にできたとしてもトヨタには届かなかったと、ブアドラは述べる。 「我々は2位でフィニッシュした。トップ争いができたわけではないが、この順位には値すると思う」とブアドラ。...