RacingMall.Com | Shopping mall for Racing cars.

The Shopping mall of Racing cars performance parts.

Sep
26
 9月26日現地時間15時、F1第15戦ロシアGPの決勝が行われ、メルセデスのルイス・ハミルトンがキャリア通算100勝目を挙げた。  空には雲が多く、サーキットの西側に位置する黒海の海上では降雨も見え、レース中の降水確率は70%。気温は19度、路面温度は22度と低く、土曜の雨で路面はクリーンになっている。...
Sep
26
 2021年F1第15戦ロシアGPの決勝が行われ、メルセデスのルイス・ハミルトンが優勝を飾りF1通算100勝目を挙げた。2位にはレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペン、3位にはフェラーリのカルロス・サインツJr.が続いた。レッドブル・ホンダはセルジオ・ペレスが9位、アルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリーは13位、角田裕毅は17位という結果になっている。 ■2021年F1第15戦ロシアGP決勝 暫定結果 Pos. No. Driver Team Time/Gap Laps
1​
44​
L.ハミルトン メルセデス
1h30’41.001​
53 2​
33​
M.フェルスタッペン レッドブル・ホンダ
0’53.271​
53 3​
55​
C.サインツJr....
Sep
26
 9月26日、2021年SBK第10戦スペインの決勝レース1と決勝レース2がスペインのヘレス・サーキット‐アンヘル・ニエトで開催され、レース1はトプラク・ラズガットリオグル(Pata Yamaha with BRIXX WorldSBK)が優勝を飾った。2位はジョナサン・レイ(Kawasaki Racing Team WorldSBK)、3位はスコット・レディング(Aruba.it Racing – Ducati)が続いた。野左根航汰(GRT Yamaha WorldSBK Team)は13位となっている。  決勝レース2はトプラク・ラズガットリオグル(Pata Yamaha with BRIXX WorldSBK)が優勝を飾った。2位はスコット・レディング(Aruba.it Racing – Ducati)、3位はアルバロ・バウティスタ(Team HRC)が続いた。野左根航汰(GRT Yamaha WorldSBK Team)はリタイアで終えている。...
Sep
26
 9月26日(日)、2021年FIA-F2第6戦ロシアのフィーチャーレース(決勝レース3)がソチ・オートドロームで開催され、オスカー・ピアストリ(プレマ・レーシング)が優勝。佐藤万璃音(トライデント)は14位だった。  スターティンググリッドは予選結果がそのまま反映されるためピアストリがポールポジション。2番手にユアン・ダルバラ(カーリン)、3番手にテオ・プルシェール(ARTグランプリ)、4番手は周冠宇(ユニ・ヴィルトゥオーシ)、佐藤は19番手スタートとなった。  周回数は28周。天候は曇り、気温18.7度、路面温度22.6度で路面はドライ。1回のタイヤ交換が義務付けられている。なおフェリペ・ドルゴヴィッチ(ユニ・ヴィルトゥオーシ)はレース1でマシンを大破させてしまい欠場。21台が日本時間17時20分にフォーメーションラップをスタートさせ、決勝レース3が始まった。...
asimg_SI202109250260_hires_jpeg_24bit_rgb_fa615016b23ce70-660x440.jpg
Sep
26
 2021年F1第15戦ロシアGPの2日目は朝から大雨に見舞われ、正午に予定されていたFP3は中止となった。15時の予選までには何とか雨は止んだものの、路面は完全ウエット。初日は終始ドライコンディションだったため、予選はウエット路面でいきなりアタックする状況となった。  その後、雨は完全に止み、路面が徐々に乾いていくコンディションが難しさに輪をかけた。ホンダ勢はピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)12番手、角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)13番手。唯一Q3に進んだセルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)も、アタックのタイミングを失して9番手が精一杯だった。後方グリッドが確定しているマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)は、Q1の段階で早々にアタックを切り上げた。 ──────────────────── ──予報どおり朝から大雨となり、FP3はキャンセルになりました。...
Sep
26
 現地時間9月26日(日)、2021年FIA-F3第7戦ロシアのレース3がソチ・オートドロームで開催され、ジャック・ドゥーハン(トライデント)が優勝し今季4勝目。岩佐歩夢(ハイテックGP)は9位だった。  レース3のスターティンググリッドは予選結果がそのまま反映されるためポールポジションはドゥーハン。2番手にクレモン・ノバラック(トライデント)、3番手はジョナサン・ホガード(イェンツァー・モータースポーツ)、4番手はフレデリック・ベスティ(ARTグランプリ)。岩佐は18番グリッド発進だ。  気温17.3度、路面温度19.9度のドライコンディション。規定周回数は20周でタイヤ交換義務はなし。予定どおり日本時間15時55分にフォーメーションラップが開始され、シグナルがオールブラックとなった。  ターン2を制したのはドゥーハン。トップ3は順位変わらず、4番手のベスティが1つドロップするも翌周には順位をもとに戻す。岩佐は2つポジションを上げて16番手に浮上した。...
asimg_XPB_1111260_1200px_a8615022740974a-660x440.jpg
Sep
26
 2021年F1第15戦ロシアGPの予選が行われ、6〜10番手のドライバーが土曜日を振り返った。6〜10番手のドライバーはフェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)、バルテリ・ボッタス(メルセデス)、ランス・ストロール(アストンマーティン)、セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)、エステバン・オコン(アルピーヌ)だ。 ■アルピーヌF1チーム エステバン・オコン 予選=10番手 . 2021年F1第15戦ロシアGP エステバン・オコン(アルピーヌ)...
asimg_XPB_1111385_1200px_b615024f446485-660x440.jpg
Sep
26
 2021年F1第15戦ロシアGPの予選が行われ、1番手~5番手に入ったドライバーたちが土曜日を振り返った。ポールポジション~5番手に入ったドライバーはランド・ノリス(マクラーレン)、カルロス・サインツ(フェラーリ)、ジョージ・ラッセル(ウイリアムズ)、ルイス・ハミルトン(メルセデス)、ダニエル・リカルド(マクラーレン)だ。 ■マクラーレンF1チーム ダニエル・リカルド 予選=5番手 . 2021年F1第15戦ロシアGP ランド・ノリス&ダニエル・リカルド(マクラーレン)...
asimg_21R15RusSa-Nor-XPB2_f261501d6f663c5-660x440.jpg
Sep
26
 2021年F1ロシアGPの土曜予選で、マクラーレンのランド・ノリスがF1での初ポールポジションを獲得した。マクラーレンにとっては2012年以来のポールポジションとなる。 . 2021年F1第15戦ロシアGP ランド・ノリス(マクラーレン)がポールポジションを獲得 ■マクラーレンF1チーム ランド・ノリス 予選1番手(Q1=5番手1分47秒238:インターミディエイトタイヤ/Q2=4番手1分45秒827:インターミディエイトタイヤ/:Q3=1番手1分41秒993:ソフトタイヤ)...
asimg_21R15RusSa-Ham-XPB3_6661500cc44b474-660x440.jpg
Sep
26
 2021年F1ロシアGPの土曜予選で、メルセデスのルイス・ハミルトンは4番手、バルテリ・ボッタスは7番手だった。  Q3の最初のランが終わった段階では、ハミルトンがトップ、ボッタスは3番手に位置していた。しかしメルセデスはインターミディエイトタイヤからソフトに交換してコースに復帰するタイミングが他チームより遅く、フライングラップを1周しか走れなかったためにタイヤが温まらず、ふたりともインターミディエイトでの自己ベストタイムを更新できずに後退した。ハミルトンはソフトに交換するピットインの際に、ピット入口のウォールにヒット、フロントウイングを交換しなければならなかった。さらにハミルトンは唯一のフライングラップでスピンを喫している。...
asimg_XPB_1110773_1200px_56614fe51b70a46-660x440.jpg
Sep
25
 土曜日の朝、大雨のなかサーキットに到着するとセキュリティゲートを過ぎたところで、レッドブルのテクニカルディレクターを務めるピエール・ワシェと出くわした。歩きながら雑談したなかでひとつ気になることを語ってくれた。それはイギリスGP以降のメルセデスのストレートスピードの向上についてだ。  ワシェいわく「よりハードにエンジンを回しているのではないか?」と言う。  現在のF1は昨年のシーズン途中から発行された技術司令によって、予選とレースで同じモードを使用しなければならない。エンジン(ICE)は年間3基しか許されていないため、基本的にはレースモードで予選を走らせることになる。  ところが、メルセデスはそれを少し予選よりにしたモードでレースを戦っているのではないかというのだ。これはワシェだけでなく、メディアの間でも囁かれている噂だ。もちろん、それはレッドブル・ホンダ対策だ。つまり、いまのメルセデスはそこまでしないとレッドブル・ホンダと互角に戦えないという状況にあるとも言える。...
asimg_21R15RusSa-Gas-XPB1_f3614fa9581db40-660x440.jpg
Sep
25
 2021年F1ロシアGPの土曜予選で、スクーデリア・アルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリーは12番手だった。FP3は悪天候のためキャンセルされた。  金曜から速さを発揮してきたガスリーだが、予選Q2ではインターミディエイトタイヤ1セットでステイアウトするという戦略により、終盤、十分にタイムを短縮できず、Q2敗退という結果に終わった。アタック後、苛立ちを露にするガスリーに対し、チームは無線で「ピエール、申し訳ない。ごめん、完全にミスをした」と語りかけた。...
asimg__A2_8811_ba614fccf47baf8-660x440.jpg
Sep
25
 予報通り悪天候となった土曜日のソチ・オートドローム。天候は午後2時すぎから急激に回復し、予選は予定通り午後3時に開始されたが、フリー走行3回目は中止となり、ぶっつけ本番での予選となった。  ウエットコンディションの予選は角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)にとって、第12戦ベルギーGP以来、2度目。スパで経験しているとはいえ、ルーキーにとっては厳しい状況のなかで予選を迎えることとなった。 . 2021年F1第15戦ロシアGP 角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)  しかし、その予選で角田は素晴らしいアタックを披露した。...
asimg_21R15RusSa-Per-RBR3_6e614fc3466986d-660x440.jpg
Sep
25
 2021年F1ロシアGPの土曜予選で、レッドブル・ホンダのセルジオ・ペレスは9番手だった。FP3は悪天候のためキャンセルされた。  ペレスはQ3で路面が乾き始めるなか、他ドライバーと同様に2回目のランをソフトタイヤで行ったが、交換のタイミングによりアタックラップが1周だけになり、インターミディエイトで記録していた自己ベストを更新することができなかった。  ペレスは1周早くソフトタイヤに交換すべきだったと述べているが、クリスチャン・ホーナー代表は「チェコはQ3でスリックにした後のウォームアップラップで小さなミスをして、タイヤにうまく熱を入れることができなかった」と述べている。「それで残念ながらもっと上位につけるチャンスを逃した」...
asimg_21R15RusSa-Gas-XPB1_f3614fa9581db40-660x440.jpg
Sep
25
 2021年F1ロシアGPの土曜予選で、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは20番手(ノータイム)、セルジオ・ペレスは9番手だった。スクーデリア・アルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリーは12番手、角田裕毅は13番手という結果だった。FP3は悪天候のためキャンセルされた。  フェルスタッペンは金曜の時点でパワーユニット(PU)交換によるグリッド降格が決まっていたため、予選ではタイムを出さなかった。ペレスはQ3で路面が乾き始めるなか、ソフトタイヤで思うようなタイムが出せずに9番手となった。  金曜から速さを見せていたガスリーはQ2で敗退。フレッシュタイヤに交換せず1セットで走り続けたのはミスだったと、ガスリーは語っている。角田は、Q2で2セットのタイヤを使用し、終盤、自己ベストタイムを更新することができた。...
asimg_JB6_2110_be614f942425373-660x440.jpg
Sep
25
 ロングビーチで開催されているNTTインディカー・シリーズ最終戦。25日に行われた予選は、ジョセフ・ニューガーデン(チーム・ペンスキー)が今シーズン4度目となるポールポジションを獲得した。  佐藤琢磨(レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング)は、Q1で敗退し予選16番手から最終戦に挑む。  アレックス・パロウ(チップ・ガナッシ)がパト・オワード(アロウ・マクラーレンSP)に35ポイント差をつけ2021年の最終戦を迎えたインディカー・シリーズ。最後の舞台は、カリフォルニア州南部のロングビーチコンベンションセンターの特設コースだ。  コロナ禍により、2年ぶりの開催となったロングビーチ戦。前日のプラクティスでは、コルトン・ハータ(アンドレッティ・オートスポート)がトップタイム。パロウは3番手と上々の走り出し。オワードは16番手となった。  予選前のプラクティスでもハータは引き続きトップタイムを記録。一方、オワードは8番手、パロウは16番手で予選を迎えた。...