RacingMall.NET | Shopping mall for Racing cars.

The Shopping mall of Racing cars performance parts.

IMSA-Endurance-Line-Up-Website-660x401.jpg
Dec
15
 ホンダの北米ブランドであるアキュラと、アメリカンレースの名門、チーム・ペンスキーがコラボレーションしてIMSAウェザーテック・スポーツカー・チャンピオンシップに参戦しているアキュラ・チーム・ペンスキーは12月7日、2019年シーズンのドライバーラインアップを発表した。  アキュラとともにオレカのLMP2カー、オレカ07をベースとする新型DPi(デイトナプロトタイプ・インターナショナル)カーを開発し、2018年からウェザーテック・スポーツカー・チャンピオンシップの最高峰クラスへの参戦を開始したアキュラ・チーム・ペンスキー。  新車、アキュラARX-05 DPiのデビュイヤー、チームにとっては約10年ぶりのスポーツカーレースへの参戦となった2018年は、開幕戦デイトナ24時間から王者キャデラックとポールポジションを争い、決勝でも優勝争いにも加わるスピードをみせる。...
0eabab90-00ab-11e9-8ea5-14f800d2d661
Dec
15
Filed under: .,.,. Proceeds will go to the Juvenile Diabetes Research Foundation....
8c918f00-f199-11e8-bffd-c986ec529208
Dec
15
Filed under: .,.,.,. A one-year-only...
IMG_4292-660x440.jpg
Dec
15
 12月15日、大手町・日経ホールで開催された全日本選手権ランキング認定表彰式『MFJ MOTO AWARDS 2018(モト・アワード2018)』で全日本ロードレース選手権J-GP2クラスが2019年をもって終了することが発表。同時に、2020年からは新あらたにST1000クラスを開始することが明かされた。  全日本ロードのJ-GP2クラスは、2010年にロードレース世界選手権MotoGPのMoto2クラスへの道筋を見すえてスタートしたクラスだ。マシンはMoto2クラスに準じるレーサー、または4ストローク600ccエンジンを搭載する市販スーパースポーツを改造したマシンで争われる。  そんなJ-GP2クラスが、2019年を持って終了することがモト・アワード2018で明かされた。 ....
Dec
15
 サウジアラビアのディルイーヤで15日に行われた2018/19ABBフォーミュラE選手権開幕戦。決勝レースは、BMW i アンドレッティ・モータースポーツのアントニオ・フェリックス・ダ・コスタがポール・トゥ・ウインで制し、2014/15シーズンのアムリン・アグリで挙げた初勝利以来となる自身2勝目を挙げた。  初陣となったニッサン・e.ダムス勢は、セバスチャン・ブエミが6位、オリバー・ローランドが7位とデビュー戦でダブル入賞を果たした。  サウジアラビアの首都リヤド郊外に位置するディルイーヤで開催される2018/19フォーミュラE開幕戦。世界遺産にも選ばれる歴史的な街並みで、中東初の電動モータースポーツレースが行われた。  新シャシー“GEN2”の導入により、今シーズンからラップレースではなく45分+1周のレースに変更。エネルギーをどのように使用するかが勝負の分かれ目となる。また、アタックモードの使用制限がレース1時間前に発表され、ディルイーヤでは2分間2回の使用が可能となる。...
8a7632a0-004b-11e9-865d-2c7ad89fd84a
Dec
15
Filed under: . Support for certain navigation apps may also be delayed. ....
IMG_4335-660x440.jpg
Dec
15
 12月15日、一般財団法人日本モーターサイクルスポーツ協会(MFJ)は大手町・日経ホールで毎年恒例の全日本選手権ランキング認定表彰式『MFJ MOTO AWARDS 2018(モト・アワード2018)』を開催。国内主要シリーズのチャンピオンたちが表彰された。  モト・アワード2018は、MFJが開催する二輪の全日本選手権におけるランキング認定表彰式だ。各カテゴリーのランキング上位3名に加え、ルーキー・オブ・ザ・イヤー、自由民主党モータースポーツ振興議員連盟会長杯など各賞の表彰が行われる。  表彰式では、まずMFJ会長の大島裕志氏があいさつ。2018年の各カテゴリーを振り返り、2019年シーズンについての展望などを述べた。  大島氏のあいさつ後は、2018年から設立せれたMFJモーターサイクルスポーツ殿堂の顕彰式が行われた。...
DSC_9398-660x440.jpg
Dec
15
 12月15日、インディカー・シリーズに参戦する佐藤琢磨によるオフシーズン恒例のスペシャルトークイベント『Takuma Club Meeting(TCM)』が都内で開催され、たくさんのファンが来場。琢磨とともに2018年シーズンを振り返り、このイベントならではの交流を楽しんだ。  今季、レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング(RLLR)に移籍し、インディカーに参戦した琢磨。シーズン序盤は苦しい戦いが続くも、第16戦ポートランドでは2017年のインディ500以来となるインディカー通算3勝目を挙げ、ランキング12位でシーズンを終えた。  イベントのスタートとともに姿を現した琢磨は、まず2017年に日本人初優勝の快挙を成し遂げたインディ500のレース、そして昨年のTCMで行われたインディ500優勝の再現パフォーマンスを映像で振り返る。当時の感動を共有した会場のファンから多くの拍手が起こり、2018年のTCMが始まった。...
Dec
15
 サウジアラビアのディルイーヤで開幕を迎えた2018/19ABBフォーミュラE選手権。降雨によりスケジュールが大幅に変更となった予選を、アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ(BMW i・アンドレッティ・モータースポーツ)がポールポジションを獲得した。 2018/19フォーミュラE開幕戦ディルイーヤ予選結果 Pos. No. Driver Team Time Session
1​
28​
A.F.ダ・コスタ BMW i・アンドレッティ・モータースポーツ
1’17.728​
Group 1 2​
8​
T.ディルマン NIOフォーミュラEチーム
1’17.893​
Group 1 3​
7​
J.M.ロペス GEOXドラゴン
1’18.113​
...
2-1017002940-LAT-20181214-_R3I4857-660x440.jpg
Dec
15
 サウジアラビアのディルイーヤで開幕を迎えた2018/19ABBフォーミュラE選手権。降雨によりスケジュールが大幅に変更となった予選を、アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ(BMW i・アンドレッティ・モータースポーツ)がポールポジションを獲得した。  新シャシー“GEN2”の導入、レースシステムの変更、注目ドライバーたちの参戦。新たなシーズンを迎えた2018/19ABBフォーミュラE選手権がサウジアラビアのディルイーヤで開幕した。  首都リヤド郊外に位置する第1次サウード王国の旧首都だったディルイーヤは、日干しレンガで作られたその当時の遺跡が多く残り、ツライフ地区は世界遺産にも登録されている。このフォーミュラE開幕戦は、中東初の電動モータースポーツレースとなり、その歴史的な街並みを使った2.495kmのコースで争われる。  7時台に予定されていたプラクティス1は降雨のためキャンセルされ、プラクティス2は時間を延ばして行われることとなった。プラクティス2に向けてコース上にたまった水を掃き出す作業が続いていたが時間がかかり、再び雨が降り始めてしまう。...
Dec
14
 将来的な完全自動運転によるレース開催を目指す『Roborace』が、レースで使用する自動運転車の最高速をテストする動画が公式YouTubeチャンネルで公開されている。  電動フォーミュラで争われるABBフォーミュラEが選手権のサポートレースとしてAI(人工知能)によるレース開催を目指しているロボレース。2019年春には、その目標実現に向けてAIと生身のドライバーが共闘する形でのシリーズ開幕を控えている。  そんなロボレースの公式YouTubeチャンネルでは、将来のAIレースで使用される予定となっているロボカーのパフォーマンスを測る動画が公開。第1弾ではストレートでの最高時速がテストされている。  車両開発エンジニアのアラン・コックスは「ロボカーの限界がどこにあるのか確かめにきた。(コンピュータ上で)シミュレーションはしているけど、現実世界でテストしたことはなかったからね」と、今回のテストに臨んだ背景を説明している。  完全自動運転のレーシングマシンが、どこまでトップスピードを伸ばせたのかは、ぜひその目でチェックして欲しい。また動画冒頭で『PART1』、最後には『TO...
Dec
14
 ザウバーF1チームのアントニオ・ジョビナッツィは、初めてフルシーズンを戦う2019年シーズンにおいて、チームメイトであるキミ・ライコネンからの恩恵を無条件に受けることになるだろうと話している。  フェラーリの若手でイタリア人のジョビナッツィは、2017年シーズン序盤にザウバーで2度のグランプリに参戦しており、2019年は同チームからフル参戦を果たす。  若手と経験豊富なドライバーというラインアップを選択したザウバーは、新人のジョビナッツィと、最も参戦年数の長い39歳のライコネンという組み合わせとなった。  フェラーリの開発ドライバーとして、ジョビナッツィはライコネンのことをよく知っているものの、ふたりが多くの会話を交わしたのは11月にアブダビで行なわれたシーズン後のテストだったという。 「シャルル(・ルクレール)は、(セバスチャン・)ベッテルとはときどき話をして、キミとは少し話をしたと言っていた。けれどもテストのときに、彼(ライコネン)とたくさん話したよ。これまでにないほどにね」とジョビナッツィは、ミラノで行なわれたAutosprintの受賞イベントで述べた。...
f1180408001H-660x440.jpg
Dec
14
 2018年シーズンのF1にトロロッソ・ホンダF1から参戦したピエール・ガスリーは自身のF1デビューイヤーを「2017年のマクラーレンよりポイントを獲得できたから、うまくいったシーズンだと思う」と評価。また2017年に参戦した全日本スーパーフォーミュラ選手権での経験が役立ったことも明かした。  F1フル参戦前の2016年にはGP2(現FIA F2)でシリーズチャンピオンを獲得したガスリーは、2017年の全日本スーパーフォーミュラ選手権にTEAM MUGENから参戦すると、7戦中2戦で優勝を遂げて最終戦までチャンピオン争いを展開。また、F1第15戦マレーシアGPでF1レースデビューも果たした。  この戦績が評価され、2018年はトロロッソ・ホンダから初のF1フル参戦を果たしたガスリー。第2戦バーレーンGPで自己ベストとなる4位入賞を遂げたほか、計5回ポイント圏内でフィニッシュし、29ポイントを獲得している。 ■ガスリー「アロンソがいたマクラーレン・ホンダよりもポイントを稼ぐことができた」...
Dec
14
 初めてマクラーレンF1のファクトリーを訪れたとき、カルロス・サインツJr.は意欲に満ち溢れていた。しかしチームの持つ熱意を感じ取ってからは、彼のやる気はさらに強まったようだ。  ルノーからマクラーレンへの移籍と、それに伴う育成契約先のレッドブルファミリーからの離脱は、サインツJr.に唯一残された選択肢なのだと、多くの人は見ている。  ダニエル・リカルドのルノー移籍や、ピエール・ガスリーのレッドブル・ホンダ昇格により、サインツJr.のための2019年のチャンスは事実上限定された。  しかも、マクラーレンが2018年シーズンを再び期待を下回るパフォーマンスで終えたことや、その不振をチーム自ら抜け出す力があるのか疑問視される現状においては、サインツJr.の将来も不透明だ。だが本人にとってはそうでもないらしい。 「アブダビテストの後、すでに何度かここを訪れているけれど、正直に言ってとても良い気分だよ」と、初めてマクラーレンの公式会見に参加したサインツJr.は述べた。...
ms_2012_motor_wgp_print_wg120617002H-660x440.jpg
Dec
14
 2018年シーズンをもって現役を引退したMotoGPライダー、ダニ・ペドロサ。ペドロサはレプソル・ホンダ・チームに13年間在籍し、その間実に3度、MotoGPクラスでランキング2位を獲得している。なぜ、ペドロサはタイトルに届かなかったのか。モータースポーツジャーナリストの富樫ヨーコ氏による、.に続く特別インタビュー後編。なお、このインタビューはMotoGP日本GPレースウイーク前に行われたものであることを付け加えておく。 ーーーーーーーーーー ■チームメイトとライバル  レプソルホンダに在籍した13年間にペドロサには4人のチームメイトがいた。ヘイデン、アンドレア・ドヴィツィオーゾ、ケーシー・ストーナー、そしてマルク・マルケスだ。この中でベストなチームメイトは誰だったのか。...
e1f6c110-fff7-11e8-bfdd-b73a6ca467c7
Dec
14
Filed under: .,.,. 3,300 U.S. factory jobs are going away at plants GM...
0ffb1130-fff6-11e8-9df5-62fd3eed6d8d
Dec
14
Filed under: .,. Highway money spills seem to happen every few months, but why never in front of us?...
Dec
14
 2019年、ロバート・クビカのF1復帰は、F1における偉大なストーリーのひとつだと見られているが、セバスチャン・ベッテルはクビカの復活に関してはひとつの難点があると考えている。  2年間の努力と試練を経た後、ウイリアムズで1シーズン、テストドライバーを務めたクビカの優れたパフォーマンスは、ウイリアムズが2019年のシートを彼に与えることを納得するのに十分だった。  しかしながらクビカの昇格によって、セルゲイ・シロトキンは放出されることになった。他にシートがないことから、彼にはF1に留まる選択肢はない。 「複雑な心境だ」とベッテルはBlickに語った。 「一方では、個人的には喜んでいる。どれだけ彼が辛かったか、彼が何を乗り越えてきたか、誰にも想像すらできないだろう」 「またその一方では、チャンスにふさわしい若手ドライバーたちもいると思っている」  しかしながら、2019年のグリッドには数名の新たな若手ドライバーが登場する。ウイリアムズは、クビカのチームメイトに2018年FIA...
P90309114_highRes_le-mans-fra-11th-jun-660x440.jpg
Dec
14
 BMWモータースポーツのイェンス・マルカルト代表は、WEC世界耐久選手権が2020/2021年から導入する“ハイパーカー規定”にBMWが進出する予定はないと述べた。  12月7日、ドイツ・ミュンヘンで開催された恒例のシーズンエンドイベント『BMWモータースポーツ・シーズンレビュー』に登場したマルカルト氏は「WECの新規定に適したロードカーがないことに加えて開発期間が短いため、BMWがハイパーカーにエントリーすることはないだろう」と語っている。  BMWは2020/21年からWECの最高峰カテゴリーとなる、ハイパーカー規定の草案を議論するテクニカルワーキンググループの一員として会議に出席していた。しかし、マルカルト氏は同社が1999年以降遠ざかっている、プロトタイプカーレースへの復帰を目指していないことを認めた。 「現時点で我々のロードカーラインアップの中には本来の意味でのハイパーカーがないため、2年以内にそれを準備、実現させることはできない」と記者団に語ったマルカルト氏。...
casel-660x440.jpg
Dec
14
 元祖レースクイーン応援マガジン、『ギャルズ・パラダイス』の最新号『2018 DVDスペシャル』が12月21日(金)に発売。付録のDVDは、表紙を務めた5人のレースクイーンたちのスペシャルムービーやレースクイーンデビュー編、トップレースクイーン編の撮影メイキングムービーなど豪華な収録内容となっている。 『2018 DVDスペシャル』の表紙を飾るのは、川村那月さん、橘香恋さん、霧島聖子さん、白石愛美さん、日向ゆきさん、桐谷流華さんの6人だ。  内容は、スタジオで撮りおろした表紙6人のスペシャルグラビア・インタビューのほか、アジア最大規模のIT技術とエレクトロニクの展示会『CEATEC JAPAN』を彩ったコンパニオンの特集など内容もりだくさん。 . 特別付録DVDのジャケット絵...