RacingMall.NET | Shopping mall for Racing cars.

The Shopping mall of Racing cars performance parts.

Feb
21
 スーパーGT GT300クラスに参戦するArnage Racingは2月21日、2019年の参戦体制を発表した。今季もメルセデスAMG GT3を継続して使用するが、ドライバーは加納正樹に加え、Rn-sportsのメルセデスを駆った経験をもつ山下亮生と、若手の手塚祐弥が加入する。  2013年からプライベーターとして、スーパーGTに挑戦を続けるArnage Racingは、毎年のようにきっちりとポイント獲得を果たす粘り強いレースを展開しており、上位チームにとっても侮れない一台。2019年に向けては、信頼あるメルセデスAMG GT3を継続して使用することになった。  タイヤはヨコハマを履き、こちらも継続だが、ドライバーは加納が残留するももの、新たにふたりの若手を迎えることになった。ひとりは、2017年にエヴァRT初号機 Rn-s AMG GTをドライブし光る走りをみせた山下亮生。そしてもうひとり起用されたのは、カートからFIA-F4等を経て、86/BRZ Raceやピレリスーパー耐久シリーズで活躍してきた手塚祐弥だ。...
presentacioYn_xavi_y_alex-660x440.jpg
Feb
20
 MotoGPのMoto2クラスとMoto3クラス、電動バイクレースのFIM Enel MotoE World Cup(FIMエネルMotoEワールドカップ)に参戦するエストレージャ・ガリシア・0,0・マークVDSが、スペインのマドリード市内でチーム体制発表会を開催した。  2018年シーズンは、MotoGPの全クラスに参戦してたエストレージャ・ガリシア・0,0・マーク・VDS。MotoGPではフランコ・モルビデリが、Moto2クラスではジョアン・ミルがルーキー・オブ・ザ・イヤーに輝いた。2019年シーズンはMotoGPクラスから撤退し、Moto2クラス、Moto3クラスに参戦。また、新設される電動バイクレースMotoEにも挑戦する。...
02_00036211-ba19-4c5b-a0e5-2f8fc957ec4d-660x440.jpg
Feb
20
 BTCCイギリス・ツーリングカー選手権随一のスタードライバーであり、2度のシリーズタイトル獲得も果たしているジェイソン・プラトが、スバルUKのファクトリーバックアップを受けるチームBMRを離れ、パワー・マックス・レーシング(PMR)に移籍。2001年のタイトル獲得時以来となるワークス・ボクスホールをドライブすることが発表された。  シリーズ歴代最多勝ドライバーでありながら、そのトラック上の激しいファイトから“悪童”の異名も取るプラトは、4年間在籍したチームBMRを離れることを決断。ワークス体制を敷くボクスホール陣営に移籍し、ファクトリーマシンとなるアストラBTCCのステアリングを握ることとなった。  BMRでの初年度こそフォルクスワーゲンCCを駆ってシリーズランキング2位を記録したものの、ここ2シーズンは不振に喘いだベテランは、2016年から導入されたスバル・レヴォーグGTで通算2勝と14度の表彰台を獲得した。しかし、2018年はその長いキャリアで初となる未勝利に終わっている。...
b021-660x440.jpg
Feb
20
 神奈川県綾瀬市に本拠を置くB-Max Racing Teamは2月21日、2019年の参戦体制を発表した。今季もスーパーGT GT500クラス、全日本スーパーフォーミュラ選手権、全日本F3選手権、ピレリスーパー耐久シリーズ、FIA-F3と非常に多岐に渡った活動を展開する。  組田龍司代表のもと、F3を中心にさまざまなモータースポーツに挑戦を続けているB-Max Racing Team。2019年もその活動は日本国内の多くのカテゴリーで展開されることになった。まず、2018年のマカオで提携が発表されたモトパークとともに参戦するスーパーフォーミュラでは、『B-Max Racing with Motopark』としての参戦。本山哲監督が指揮をとる。  ドライバーは、50号車がルーカス・アウアー、51号車がハリソン・ニューウェイ。この日はカラーリングも発表され、50号車は『RedBull SF19/HONDA』という車名となり、レッドブルカラーに彩られることになった。TEAM...
Feb
20
 F1プレシーズンテスト3日目、スクーデリア・トロロッソのダニール・クビアトは13人中トップとなるタイムをマークし、137周を走りこんだ。トロロッソの副テクニカルディレクターであるジョディ・エジントンは、信頼性の問題に見舞われることなく作業を進めることができており、STR14は順調に進歩していると語った。  クビアトはセッション終盤に最もソフトなC5タイヤでアタックし、1分17秒704というここまでのテスト3日間を通しての最速タイムを記録した。しかしクビアトもチームも、タイムよりも137周をスムーズに走り切ったことが重要だとの考えを示している。 「今日はダニールにとって2日目の走行だった。初日の作業の続きを行い、エンジニアたちとともにセットアップを進め、マシンへの理解を深めていった」とエジントン。 「序盤は空力テストに取り組み、たくさんのデータを集めることができたので、空力担当者が今後これを分析し、フィードバックをくれることになる」...
83560b6c-6a2b-4f47-a39f-c92dbaba5aab-660x440.jpg
Feb
20
 MotoGPのMoto3クラスに参戦するBOE Skull Rider Mugen Race(ボエ・スカル・ライダー・ムゲン・レース)は、スペインのバルセロナ市内で2019年のチーム体制発表会を実施。2019年型KTM RC250GPのカラーリングもお披露目した。  ボエ・スカル・ライダー・ムゲン・レースは、スペインのRBAレーシングチームを母体とするチームで2013年に誕生した。FIM CEVの参戦を経て、2015年からMotoGPのMoto3クラスに参戦を開始した。2018年はガブリエル・ロドリゴと日本人ライダーの真崎一輝を起用し、チームランキング8位で終えている。 ....
048-660x440.jpg
Feb
20
 二輪、四輪のモータースポーツを撮影するプロフェッショナルフォトグラファーで構成される日本レース写真家協会(JRPA)による、例年恒例の写真展『COMPETITION』が2月21〜27日にスタートした。開催に先立つ2月20日には、関係者を集めキヤノンギャラリー銀座でオープニングパーティーが行われ、JRPA AWARDを受賞したTEAM KUNIMITSU高橋国光総監督、全日本モトクロスIA1の成田亮、さらに栄誉賞を受賞した中嶋一貴も出席した。  この日本レース写真家協会報道写真展『COMPETITION』は、日本国内はもとより海外でも二輪、四輪で争われるレースやラリーの報道写真家として広く活動している会員たちにより撮影された、2018年で“最も印象に残った渾身の作品”を展示するものだ。今回もF1をはじめWRCやル・マン24時間、さらに海外の耐久レースやラリー、そして二輪MotoGPや鈴鹿8耐、また国内ではSUPER GTやスーパーフォーミュラ等、さまざまなカテゴリーで撮影された写真たちが展示されている。...
XPB_974054_HiResa-660x440.jpg
Feb
20
 F1バルセロナテスト3日目。初日に続いて2度目の走行を担当したダニール・クビアトが、終了直前に1分17秒704の総合トップタイムを叩き出した。直後にロマン・グロージャン(ハース)がこの日2度目の赤旗中断を作り出したこともあって、そのままトロロッソ・ホンダのトップタイムが確定した。2015年にF1復帰して以来、ホンダ製パワーユニット搭載マシンがウィンターテストで首位の座を占めるのは、これが初めてのことだった。  とはいえテストは始まったばかりであり、トロロッソを含めほとんどのチームのこの時点での目的は速さを競うことではない。クビアト自身、終了直後の囲み取材では、「総合トップに、さして意味はない。それよりわずか1周だけ、最多周回数がキミ(ライコネン/アルファロメオ)に及ばなかったことの方が悔しいよ」と、コメントしていた。...
yamamoto-660x437.jpg
Feb
20
 ホンダのレース活動全般を牽引し、F1でもトロロッソ、そしてレッドブルとの提携の立役者である山本雅史モータースポーツ部長が、4月1日付で部長職を離れることが2月19日に明らかになった。ただし、山本部長はモータースポーツ部には残り、今後はF1活動に専念することになるという。  普通に考えれば、降格とも取られかねない人事である。では実際には、どういうことなのか、F1ウインターテストが始まったばかりのスペイン、カタルーニャサーキットで山本部長を直撃すると、「『とにかくF1に専念しろ』と社長から言われました」と、八郷隆弘社長直々の指示だったことを明らかにした。  2015年のF1復帰から今季で5シーズン目を迎えるホンダだが、いまだに表彰台にも上がれていない。半世紀以上のホンダF1の歴史の中でも、これほどの低迷は初めてのことだ。それが今季はトップ3の一角レッドブルと組み、優勝も十分に視野に入る。  だとすればなおさら、今シーズンは失敗は許されない。そんな強い危機感を抱いた八郷社長以下のホンダ経営陣が、あえて部長職を解いてでも、山本氏にF1だけに業務を絞らせようと考えたようだ。...
5545a37b43fa94c2d5aa1d477a3e19b3-660x440.jpg
Feb
20
 ルノー・ジャポンは2月21日、メガーヌ ルノー・スポール(R.S.)にF1などモータースポーツで培ったノウハウや先進技術を盛り込み、よりスポーティな走りを実現させた『メガーヌR.S.カップ』を発表。3月22日から限定100台が発売される。  初代から数えて3代目となるメガーヌR.S.は、Cセグメントホットハッチ市場においてベンチマーク的存在となった先代モデルと同様に、ルノー・スポールが持つモータースポーツのノウハウと情熱を注ぎこんだモデルだ。  スポーツドライビングを訴求したモデルとあって、メガーヌR.S.では状況に応じてリヤタイヤの角度を変化させる四輪操舵システム“4コントロール”や、ラリーで培われた四輪ハイドロリック・コンプレッション・コントロール(HCC)などが装備され、優れたコーナーリング性能を手に入れている。...
Feb
20
 2019年からHWAと組んでDTMドイツ・ツーリングカー選手権に参戦するRモータースポーツが、参戦予定車両であるアストンマーティン・バンテージDTMの開発風景を収めたムービーを公開した。  2月15日と19日の2回に分けて2019年シーズンを同チームから戦うジェイク・デニス、ポール・ディ・レスタ、フェルディナンド・ハプスブルク、ダニエル・ジュンカデラという4名のドライバーラインアップを発表したRモータースポーツ。  2018年限りでDTMから撤退したメルセデスに代わって、新たにシリーズに参加するチームは現在、これまでメルセデスとともにDTMを戦ってきたHWAとのタッグでアストンマーティンブランドの新型DTMマシンを開発中だ。  公開された動画ではアストンマーティン・バンテージをベースとするニューマシンの一部を見ることができる他、設計図やミッションケース、センターコンソールパネルなども映し出される。さらに、2019年からDTMでも導入される2.0リットル直列4気筒ターボエンジンのベンチテストの様子も確認することが可能だ。...
19PreT103-Kvy-STR5-660x440.jpg
Feb
20
 20日、F1プレシーズンテストが3日目を迎え、10チーム13人がドライコンディションのスペイン・バルセロナでニューマシンを走らせた。  新車の完成が遅れ、前半2日間を欠席せざるを得なかったウイリアムズだが、テスト3日目の朝にFW42がようやく到着。午後のセッションでジョージ・ラッセルにより、新車のシェイクダウンが行われた。  ラッセルは23周を走行、C3タイヤで記録した1分25秒625で最下位13番手となった。  チーム副代表クレア・ウイリアムズは、「他のチームが走行をスタートしている時に自分たちのレースカーが到着しなかったというのは恥ずかしいこと」と語り、当初は火曜には走行を開始できると考えていたものの、パーツの到着が遅れたと明かした。水曜にもまだパーツがすべて揃ってはおらず、この日はシステムのチェックのみを行った。残りのパーツは水曜夜に届く見込みで、木曜には空力プログラムを開始する予定だということだ。...
XPB_974025_HiRes-660x440.jpg
Feb
20
 バルセロナ合同テスト3日目はマックス・フェルスタッペンが再びRB15のステアリングを握り、テストプログラムを基本的なチェックから次のステップへと進めた。RB15の速さをさらに引き出すためのセットアップ作業だ。  気温・路面温度が上がる前の朝の時間帯は左右フロントタイヤの後方にかなり巨大なレーキ(気流センサー)を装着して走行しデータ収集。コントロールラインは通過せず、ピットアウトとピットインを繰り返して様々なセッティング状態でのフロント周辺の気流確認を行った。 . 2019年F1バルセロナテスト3日目 マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)...
ASTON_MARTIN_003_HYPERCAR-660x440.jpg
Feb
20
 アストンマーティンは2月20日、プロジェクト“003”と呼ばれる『ヴァルキリー』シリーズに続く新型ハイパーカーの市場導入および、500台の限定販売を決定したと発表した。  イギリスのラグジュアリーカーブランドから登場するハイパーカー第3弾にあたるこのクルマは、2018年9月に初めてその概要が明らかにされコードネーム“003”という名称の下でプロジェクトが進められていた。 “003”という数字は文字どおり3台目を意味し、001はレッドブル・アドバンスド・テクノロジーズとアストンマーティンが共同開発中の『ヴァルキリー』、002はそのサーキット専用モデルとなる『ヴァルキリーAMR Pro』だ。  プロジェクト003では、公道走行可能な車両としては驚異的なレベルのダウンフォースを発生させるエアロダイナミクスを持ち、“究極のロードカー”を唄うヴァルキリーシリーズの革新的なコンセプトとテクノロジーが幅広く採用されるという。...
Feb
20
 F1プレシーズンテスト3日目、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、109周を走りこみ、たくさんの作業を進めることができ、満足いく一日だったと語った。  20日、スペイン・バルセロナでレッドブルRB15・ホンダのテストを担当したフェルスタッペンは、多数のセットアップを試すなか、C3タイヤでの1分18秒787で13人中の5番手となった。 「とてもポジティブなテストデーだった。100周以上走りこめた日はいい一日といっていいと思う」とフェルスタッペン。 「ホンダと協力し合って、とてもいい形で作業を進めている。全員が集中して自分の仕事に取り組んでいるんだ」 「一番重要なのはたくさんの周回を走り、何度もセットアップ変更を試せたことだ。今年のレギュレーション変更に応じて、正しい方向性を理解しようとして作業に取り組んでいる」 「今の段階では、ライバルと比較しての自分たちの位置について判断するのは難しい。それは開幕戦のメルボルンで分かるだろう。ただ、今のところ、マシンの感触がいいのは間違いないよ」...
19PreT103-Kvy-STR5-660x440.jpg
Feb
20
 F1プレシーズンテストが3日目を迎えた20日、トロロッソ・ホンダのダニール・クビアトは13人中最速となるタイムを記録した。クビアトは、タイムシートのトップに立ったことはもちろんうれしいが、それより重要なのは、大きな問題なく周回を重ねられたことであると語った。  トロロッソSTR14で走行したクビアトは、午後のセッション残り約15分のところで、最もソフトなC5タイヤを履いてコースイン、1分17秒704というここまでのテスト3日間を通しての最速タイムをマークした。周回数も137周で、アルファロメオのキミ・ライコネンの最多周回138周とほぼ同じ距離を走りこんだ。 「トップに立つことは分かっていたよ!」とセッション終了後にクビアトは冗談まじりに言った後、「実際は、トップタイムを出すことが最優先事項ではなかった」と続けた。 「走行初日が(十分に走れず)理想的なものではなかったので、挽回することを目指していた。今日は有意義な一日だった」 ■「トロロッソSTR14・ホンダは僕の好みに合ったマシン」とクビアト...
Feb
20
 レッドブル・レーシングのチーム代表クリスチャン・ホーナーは、ホンダのパワーユニット(PU/エンジン)を搭載したRB15にバイブレーションの問題が発生しているとのパドック内のうわさを打ち消した。  長くルノーと提携してきたレッドブルだが、2019年からホンダにスイッチ。ホンダのパワーユニットをシャシーにうまく統合させることに力を注いできた。ホーナー代表は、その作業が非常にうまくいったとして、「シャシーへの統合がきっちりとなされた。非常に美しくでき上がったと思う」と発言している。  しかしF1プレシーズンテストが開催されているスペイン・バルセロナで、レッドブルはバイブレーションの問題によりホンダエンジンをフルパワーの状態で走らせることができずにいるとのうわさが流れた。ホーナーはこれを全面的に否定している。 「今までの走行のなかで一度もバイブレーションの問題に直面していない」とホーナーはRaceFansに対して語った。...
02_Ice-Challenge_Pragelato-27_AD4_2216-Galli-Custom-660x440.jpg
Feb
20
 WRC世界ラリー選手権でミツビシのワークスドライバーを務めた経歴を持つジジ・ガリが、第2世代に進化したキア・リオRXスーパーカーを完成させ、自らのチームであるGGRXのオペレーションで2019年WorldRX世界ラリークロス選手権復帰に向けたテストを開始した。  WRCではミツビシ・ランサーWRCを筆頭に、フォード・フォーカスRS WRC、プジョー307WRCなどワークスマシンからプライベート・スペックまで数々のマシンをドライブしたイタリア人の“ジジ”ことジャンルイジ・ガリは、第1世代となるラリークロス向けキア・リオRXスーパーカーで2015年のWorldRX母国イタリア戦に初参戦。  その後も散発的に世界選手権へのチャレンジを続けていたが、2017年を前にハンガリー人ドライバーのルカック・コーネルにマシンを売却する決断を下していた。  その後、同じくリオをベースにエボリューション・モデルの開発を続けてきたガリは、ラリークロスのトップコンテンダーたちと同じくフロントに冷却系を移設した第2世代モデルを完成させ、ふたたびWorldRXへの挑戦に向け意欲をみせている。...