RacingMall.NET | Shopping mall for Racing cars.

The Shopping mall of Racing cars performance parts.

Apr
19
 2013年にマクラーレンF1チームに加入していたセルジオ・ペレスは、この契約によって翌年のフェラーリ入りを犠牲にしており、このときの決断は自身のキャリアにおいて大きな過ちだったと考えている。  F1のポッドキャスト番組『Beyond the Grid』の最新エピソードで、フェラーリ・ドライバー・アカデミーの一員としてザウバーに在籍中だったぺレスは、F1での2シーズン目にフェラーリから2014年の事前契約を提示されていたことを明らかにした。  この契約はぺレスにとってザウバーで3シーズン目を迎えることを意味していたため、彼は代わりに2013年からのマクラーレンとの1年契約を受け入れる選択をした。しかし、これはフェラーリから彼を決定的に引き離す動きとなった。 「マクラーレンが当時どのような状態だったかを考えると、僕にとって悪いタイミングで来た話だったんだと思う」とぺレスは振り返る。 「2012年を思い返すと、僕はフェラーリのメンバーで2014年の契約を結ぼうとしていた。ザウバーにもう1年在籍しなければならないけれど、その後でフェラーリに加入できるということだった」...
5cb78a222504207b22b54f86_o_U_v1.jpg
Apr
19
Filed under: .,.,.,....
Apr
19
 メルセデスのトラックサイドエンジニアを務めるアンドリュー・ショブリンは、F1第3戦中国GP決勝レース中に実行したダブルピットストップ作戦は、チームにとって“有用な道具”だが、めったに使うべきではないと語った。  メルセデスが中国GPにおいて採用したこの大胆な戦略は、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンが2度目のピットストップを行い、フェラーリのセバスチャン・ベッテルも続いてピットインしたことで発動された。  レースをリードしていたルイス・ハミルトンとバルテリ・ボッタスの両名がベッテルにアンダーカットされることを防ぎ、さらにハミルトンをボッタスの前で走り続けさせるため、メルセデスとしては2台同時ピットイン以外の選択肢はなかったのだ。当初、現場にこの戦略を提示したのは、メルセデスチーム代表のトト・ウォルフだった。  メルセデスの公式YouTubeチャンネル『Pure Pitwall』に投稿された動画のなかでショブリンはレースを振り返り、「ダブルピットストップ戦略を提案したのは、実はトトだった」と明かした。...
95b467c0-62bd-11e9-b7ec-55a867b03f94
Apr
19
Filed under: .,.,. 'Check your ride, every time': license plate, make/model and driver....
d856c980-62c0-11e9-befb-d507d862f165
Apr
19
Filed under: .,. You'll need your network's app and the promo code EARTHDAY19. .
afcd57a0-62ba-11e9-b6bf-92ce5136914f
Apr
19
Filed under: .,.,. Great car, but trucks and SUVs make up 70% of sales so far this year...
A2-660x440.jpg
Apr
19
 レース界のマニアック“ヘンタイ”カメラマンこと鈴木紳平がお届けする全日本ロードレース選手権JSB1000ブログ。今回は、日本の公式レースで初登場したドゥカティの新型スーパースポーツ、パニガーレV4 Rに迫ります。 ーーーーーーーーーー 空高く、雲悠々と流れる春、みなさま、いかがお過ごしでしょうか。 NGK SPARK PLUG 鈴鹿2&4レースへやって参りました。スーパーフォーミュラは新型シャシーSF19のデビューレース、全日本ロードレース選手権はJSB1000クラスのみの開催でヤマハVSホンダで盛り上がっておりますが、本ブログは日本公式戦初登場、ドゥカティ・パニガーレV4 Rを特集したいと思います。 市販車の状態からスーパーバイク世界選手権(SBK)を強く意識した空力パーツを装着するなど見どころたっぷりな一台であります。それではブログ“パニガーレV4 R”編、いってみましょう。...
d04f6fa0-62aa-11e9-b3be-8e1dfefd9780
Apr
19
Filed under: . Battery optimization has been done at French racetracks. .
OGAL3582-660x440.jpg
Apr
19
 新型車両『SF19』の最初のシーズンとなる2019年スーパーフォーミュラ第1戦がいよいよ鈴鹿サーキットで開催される。予選を前日に控えた金曜日の専有走行ではアレックス・パロウ(TCS NAKAJIMA RACING)がトップタイムをマーク。2番手に関口雄飛(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)の順位となったが、果たしてこのまま好調をキープできるかどうか。週末の注目ポイントを探った。  今年のスーパーフォーミュラでなんといっても、一番注目されるのは新車両SF19のパフォーマンスと、新車両によるレース展開だ。昨年までの名車SF14と同じく『クイック&ライト』のコンセプトのもと、フロントタイヤが左右1cmずつ計20mm幅広となり、ダウンフォースを大幅に増したエアロダイナミクスを備えたSF19。見た目としてはSF14のハイノーズ型からローノーズ型のシャシーとなり、リヤウイング後方にはWEC(世界耐久選手件)のLMPマシンのようなLEDランプも装着され、SF19は一見した印象からもSF14とはまったく異なるマシンであることが分かる。...