RacingMall.Com | Shopping mall for Racing cars.

The Shopping mall of Racing cars performance parts.

asimg_r01_416380a8c3bc015-660x440.jpg
Nov
25
 11月26〜27日に三重県の鈴鹿サーキットで開催されるENEOS スーパー耐久シリーズ2022 Powered by Hankook 第7戦『SUZUKA S耐』に向け、11月25日には専有走行が行われたが、走行後シリーズに参戦するROOKIE Racing、さらにチームに関係するドライバーたちが、相次いで意味深なツイートをTwitter上に投稿した。  スーパー耐久にはORC ROOKIE Racingとして水素エンジンを積むORC ROOKIE Corolla H2 concept、さらにカーボンニュートラルフューエルを使い、次世代車両の開発を行っているORC ROOKIE GR86 CNF Conceptという2台を投入しているROOKIE Racing。『MORIZO』のドライバーネームで参戦しているトヨタ自動車の豊田章男社長がオーナーを務めるチームだ。...
asimg_YarisCup_2022_East_321_4463809b6f89b35-660x440.jpg
Nov
25
 TOYOTA GAZOO Racing(TGR)は11月25日、2023年のTGR Yaris Cup開催スケジュールを発表した。手軽にモータースポーツをスタートでき、多くのエントラントを集める人気のレースだが、来季も東日本シリーズ、西日本シリーズという2シリーズ制でともに全7戦を開催し、富士スピードウェイで特別戦が行われる。  TGR Yaris Cupは、モータースポーツをもっと気軽に楽しんでもらおうと、2000年に日本初のナンバー付き車両によるJAF公認ワンメイクレースとしてスタートしたヴィッツレースの流れをくみ、2021年から車両をヤリスに変更。TGR Yaris Cupとして開催されている。  車両は1.5リッターエンジンを搭載するトヨタ・ヤリスをベースにした『ヤリス・カップカー』で、MT車のみならずCVTの設定もあり、当然ナンバー付きなので自走での参加も可能だ。...
asimg_d01_9b638095994a726-660x440.jpg
Nov
25
 11月25日、TOYOTA GAZOO Racingがモータースポーツ活動について発表したこととタイミングを同じくして、ダイハツ工業は2022年に約14年ぶり再開したモータースポーツ活動を2023年もSPKとともに継続し、モータースポーツを基点とした“もっといいクルマづくり”および、モータースポーツの裾野を広げる活動を通じたファンづくりに取り組んでいくと発表した。  ダイハツはグループスローガン『Light you up』のもと「お客様に寄り添い、暮らしを豊かにすること」を目指し、『モノづくり』と『コトづくり』の両輪でさまざまな取り組みを行っているが、そのひとつとして2022年、約14年ぶりにモータースポーツ活動を再開した。 『モノづくり』としては、SPKの『D-SPORT Racing Team』の活動支援を通じ、モータースポーツ競技における高負荷環境での使用、短期スパンでの改善活動などで、車両全体を見ることができる人材育成と、培った技術を量産車両にフィードバックすることで、もっといいクルマづくりにつなげていく。  2023年は今季も参戦したTOYOTA GAZOO...
asimg_GR86BRZCup_2022_Rd.1_338_5f6380939c5f3cb-660x440.jpg
Nov
25
 TOYOTA GAZOO Racing(TGR)は11月25日、2023年のTGR GR86/BRZ Cup開催スケジュールを発表した。GR86とスバルBRZがともに新型モデル2年目となるシーズンは全7戦の開催が予定されている。  TGR GR86/BRZ Cupは、先代トヨタ86/スバルBRZを使用して2013年から2021年まで9年間開催されたTGR 86/BRZ Raceを引き継ぐレースで、新型モデルとなったGR86/スバルBRZを使ったワンメイクレースだ。  参加車両は『トヨタGR86カップカー・ベーシック』および『スバルBRZカップカー・ベーシック』となり、全国のトヨタ販売店、スバル販売店で購入が可能だ。  シリーズはプロフェッショナルシリーズとクラブマンシリーズの2シリーズ制となり、プロフェッショナルシリーズには国内トップドライバーも多数参加予定になっている。また、クラブマンシリーズ”にはプロ認定ドライバーは参加できず、ジェントルマンドライバーを含むアマチュアドライバーのみで腕を競い合う。...
Nov
25
 11月25日、TOYOTA GAZOO Racingは、2023年のスーパーGT GT500クラスの参戦体制について発表した。チャンピオン奪回に向けて挑む来季は、継続して6台のトヨタGRスープラで参戦することになるが、2台以外は体制の変更なく臨むことになる。  2021年はau TOM’S GR Supraがチャンピオンを獲得したものの、2022年はENEOS X PRIME GR Supraの開幕戦優勝、KeePer TOM’S GR Supraの第4戦での優勝と2勝に留まったGRスープラ勢。迎える2023年は、捲土重来を期して臨むシーズンとなる。  そんな2023年に向け、TOYOTA GAZOO Racingは3メーカーの先陣を切って新体制を発表した。2023年も6台のGRスープラで参戦するが、そのうちTGR TEAM ENEOS ROOKIE、TGR TEAM WedsSport BANDOH、TGR TEAM ZENT CERUMO、TGR TEAM SARDの4チームはドライバー、タイヤともに変更なく継続する。  変更があったのは、36号車TGR TEAM...
asimg_08_WEC_2022_Rd.6_254_88637064a4aa358-660x440.jpg
Nov
25
 11月25日、.2台のトヨタGR010ハイブリッドを擁し、2022年シーズンにダブルタイトルを獲得したトヨタは、2023年はより困難な戦いへと挑むことになる。フェラーリ、ポルシェ、キャデラックといった新たなライバルたちが、最高峰ハイパーカークラスに参戦を開始して来るからだ。  体制発表に際し、2022年に引き続き7号車のドライバーとチーム代表を兼任する小林可夢偉、そして5人のドライバーは、激戦が予想される2023シーズンに向け、次のとおりコメントを発表している。 ●小林可夢偉(チーム代表兼7号車ドライバー) 「今年はトヨタ、そしてパートナーの皆様からの多大なご支援のおかげで、ル・マン、富士、そして、選手権で優勝するというすべての目標を達成することができました」...
asimg_t03_7f63808abe91636-660x440.jpg
Nov
25
 11月25日、TOYOTA GAZOO Racing(TGR)は2023年のモータースポーツ活動体勢を明らかにし、そのなかでドライバー育成計画についても発表を行った。  TGRは国内外のレース、ラリーへステップアップするドライバーの育成、サポートを長年続けており、2023年も「サステナブルなモータースポーツ業界の実現に向け、国内外のトップカテゴリーで活躍できるドライバーの育成と輩出を目的」としたドライバー育成プログラムを継続する。  さらに才能ある人材には、国内のスーパーGT、全日本スーパーフォーミュラ選手権、WEC世界耐久選手権、WRC世界ラリー選手権へのチャレンジプログラムなど、上位カテゴリーへのステップアップをサポートしていく。  2023年のTGRドライバー・チャレンジ・プログラム(TGR-DC)の育成ドライバーは小高一斗、平良響、野中誠太、小山美姫という4名の若手ドライバーを支援する。...
asimg_08_WEC_2022_Rd.6_108_1163805545de84a-660x440.jpg
Nov
25
 WEC世界耐久選手権に参戦するTOYOTA GAZOO Racing(TGR)は11月25日、2023年の参戦体制を発表した。来季も引き続き2台の『トヨタGR010ハイブリッド』をシリーズに投入。そして2022年と同じ6名のドライバーを継続して起用し、新たなライバルが増えるハイパーカークラスでのタイトル防衛を目指す。  2023年も7号車GR010ハイブリッドをドライブするのは、マイク・コンウェイ、小林可夢偉、ホセ・マリア・ロペスの3名。8号車GR010ハイブリッドは、セバスチャン・ブエミ、ブレンドン・ハートレー、平川亮がステアリングを握る。  2022年からチーム代表を兼任する可夢偉は、2023年も引き続きそのポジションを務める。  なお、これまでニック・デ・フリースが務めていたリザーブドライバーについては、今回の発表ではとくに触れられていない。  トヨタGAZOO...
asimg_01_sf_to_4063803ecabd390-660x440.jpg
Nov
25
 11月25日、TOYOTA GAZOO Racingは2023年のモータースポーツ参戦体制を発表した。全日本スーパーフォーミュラ選手権には、2022年シーズンと同じく6チーム/11台がエントリーする。  2022年シーズンはサッシャ・フェネストラズ(KONDO RACING)、平川亮(carenex TEAM IMPUL)が最終ラウンドまでタイトルを争ったものの、鈴鹿の第9戦でホンダ陣営の野尻智紀とTEAM MUGENに、ドライバー・チームの両タイトルを奪われるかたちとなったTGR陣営。  2023シーズンに向けては、フォーミュラE世界選手権へのフル参戦を優先するフェネストラズの離脱が事実上確定するなか、そのシートに誰が収まるのかが注目されていた。  一時期は外国人ドライバーの起用などの噂も出ていたが、このKONDO RACING4号車からは、2022年の全日本スーパーフォーミュラ・ライツ(SFL)選手権王者の小高一斗が参戦することが明らかとなった。...
asimg_XPB_1187779_1200px_9b637c984b1079d-660x441.jpg
Nov
25
 アルピーヌF1のチーム代表であるオットマー・サフナウアーは、あらゆることを考慮すると、チームはオスカー・ピアストリの離脱と、ピエール・ガスリーの加入によって得をしたと考えている。ガスリーの方がピアストリよりも速いドライバーだからだ。  今年の夏、フェルナンド・アロンソがアストンマーティンへ移籍するという衝撃の発表が行われると、アルピーヌは当初ピアストリを昇格させて2023年のチームのレースシートを与えようとした。しかし、アルピーヌが知らないうちに、ピアストリはすでにマクラーレンと契約を締結していた。  アルピーヌはFIAの契約承認委員会(CRB)で契約の効力について争うことになり、CRBはピアストリとマクラーレンの契約が有効であると判断したことから、最終的にアルピーヌの訴えは認められなかった。その後アルピーヌはガスリー獲得に狙いをつけ、最終的にアルファタウリにおける彼の雇用者であるレッドブルの許可を取り付けることができた。 「オスカーと我々には契約があると考えていたが、契約承認委員会が異を唱えるというプロセスを経験しなければならなかった」とサフナウアーは語った。...
asimg_XPB_1186497_1200px_eb638053665f022-660x441.jpg
Nov
24
 マクラーレンF1チームのチーム代表を務めるアンドレアス・ザイドルは、今シーズンにチームの獲得ポイント数が不足して、コンストラクターズランキング4位を維持することができなかったのは、「リカルドのせいではまったくない」と述べている。  2022年のチャンピオンシップの戦いで、マクラーレンはアルピーヌに14ポイント差で敗れた。ドライバー個人では、ランド・ノリスが122ポイントをシーズン中チームにもたらしたのに比べ、リカルドの貢献は37ポイントにとどまった。  マクラーレンとリカルドは結果の改善に努力を惜しまなかったが、リカルドは常に才能あるチームメイトから遅れをとったままだった。そしてリカルドが相対的に不振にあったことが、最終的にチームにとって大きな代償となったことは間違いないだろう。 「今年4位になれなかったことを、ダニエルのせいにするつもりはまったくない」とザイドルは先週末の最終戦アブダビGP後に語った。 「結局のところ、ダニエルも我々も懸命に取り組んだものの、望む形でダニエルとの仕事をうまく機能させることができなかった。そのことについて私とチームの責任を認識している」...
asimg_XPB_1177500_1200px_266347613da450f-660x441.jpg
Nov
24
 ピレリのモータースポーツディレクター、マリオ・イゾラは、F1シーズンオフの間にタイヤテストを6回実施し、5チームが参加する予定であることを明かした。6回のうち3回は新しいフルウエットおよびインターミディエイトタイヤのテスト、残りの3回は2024年用のスリックタイヤの開発テストに当てられる。  今年のウエットタイヤには批判的なコメントがなされており、レッドブルのマックス・フェルスタッペンは、「遅すぎるし、排水性が悪い」と発言していた。 ....
asimg_01_R31_2284-d_4637f4597578c5-660x440.jpg
Nov
24
 毎年、全日本ロードレース選手権をまわり、シャッターを切り続けるカメラマン「Nob.I」がお届けする『カメラマンから見た全日本ロード』。2022年最終回は11月5~6日に開催された第8戦鈴鹿MFJ-GPです。 * * * * * * * ロードレースファンの皆様、いかがお過ごしでしょうか? MotoGP日本GPが終わってから早くも2カ月が経ち、サーキットにも冬の足音が近づいています。 全日本ロードの2022年シーズンは、鈴鹿で最終戦を迎えました。 昨シーズンの最終戦は、新型コロナウイルスの影響で9月のオートポリスとなりましたが、今シーズンは例年通り、11月上旬に行われました。 寒いなぁとぼやきながら鈴鹿入りする、恒例のMFJ-GPが戻ってきて嬉しい限りです。 ウイーク中はずっと晴れ、ドライコンディションのまま全日本ロードはフィナーレを迎えました。...
asimg_s03_236380413f511de-660x440.jpg
Nov
24
 11月26〜27日に三重県の鈴鹿サーキットで開催されるENEOS スーパー耐久シリーズ2022 Powered by Hankook 第7戦『SUZUKA S耐』に向け、11月24日から走行がスタートしているが、ST-3クラスに参戦する埼玉トヨペットGreen Braveは、今回の第7戦がトヨタ・クラウンRSでのラストレースになると.で報告した。  埼玉トヨペットGreen Braveは、2013年からスーパー耐久に挑戦を開始。当初はST-4クラスにトヨタ86を投入したが、2015年からトヨペット店の旗艦車種であったマークXをST-3クラスに投入。迫力あふれるボディで人気を博すとともに、ST-3クラスのタイトルコンテンダーとして戦ってきた。...
asimg_select_gallery7-4_dl_4f63803405bfb74-660x440.jpg
Nov
24
 ミツビシが技術支援を行うチーム三菱ラリーアートは11月24日、タイとカンボジアで開催されているAXCRアジアクロスカントリーラリー2022のレグ3を終えた段階で、チャヤポン・ヨーター組105号車ミツビシ・トライトンが総合首位、リファット・サンガー組118号車ミツビシ・トライトンが総合4番手につけている。  21日(月)に開幕した3年ぶりのAXCRは、タイのブリーラムを起点に、隣国であるカンボジアのシェムリアップをフィニッシュ地点とするルートが設定されている。  大会2日目となったレグ1のSS2で最速タイムを記録し総合首位に立ったヨーター駆る105号車は、翌23日(水)のレグ2/SS3でも好走を見せて総合トップの座を守った。また、レグ1で右リヤタイヤのパンクをきっかけに車両にダメージを負いタイムを失った僚友サンガーも、ステージ4番手タイムを記録し総合順位を8番手から5番手に上げてみせた。 ■2台のトライトンがステージ5番手、6番手でフィニッシュ...