RacingMall.NET | Shopping mall for Racing cars.

The Shopping mall of Racing cars performance parts.

sf190519004H-660x440.jpg
May
19
Round.2 オートポリス 大分県 日田市 決勝 2019.05.19(日) 山本尚貴が2位表彰台を獲得。牧野任祐が4位でフィニッシュ  5月18日(土)~19日(日)、オートポリス・インターナショナルレーシングコース(大分県)で2019年度全日本スーパーフォーミュラ選手権シリーズ第2戦が開催されました。土曜日は朝から雨模様となり、午前中のフリー走行ではコースオフする車両が続出したこともあり、午後の公式予選は風雨がさらに強まったためキャンセルされました。  19日日曜日午前8時45分に、前日から順延された公式予選セッションが40分間の予定で行われました。開始直前から強まった雨で路面はヘビーウエットコンディションとなり、コースオフ車両が続出したためセッションは3回にわたり赤旗で中断、各車とも十分にタイムアタックをする機会がないまま打ち切られました。    その結果、Hondaエンジンユーザーの最上位は、#5 福住仁嶺(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)の3番手、以下#50...
5740bad0-7a90-11e9-bb7e-74448bfdc37b
May
19
Filed under: .,.,.,. "We never surrendered. We kept...
May
19
 インディカー・シリーズ第6戦にスケジュールされた第103回インディアナポリス500マイルレース。18、19日の2日間に渡って予選が行われ、ポールデイでファストナインシュートアウトを制したシモン・パジェノー(チーム・ペンスキー)がインディ500初のポールポジションを獲得した。  佐藤琢磨(レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング)は予選1日目で14番グリッドが確定。  フェルナンド・アロンソ(マクラーレン・レーシング)は、予選1日目で30番手以内に入れず、最後尾グリッドの3枠を争うラストロウシュートアウトに出場。最後にバンプアウトされ予選落ちとなった。 ■第103回インディアナポリス500マイルレース/予選総合結果 Pos. No. Driver Team Engine MPH Day
1​
22​
S.パジェノー チーム・ペンスキー
C​
229.992​
Pole Day...
May
19
 MotoGP第5戦フランスGP MotoGPクラスの決勝レースで表彰台を獲得したマルク・マルケス、アンドレア・ドヴィツィオーゾ、ダニロ・ペトルッチが会見に臨み、レースを振り返った。 ■マルク・マルケス/レプソル・ホンダ・チーム(決勝 優勝) 「とても満足しているよ。フロントにソフトタイヤを選んだのだけれど、これは初めてのことだった。けれど、今年は2つか3つ、違った乗り方ができるんだ。つまり、違った方法でラップタイムを刻むことができる。これはとても重要なことだ。だから、(これまでと)違うタイヤや別のライディングスタイルでレースをすることができる」 「今日は最初からダニロ(・ペトルッチ)と)(ジャック・)ミラーのドゥカティ勢ふたりといいバトルをした。けれど、レースをリードするのが目標だった。そのペースがあるとわかっていたからね」 ■アンドレア・ドヴィツィオーゾ/ドゥカティ・チーム(決勝 2位)...
May
19
 2019年シーズンのメルセデスF1チームは、開幕直後の5戦では無敵だった。では残りの16戦も制することができるだろうか? 「誰にも分からないよ」と2019年にすでに3勝しているルイス・ハミルトンは言う。 「開幕からの5戦で全勝できるなんて、まったく思わずにシーズンに臨んだんだ。連勝はチームの皆にとって信じられないほどの励みになっている」 「チームの誰もが、今も信じられないくらい懸命に作業に取り組んでいて、そうした場面を目にするのは素晴らしいことだ。本当に驚異的な人々の集まりだよ」 「エンジニアの部署で、自信過剰になっている者などひとりもいない。僕たちは自分たちでできる改善について話し合い、どうすればマシンを改善できるかについて議論している。彼らは推測による批判を気にしない。個人攻撃だとはとらえないんだ」 「過去から現在までのF1チームのなかでも最強だと思う。この強さをしのぐことは難しいだろうね」  ハミルトンにとって、今年の最大の脅威は誰なのだろうか? 「最大の脅威は、自分に最も近いところにいる人間であることが常だ」とハミルトンは答えた。...
19Chi-GasBot-XPB1-660x440.jpg
May
19
 レッドブル・レーシングのチーム代表クリスチャン・ホーナーは、2019年F1シーズンの新レギュレーションにチームは理想的な形で適応することができずにいると認めているが、それでもここまでの間、RB15の改善は進んでいると語った。  2019年、パワーユニット(PU/エンジン)パートナーとしてホンダと契約、新たなスタートを切ったレッドブルだが、RB15は期待したようなパフォーマンスを発揮していない。第5戦までにフェルスタッペンは3位を2回、4位を3回獲得し、ランキング3位につけているものの、優勝をかけてメルセデスと戦うことはできずにいる。  しかしプレシーズンテストから序盤5戦にかけて、レッドブルはマシンをうまく改善してきたとホーナーは考えている。 「8、9週間前のプレシーズンテストでの状況を考えれば、(メルセデスやフェラーリとの)ギャップを縮め、マシンにパフォーマンスを加えていくことができており、実に心強い」  一方でホーナーは、今後、レッドブルはさらにマシンを向上させていく必要があり、その余地はまだあると述べた。...
16C_8664-1-660x440.jpg
May
19
 第103回インディアナポリス500マイルレースの予選2日目が19日に行われ、ファストナインシュートアウトでトップスピードを記録したシモン・パジェノー(チーム・ペンスキー)が自身初となるインディ500ポールポジションを獲得した。  雨に見舞われた予選日2日目のインディアナポリス・モータースピードウェイ。スケジュールは大幅に変更され、ファストナインシュートアウトのプラクティスはキャンセルとなる。  雨が止み、マーシャルがコースを乾かすと16時半から最後の3グリッドを争うラストロウシュートアウトが開催。  ラストロウシュートアウトでは、最後のアテンプトとなったカイル・カイザー(ユンコス・レーシング)がフェルナンド・アロンソ(マクラーレン・レーシング)をバンプアウトされ予選落ちが決定する。  その興奮が冷めやらぬなか、コーストラックではすぐにポールポジションを争うファストナインシュートアウトがスタート。予選1日目の9番手から順に4周の平均速度を計測するアテンプトへと向かう。...
May
19
 元F1ドライバーのデイビッド・クルサードは、フェラーリではふたりのドライバーに寄せられる期待値が異なるため、シャルル・ルクレールはチームメイトのセバスチャン・ベッテルよりも楽な立場にいると述べている。  2019年シーズンこれまでのところ、フェラーリは最大のライバルであるメルセデスの支配下にいる。5戦連続での1-2フィニッシュを達成したメルセデスは、非の打ち所がないほどの強さを見せている。  しかしフェラーリがメルセデスをしのぐこともある。ルクレールとベッテルは、バーレーンGPではフリー走行セッションだけでなく、予選においてもグリッドでより上位につけていた。  こうしたパフォーマンスに続き、ルクレールは決勝レースでもエンジントラブルで後退するまではレースを支配していたため、最終的には若いルクレールがベッテルを凌駕し、フェラーリの事実上のリーダーになるのではないかと多くの人々が考えるようになった。  しかしながらクルサードは、それぞれのドライバーは大きく異なる考え方をしているのだと説明している。...
IMG_0179TH-D-660x440.jpg
May
19
 インディアナポリス・モータースピードウェイで開催されている第103回インディ500。19日に予選2日目が行われ、最後の3グリッドを争うラストロウシュートアウトでは、フェルナンド・アロンソ(マクラーレン・レーシング)が、あと一歩届かず予選落ちとなった。  雨予報でスタートした予選日2日目。インディアナポリス・モータースピードウェイは雨に悩まされる。  ラストロウシュートアウト6台によるプラクティス走行の途中で雨が降り始め、セッションは終了。雨は一旦止み、コースマーシャルたちがコースを乾かし始めるが、また強い雨がトラックを濡らしていく。 . インディアナポリス・モータースピードウェイのブリックヤードを雨が濡らす...
64c06220-79b2-11e9-a5e7-78d68acf3a81
May
19
Filed under: .,.,.,.,....
May
19
 MotoGP第5戦フランスGPの決勝レースがル・マン-ブガッティ・サーキットで行われ、MotoGPクラスはマルク・マルケス(レプソル・ホンダ・チーム)がポール・トゥ・ウインで今季3勝目を挙げた。中上貴晶(LCRホンダ・イデミツ)は今季初の転倒リタイアでレースを終えている。  決勝レースは天候が心配されていたが、スタート時点で気温15度、路面温度19度、路面状況はドライ。そんななかレースに向けて始まったウオームアップラップで、ジョアン・ミル(チーム・スズキ・エクスター)とカレル・アブラハム(レアーレ・アビンティア・レーシング)が相次いで転倒を喫する。ふたりの転倒は交錯したものではなく、単独でのクラッシュ。ミルとアブラハムはピットに戻り、ミルはレースに出走した。ちなみにミルは、ウオームアップセッションでも2度の転倒を喫しており、この日3度目のクラッシュとなった。...
May
19
 MotoGP第5戦フランスGP MotoGPクラスの決勝がル・マン-ブガッティ・サーキットで行われ、マルク・マルケス(レプソル・ホンダ・チーム)がポール・トゥ・ウインで今季3勝目を挙げた。中上貴晶(LCRホンダ・イデミツ)は今季初の転倒リタイアでレースを終えている。 ■MotoGP第5戦フランスGP MotoGPクラス決勝順位結果(27周) 天候:くもり 路面:ドライ Pos. No. Rider Team Motorcycle Time/Gap
1​
93​
M.マルケス レプソル・ホンダ・チーム ホンダ
41’53.647​
2​
4​
A.ドヴィツィオーゾ ドゥカティ・チーム ドゥカティ
1.984​
3​
9​
D.ペトルッチ ドゥカティ・チーム ドゥカティ...
0c6166f0-79cc-11e9-bbfa-b0615086aa4b
May
19
Filed under: .,.,.,. Appearance kit goes on a real...
0219-660x440.jpg
May
19
 5月18〜19日、全日本スーパーフォーミュラ選手権の併催レースとして、TCRジャパンシリーズ第1戦オートポリスが開催された。ひさびさに日本に戻ってきたツーリングカーのスプリントレースに、参戦ドライバーたちはどんな感想をもったのだろうか? 何人かのドライバーに話を聞くと、おおむね「楽しい!」と高評価が戻ってきた。また、この開幕戦では新しい“可能性”も見えている。  TCRジャパンシリーズは、近年WTCR世界ツーリングカーカップをはじめ、世界各国で流行している市販ツーリングカー規定のTCRを採用した新たなツーリングカーレース。WTCR、地域シリーズが5、国内シリーズが16とTCRは現在まさに世界中に広がっているのだ。  そんなTCRジャパンシリーズの開幕ラウンドとなるオートポリス戦には、15台が参加。シリーズの特徴として土日それぞれで別のドライバーが参加できる『サタデーシリーズ』、『サンデーシリーズ』という開催方式を採っているが、第1戦オートポリスには両戦とも同じドライバーが参加している。...
C07I0134-660x438.jpg
May
19
 ホンダの次代を担うふたりが同じタイミングで結果を残した。昨年はFIA-F2と兼任の形になり、今年からスーパーフォーミュラにシリーズ参戦する福住仁嶺(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)と今季ルーキーの牧野任祐(TCS NAKAJIMA RACING)がスーパーフォーミュラ第2戦オートポリスで4位(牧野)、5位(福住)と初入賞を果たした。  欧州のGP3にも参戦していた福住はこのオートポリスはまったくの初レース。しかも、土曜日からセッションが中止になるなど走行時間がわずかななか、日曜午前の予選では荒れた展開で3番手を獲得。しかし、福住はまったく喜ぶそぶりを見せない。「あの予選は、レースに向けての順位にしてはいけないと思っていますし、フェアじゃない状況での結果だと思っています」と福住。  レースに関しても、3番手からセーフティカー中のピットストップを経て10番手まで順位を下げるも、そこからオーバーテイクを連発して順位を上げて5位フィニッシュを果たした。...
May
19
 MotoGP第5戦フランスGP Moto2クラスの決勝がル・マン-ブガッティ・サーキットで行われ、アレックス・マルケス(EG 0,0 Marc VDS)が優勝した。マルケスが優勝するのは2017年の日本GP以来。長島哲太(ONEXOX TKKR SAG Team)は最後列の31番グリッドから見事な追い上げを見せ、11位でフィニッシュを果たしている。 ■MotoGP第5戦フランスGP Moto2クラス予選順位結果 天候:くもり 路面:ドライ Pos. No. Rider Team Motorcycle Time/Gap
1​
73​
A.マルケス EG 0,0 Marc VDS カレックス
40’36.428​
2​
9​
J.ナバーロ Lightech Speed Up スピード・アップ
1.119​
3​
...
May
19
 MotoGP第5戦フランスGP Moto3クラスの決勝がル・マン-ブガッティ・サーキットで行われ、ジョン・マクフィー(Petronas Sprinta Racing)が優勝。日本人ライダーでは、鈴木竜生(SIC58 Squadra Corse)、鳥羽海渡(Honda Team Asia)が表彰台に迫るレースを展開した。  Moto3クラスの決勝レースはドライレースが宣言されて始まった。4番手スタートの鈴木竜生(SIC58 Squadra Corse)が序盤からトップを奪うとレースをけん引。中盤以降はトップ争いを展開しながら先頭集団で走行していたが、17周目の3コーナーでリヤタイヤを滑らせて転倒を喫する。鈴木はここでリタイアとなり、自身のマシンでピットに戻った。  レース終盤には、追い上げてきた鳥羽海渡(Honda Team Asia)が一時は2番手にまで浮上し、表彰台争いを展開した。最終ラップも3番手をキープしていたものの、アロン・カネト(Sterilgarda Max Racing Team)に交わされ、6位フィニッシュとなった。...
0220-660x440.jpg
May
19
 全日本F3選手権第5戦は5月19日、大分県日田市のオートポリスで21周の決勝レースが行われ、スタート直前に雨が降り出すスリッピーなレースをサッシャ・フェネストラズ(B-Max Racing with motopark F3)が制し、オートポリス戦を完全制覇した。2位は大湯都史樹(TODA FIGHTEX)、3位は大津弘樹(ThreeBond F319)となった。  5月19日の第3戦、20日午前の第4戦と、この週末のレースは2戦ともウエットコンディションで争われていた全日本F3選手権の第2ラウンド。直前の全日本スーパーフォーミュラ選手権からコースコンディションはドライに転じたが、スーパーフォーミュラの表彰式中にコースインし、16時15分にフォーメーションラップが始まった第5戦のグリッドでは、ふたたび雨が降りはじめた。直前の雨によりほんのりと濡れはじめたコンディションの下、作業可能時間を過ぎた後の雨だったこともあり、ほとんどがスリックのままスタートが切られることになった。  第3戦の結果でグリッドが決まるため、ポールポジションはサッシャ・フェネストラズ(B-Max...
May
19
 全日本スーパーフォーミュラ選手権第2戦オートポリスの決勝レースを終え、優勝を飾った関口雄飛(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)、2位の山本尚貴(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)、3位の大嶋和也(UOMO SUNOCO TEAM LEMANS)、そして優勝チーム監督の星野一義氏がトップ3会見に臨み、レースを振り返った。 ■関口雄飛(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)/決勝 優勝 「今日は16番手スタートということで厳しかったです。朝の予選でもほとんどアタックできない状況で予選が終わってしまって、みんなもそうだと思うんですけど、僕は1%も実力を出し切れませんでした」 「結果は19番手でしたが、赤旗の原因を出したドライバーが3人降格したので、16番手からスタートしました。毎回勝ちに行くつもりでやっていますが、今回は特にその思いが強かったです。16番手スタートでしたけど、絶対優勝するという気持ちを強く持って戦っていました」...