RacingMall.Com | Shopping mall for Racing cars.

The Shopping mall of Racing cars performance parts.

asimg_02_MH8_9787-1_73607fba95b00a7-660x440.jpg
Apr
21
 オーストラリアはクイーンズランド州の州都、ブリスベンでの新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大により、1週間遅れとなったRSCレプコ・スーパーカー・チャンピオンシップの第3戦タスマニア・スーパースプリントが4月16~17日にシモンズプレイン・レースウェイで開催された。  その土曜オープニングでは、開幕以降の2ラウンド5戦で全勝を挙げている“SVG”こと、シェーン-ヴァン・ギズバーゲン(ホールデン・コモドアZB)がポール・トゥ・フィニッシュで最初のヒートを制覇し、自身6連勝を達成。すると、Triple Eight Race Engineering(トリプルエイト・レースエンジニアリング)のWエースを務める“7 Times Champion”ことジェイミー・ウインカップが、続く日曜午前のヒートで意地の今季初優勝を飾り、SVGの連勝記録更新を阻止してみせた。  さらに午後の最終レースでは、Walkinshaw Andretti...
asimg_WRC_2019_Rd9_398_2e607fceaec4133-660x440.jpg
Apr
21
 今年70周年を迎えるラリー・フィンランドは、伝統の高速ラリーを約2カ月延期し10月に開催することを発表した。  当初、WRC世界ラリー選手権第8戦として7月29日~8月1日に開催が予定されていたラリー・フィンランド。主催者のAKKスポーツは、北欧フィンランドが新型コロナウイルスの蔓延を防止するための措置として、今年夏まで大規模な集会を中止するなどの対策をとっていることから大会の延期を決定した。    これにより2021年シーズンのWRCカレンダーがふたたび変更され、WRCフィンランドは第8戦から第10戦に置き換えられ、9月30日~10月3日に開催されることとなった。なお、人気の高い同大会では通常どおりに観客を受け入れ、イベントサービスパークなどが開催される予定だ。  クラーク・オブ・コースを務めるカイ・タルキアイネンはコロナ禍の下、主催者が一般のファンが参加できるか否かの確証を持つことができないこの状況は、夏のラリーを計画し続けることができないことを意味すると述べた。...
Apr
20
 スーパーGTをプロモートするGTアソシエイションは4月19日付けで、5月3〜4日に静岡県の富士スピードウェイで開催されるスーパーGT第2戦『たかのこのホテル FUJI GT 500km RACE』の参加条件を発表した。今回発表された参加条件は下記のとおりだ。 I.GT500クラス 参加車両については、燃料流量リストリクターは95.0kg/hを装着し、絞り燃料補給装置流量リストリクター(内径25.0mm)が引き続き適用される。取付位置等については、末項を参照のこと。 II.GT300クラス GT300 競技車両 最低重量 エアリストリクター径 BoP 重量 備考 トヨタ・プリウス #30
1200kg​
29.67mm×2
+50kg​
ハイブリッド重量:無し(非搭載) トヨタ・プリウス #31
1200kg​
29.67mm×2...
asimg_SI202104170094_hires_jpeg_24bit_rgb_ae607fc17d252b3-660x440.jpg
Apr
20
 角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)にとってデビュー2戦目となったエミリア・ロマーニャGPは試練のレースとなった。予選ではクラッシュを喫し、タイムを計測できなかったため決勝グリッドは最後尾に。決勝では赤旗中断時に10番手に位置していたが、レース再開直後にスピンを喫し再び後退。最終的に13位でフィニッシュした角田は、他車のペナルティによりひとつ繰り上がり12位となった。  F1の洗礼を受けたともいえる角田は、海外メディアの目にどう映ったのだろうか。前戦バーレーンGPに引き続き、採点を通して彼らの評価を見てみよう。  イタリアのガゼッタ・デロ・スポルト紙は「予選でのクラッシュのあと、決勝ではタンブレロでスピン。ルーキーにとっては暗い週末となった」とコメントを寄せ、角田には10点満点中で4点という査定。これはレース中にクラッシュを喫したバルテリ・ボッタス(メルセデス)とミック・シューマッハー(ハース)と同じで、厳しい評価といえるだろう。...
McLarenTechnologyCentre-MCL1-660x371.jpg
Apr
20
 マクラーレン・グループは、ウォーキングの本拠地をアメリカの不動産信託企業である『グローバル・ネット・リース』(GNL)に1億7000万ポンド(約255億6900万円)で売却することに同意した。  世界的な新型コロナウイルスの大流行の影響により、マクラーレンは市販車およびレース事業の業績が大幅に悪化し、財務強化のために昨年本社施設を売りに出していた。  84万平方フィート(約7万8000平方メートル)に及ぶ3つの不動産と工業用地を合わせた契約購入価格は1億7000万ポンドだが、引き続きマクラーレンが本社を置くことを許可する20年間のセール・リースバック契約(不動産などを売却した後、譲受人から賃借すること)が含まれている。...
asimg_025_Audi_A3_S3_photo_01_f607fb43cd22a1-660x440.jpg
Apr
20
 アウディジャパンは、コンパクトハッチバックおよびセダンのアウディA3シリーズのフルモデルチェンジを発表。2021年4月21日(水)より受注を開始し、同年5月18日より全国のアウディ正規ディーラー(124 店舗)を通じて発売する。なお、“S”モデルであるアウディS3スポーツバック/セダンも同時に発売される。  アウディA3シリーズは、世界最大のマーケットであるコンパクトセグメントにおいて高い人気を誇るハッチバック/セダンのモデル。先代の第3世代は2013年よりA3スポーツバックを、2014年にはA3セダンを国内に導入し、手頃なボディサイズとアウディらしいスポーティでエレガントなスタイル、高品質なインテリア、高い走行性能で人気を得た。  今回発表された第4世代の新型は、スポーティなデザイン、高効率化されたエンジンと洗練されたサスペンション、よりデジタル化した操作系やディスプレイ、高機能になったインフォテイメントシステムやドライバーアシスタンスシステムと、全方位で進化を果たしている。またグレード構成が変更され、『ベース』『アドバンスト』『Sライン』の3つをラインナップする。...
asimg_asimg_OGAH6649_3b6072ca59cd11d-1280x854_f4607fac962c089-660x440.jpeg
Apr
20
 4月21日、スーパーGTをプロモートするGTアソシエイションは、.で5月3~4日に富士スピードウェイで開催される2021年の第2戦『たかのこのホテル FUJI GT 500km RACE』のGT300クラス公式予選Q1の組分けを発表した。2021年のGT300クラスでは全戦で公式予選Q1をA組、B組の2組に分けて実施する組分け方式が採用される。  スーパーGTではGT300クラス参加台数の増加を踏まえ、2018年からコース上の混雑が予想されるサーキットにおいて公式予選Q1出走車をA組とB組というふたつグループに振り分ける“組分け方式”を採用。これを適宜実施してきた。    この予選ルールは新型コロナウイルス感染症の国内での流行にともない、2020年シーズンの全戦で適用されたが、2021年シーズンも同様の組分けが引き続き実施されることになった。...
asimg_KM4_3600a_18607fa021db874-660x440.jpg
Apr
20
Team Noah MEDIA RELEASE 2021年4月20日 「おとぎの国 CIVIC TCR」 2戦連続のクラス優勝  スーパー耐久シリーズ2021 Powerd by Hankookに参戦するTeam Noahの『おとぎの国 CIVIC TCR』は、4月17〜18日にスポーツランドSUGO(宮城県)で開催されたS耐シリーズ開幕戦『SUGOスーパー耐久3時間レース』のST-TCRクラスに参戦。ST-TCRクラスは1台のみの参戦だったが、無事完走で2戦連続のクラス優勝を果たした。  福岡に本拠を置くTeam Noah(代表:清瀧雄二)は、“九州に元気を!九州のモータースポーツにもっとワクワクを!”を合言葉に九州のレーシングチームとして2018年よりS耐にフル参戦。昨年は新型コロナ感染症の影響で参戦を見合わせたが、今季は2年ぶりに復帰を果たした。...
asimg_21R02EmiSu-Tsu-XPB1_51607cb871849a1-660x440.jpg
Apr
20
 レッドブルのモータースポーツコンサルタント、ヘルムート・マルコは、2021年F1第2戦エミリア・ロマーニャGP後、アルファタウリ・ホンダの角田裕毅の週末を振り返り、予選のクラッシュは「愚かなミス」だったと苦言を呈した。  アルファタウリ・ホンダは週末を通して速さを発揮しており、ピエール・ガスリーは予選5番手を獲得した。しかし角田はQ1の最初のラップでクラッシュし、マシンを壊してしまい、タイムを記録することができなかった。ウエットからドライへと変化するコンディションとなった決勝を、グリッド最後尾からスタートした角田は、一時は入賞圏内に浮上したが、スピンを喫して後退、トラックリミット違反によるタイムペナルティも受け、最終結果は12位にとどまった。...
Apr
20
 MotoGPにマルク・マルケス(レプソル・ホンダ・チーム)が帰ってきた。第3戦ポルトガルGP、9カ月ぶりに挑んだ決勝レースで、マルケスは7位でフィニッシュを果たした。少しずつ確実に、マルケスはMotoGPライダーに戻ってきた。    マルケスは2020年7月のスペインGP決勝レースで転倒し右上腕骨を骨折。2020年中に3度の手術を受け、2021年シーズンは公式テストから第2戦ドーハGPまで欠場を決断していた。   「そわそわしているよ。いつもとは違う」と、木曜日の記者会見でマルケスは語った。マルケスと言えど、さすがに9カ月ぶりのレース復帰は緊張をともなうものだと思わせる言葉だった。けれどそのあと「それ(緊張)はフリー走行1回目が終わるころにはなくなるだろうけれどね」と続けたところがマルケスらしい。 「この週末は特に目標はない、とチームスタッフに言った。僕は以前と同じマルクじゃないだろう。時間が必要なんだ。僕はまだ、身体的にも、メンタル的にもリハビリの途中だ。でも、ここに来られてうれしいし、バイクに乗るのが待ちきれないよ」...
asimg_2021T18inch4-Ham-Merc9_c3607f50e58d71e-660x440.jpg
Apr
20
 F1タイヤサプライヤーのピレリは、今週、イタリア・イモラにて、メルセデスの協力のもと、2022年用18インチタイヤ開発テストを実施している。初日となる4月20日はルイス・ハミルトンが周回を重ねた。  2022年にF1は、現在13インチに定められているホイール径を18インチへと変更することを決めている。そのための開発テストが今年10回予定されており、これまでにフェラーリとアルピーヌが担当、4回目となる今回のテストにメルセデスが登場した。メルセデスは、第2戦エミリア・ロマーニャの会場イモラに残り、20日と21日に走行を行う。 ....
asimg_OGAH3560_36607ee4bb62ce5-660x440.jpg
Apr
20
 GRスープラ勢が上位を独占するという.は、パドックの大方の予想とは違うものだった。約1カ月前に同じ岡山で行われた公式テストでは、「ややNSXが有利、僅差でGRスープラ、その後にGT-R。ただし、3車の差は昨年より接近」といった印象だった。 「本番で急に速くなる」のは、どちらかと言うとホンダのお家芸だったが(とくに2018年)、今回はトヨタがそれをやってきたかたちだ。Q1でトヨタ勢が上位を固め、ホンダのブリヂストン装着車3台、GT-R全車が敗退と、完全に真っ二つに分かれている。  予選結果だけ見ると『GRスープラの圧倒』だが、テスト時の雰囲気からそこまでアドバンテージがあったようには見えなかった。昨年同時期の岡山公式テストでは、全セクターでNSXがベストタイムを刻み、なおかつシーズンインしてからも、「GRスープラはハイダウンフォースコースに弱点あり」と見られていた。...
asimg_Fourmaux_4_8e607eb87665b55-660x440.jpg
Apr
20
 第2戦アークティック・ラリー・フィンランドから約2カ月のインターバルを経て、2021年シーズンのWRC世界ラリー選手権がクロアチアで再開される。4月22~25日に行われるこの第3戦を前に、最高峰クラスに参戦するMスポーツ・フォード、ヒュンダイ、トヨタの各陣営から今戦に出場するドライバーたちの事前コメントが発表された。  新型コロナウイルスの影響を受けて2020年に引き続き、欧州を中心に開催されている今季のWRC。ラリー競技の最高峰であるこのシリーズの1戦として初めて開催されるのが今週末の『クロアチア・ラリー』だ。  今シーズン初めて純粋なフルターマックで争われるこのラリーは、スロバキアとの国境に近い首都ザグレブを中心に展開され、拠点となるサービスパークは中心部のメドヴェドグラード地区に置かれる。  クロアチア・ラリーのそのものは1974年に初開催され、一時はERCヨーロッパ・ラリー選手権にも組み込まれるなど国際的なイベントとして実施されてきた歴史を持つ。...
asimg_Photo02_P53_03_26607592bb00e58-660x440.jpg
Apr
20
 モータースポーツの「歴史」に焦点を当てる老舗レース雑誌『Racing on』と、モータースポーツの「今」を切り取るオートスポーツweb。両者がコラボしてお届けするweb版『Racing on』がスタートしました。  web版『Racing on』では、記憶に残る数々の名レーシングカー、ドライバーなどを紹介していきます。第4回のテーマは、ル・マン総合優勝を狙い開発されたホンダNSX GT1です。 * * * * * *  かつてはずっとNAエンジンを搭載し、全日本GT選手権およびスーパーGTを戦っていたホンダNSX(2000年代中盤を除く)。  現在では、スーパーGT GT500のレギュレーションもあり、NSXはターボエンジンを積んでおり、その姿はもう違和感のないものになっているが、1990年代にもまだ現在に至るGTマシンの黎明期と言える時代にNSXはターボを搭載し、世界の頂点に挑戦したことがあった。そのマシンがNSX GT1だ。...
369274e0-6b59-11e9-b7d5-9638211c1b24
Apr
20
Filed under: .,. We're playing F1 2019 today. .