RacingMall.Com | Shopping mall for Racing cars.

The Shopping mall of Racing cars performance parts.

Mar
29
 3月29日、史上初となるMotoGPバーチャルレースの第1戦イタリアGPが行われ、アレックス・マルケス(レプソル・ホンダ・チーム)が優勝を飾った。  マルク・マルケス(レプソル・ホンダ・チーム)、アレックス・マルケス(レプソル・ホンダ・チーム)、マーベリック・ビニャーレス(モンスターエナジー・ヤマハMotoGP)、ファビオ・クアルタラロ(ペトロナス・ヤマハSRT)、アレックス・リンス(チーム・スズキ・エクスター)、ジョアン・ミル(チーム・スズキ・エクスター)、フランセスコ・バニャイア(プラマック・レーシング)、ミゲール・オリベイラ(レッドブルKTMテック3)、イケル・レクオーナ(レッドブルKTMテック3)、アレイシ・エスパルガロ(アプリリア・レーシング・チーム・グレシーニ)といった10名の現役MotoGPライダーが参加したMotoGPバーチャルレース。...
Mar
29
 テスト中止、レースの順延……。新型コロナウイルスの感染拡大防止のために、大きな影響を受けている国内モータースポーツ界。スーパーGT、スーパーフォーミュラ、ピレリスーパー耐久シリーズと延期になり、SFテストこそコースサイドでの観覧ができましたが、レースロスになっているファンの皆さんも多いのではないでしょうか。  2020年から、スーパーGT GT500クラスではDTMドイツ・ツーリングカー選手権との共通車両規定『クラス1』が導入され、15台全車がニューマシンとなりますが、全車がすべて集まったのは3月14〜15日の岡山公式テストでした。  無観客開催ということもあり、その際に全車のカラーリングをいち早くお届けしようと掲載した記事『2020スーパーGT岡山公式テスト 走行全車総覧【GT500クラス】』は、多くのアクセスを集めることになり関心の高さが感じられましたが、その後予定されていた富士公式テストも無観客開催から中止となってしまいました。...
0132-660x440.jpg
Mar
29
 アメリカでも感染者が急増しているなか、インディカー・シリーズは3月28日、ドライビングシミュレーターのiRacingを使ったバーチャルレースを開催。25台によるレースをセージ・カラム(DRRウィックス・フィルター・シボレー)が優勝を飾った。  このバーチャルレースは、レースが順延となったインディカー・シリーズが主催し、ドライビングシミュレーターのiRacingを使い、オンラインで実際のドライバーたちが戦うというもの。今季から採用されるエアロスクリーンを備えたマシンにカラーリングも実際のものを使い、ワトキンスグレンを舞台に。さらに、アメリカ赤十字社がレースの冠スポンサーとなり、『アメリカン・レッドクロス・グランプリ・アット・ワトキンスグレン』と題された。...
Mar
29
 3月29日の日本時間22時から史上初となる『MotoGP Virtual Race(MotoGPバーチャルレース)』をMotoGPオフィシャルウェブサイトのmotogp.comが開催する。使用されるのは2019年版のMotoGPオフィシャルテレビゲーム『MotoGP19』だ。  新型コロナウイルスの影響により、現時点で5月15~17日のフランスGPまでロードレース世界選手権の開催延期が決定している。それにより多くのMotoGPファンがスポーツやエンターテインメントを逃しているため、この困難な生活状況に希望を取り戻すことが目的でバーチャルレースが開催される。  初開催のバーチャルレースにエントリーしているのは、マルク・マルケス、アレックス・マルケス、マーベリック・ビニャーレス、ファビオ・クアルタラロ、アレックス・リンス、ジョアン・ミル、フランセスコ・バニャイア、ミゲール・オリベイラ、イケル・レクオーナ、アレイシ・エスパルガロといった10名の現役MotoGPライダーだ。...
Mar
28
 ペトロナス・ヤマハSRTのファビオ・クアルタラロは、MotoGP再開を待ちながら家で過ごす日々を、どのように充実させて適応しようとしているのだろうか、インタビューで現在の状況を語っている。 ————————————- ――調子はどうですか、そして今どこにいますか? クアルタラロ:僕は元気だよ。アンドラ公国にある自宅でトレーニングをしている。状況はヨーロッパの他の地域と少し似ていると思う。完全に隔離されているわけではないけれど、外出をなるべく控えて家で安全に過ごしているよ。  シーズンがいつスタートになるのかは分からない。でも当然だけど、最初のレースがいつになろうと、体力をつけて100パーセント準備を整えておく必要がある。だからハードなトレーニングをしているし、もちろんシーズンが始まるのを楽しみにしている。 ――どのようなトレーニングをしていますか?...
Mar
28
 マクラーレンF1チームは、モータースポーツの活動が中断を余儀なくされているなか、ファンと交流するための“楽しくて創造的な”方法を模索していると、CEOのザック・ブラウンは述べている。  コロナウイルス感染症のパンデミックのために、3月23日にはアゼルバイジャンGPの延期が発表され、2020年第8戦までが中止あるいは延期されることが決まっている。また、6月14日のカナダGP以降が予定どおり開催されるかどうかも定かではない。  F1のCEOを務めるチェイス・キャリーは、F1世界選手権が“夏のある時点で”再開することを期待していると発言、マクラーレンのブラウンもその見通しに同意している。 「マクラーレンは他のすべてのチーム、F1、およびFIAと非常に緊密に連携している。レースへ行けるほど、世界がより安全な状況になったときのために、できることのすべてを行っていることを知っていてほしい。レースを行うときには、スケジュールをできる限り維持できることを期待している」とブラウンは、自宅での自己隔離中に撮影した映像のなかで語った。...
16Williams-Headquarter-XPB1-660x440.jpg
Mar
28
 イギリスを拠点とするF1の7チームは、国内の新型肺炎COVID-19の患者の治療に必要な人工呼吸器のメーカーを支援するために協力体制をとっている。  この団結した取り組みは『プロジェクト・ピットレーン』と呼ばれており、命を救う重要な医療機器の供給支援を求めるイギリス政府からの呼びかけに直接応えるものだ。  イギリスに拠点を持つメルセデス、レッドブル、マクラーレン、ルノー、レーシングポイント、ハース、ウイリアムズの7チームが、イギリスの人工呼吸器不足に対処するために、各チームのエンジニアリングリソースをまとめている。...
Mar
28
 開幕戦オーストラリアGPの中止をはじめ、第2戦バーレーンGP以降も延期(もしくは中止)が相次いでいる2020年のF1。新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大は、いまやアジアよりもヨーロッパやアメリカが深刻な状態だ。  世界が封鎖され、行き来が制限されていることを踏まえればカレンダーの大幅変更はやむを得ない。今季はF1史上最多となる年間22戦が予定されていたが、日本時間3月23日時点で少なくともシーズン序盤の1/3は何かしらの修正を余儀なくされている。  メルボルンでは金曜日フリープラクティス1回目の開始直前に、急きょグランプリの中止を決定・発表したことにより多くの非難を浴びたF1だが、それから1週間も経たないうちに彼らはさまざまな措置を講じてきた。...
4feb97c0-4c08-11e9-9e75-0b03f75a7318
Mar
28
Filed under: .,. General Motors Co has reached a $120 million settlement with owners who claimed that their vehicles lost value because of defective...