RacingMall.Com | Shopping mall for Racing cars.

The Shopping mall of Racing cars performance parts.

asimg_01_8f647b1a08bda27-660x440.jpg
Jun
03
 スーパーGT第3戦鈴鹿のGT500で今季初ポールポジションを獲得した24号車リアライズコーポレーションADVAN Zが、予選後の車検で不合格となり、予選最下位となることが正式結果にて明らかになった。その車検不合格となった理由は、『ガスパック違反』チームの見解とともに、GT500で自身2度目のポールが幻となったしまった平手晃平にも話を聞いた。  今季これまでの2戦で思うような結果を残せていなかった24号車リアライズZ。昨年の第7戦オートポリス以来、そして平手晃平にとっては7年ぶりのポール獲得がセッション後の車検不合格で幻となってしまった。  その失格の理由は『GT500テクニカルレギュレーション1.6.1「ガスバック容量違反」』。GT500の最大ガソリン搭載量は最大100リッターとなっているが、基本的にどのメーカーもガソリンタンクは100リッターよりも大きめのもの搭載しており、規定の100リッターに合わせるためにガソリンタンク内にピンポン玉のようなプラスチックの素材をチームごとに入れて容量を調整している。...
asimg_XPB_1210948_1200px_9b647b2cf4e3d85-660x441.jpg
Jun
03
 2023年F1第8戦スペインGPのフリー走行3回目が行われ、マックス・フェルスタッペン(レッドブル)がトップタイムをマークした。2番手はセルジオ・ペレス(レッドブル)、3番手はルイス・ハミルトン(メルセデス)となっている。角田裕毅(アルファタウリ)は9番手だった。  現地時間12時半のセッションスタートを前に、スタンド席では観客が雨具を用意する様子が見られた。降水確率は80%で、風も強く、セクター3の方角には黒い雨雲が立ち込めていて稲光も見える。雨が降る前にできるだけ周回を重ねようと、開始直後から全20台がコースへ出て行く。タイヤはほとんどがソフトで、フェラーリとアルピーヌの2チーム4台がミディアムを履いていたがすぐにソフトに履き替えた。  フェルスタッペンはいきなり1分13秒664とFP2でマークしたタイムを上回り、僚友ペレスも0.250秒差で2番手に続く。各車積極的に走行する一方で、ドライバーには雨の情報が随時伝えられた。...
asimg_R6_26293_63647b1411a77c9-660x440.jpg
Jun
03
 6月3日、三重県の鈴鹿サーキットで2023スーパーGT第3戦『SUZUKA GT 450km RACE』の公式予選が行われ、GT300クラスはSUBARU BRZ R&D SPORT(井口卓人/山内英輝)がポールポジションを獲得した。  シーズン3戦目を迎えた2023年のスーパーGTは、台風2号接近の影響で金曜搬入日は雨に見舞われてしまったが、明けた土曜予選日は朝から晴天に恵まれ、午前中の公式練習を経てから予選セッションが幕を開けた。 ■Q1A組:今季デビューのapr LC500h GTがトップ通過  当初のスケジュールでは15時05分にGT300A組が開始になるはずだったスーパーGT第3戦鈴鹿の公式予選。しかし直前に行われたFIA-F4のレースがオイル処理によりディレイしたため、スーパーGTの予選は定刻から20分遅れとなる15時25分から10分間のGT300A組セッションが開始された。...
asimg_02_c4647b1a0acee89-660x440.jpg
Jun
03
 6月3日、三重県の鈴鹿サーキットで開催されているスーパーGT第3戦鈴鹿は公式予選が行われたが、公式予選後の車検の結果が公式通知No.30として出され、GT500クラスで公式予選トップタイムをマークしていたリアライズコーポレーション ADVAN Zの検査結果が不合格となった。そのため、予選ポールポジションはau TOM’S GR Supraとなった。  リアライズコーポレーション ADVAN Zは6月3日に行われた公式予選で、Q1を佐々木大樹が突破すると、Q2で平手晃平が1分44秒320をマーク。予選トップタイムをマークした。しかし、大会審査委員会は19時付けでノックアウト予選後の車検結果を発表したが、ここでリアライズコーポレーション ADVAN Zの車検結果が不合格となった。...
asimg_23R08SpaFr-Ham-Merc2_8c647add8991a86-660x429.jpg
Jun
03
 2023年F1スペインGPの金曜、メルセデスのルイス・ハミルトンはフリー走行1=12番手/2=11番手、ジョージ・ラッセルはフリー走行1=10番手/2=8番手だった。前戦モナコで大規模なマシンアップグレードを行ったメルセデスは、スペインではサイドポッド・インレットとディフューザーに変更を加えている。 ■ルイス・ハミルトン(メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム) フリー走行1=12番手(1分15秒845:ソフトタイヤ/29周)/2=11番手(1分14秒549:ソフトタイヤ/31周) ....
Jun
03
 2023スーパーGT第3戦『SUZUKA GT 450km RACE』が三重県の鈴鹿サーキットで開催され、6月3日に行われた公式予選Q1は、GT500クラスは19号車WedsSport ADVAN GR Supra(国本雄資/阪口晴南)がトップタイム。GT300クラスA組は31号車apr LC500h GT(嵯峨宏紀/小高一斗/根本悠生)、B組は50号車ANEST IWATA Racing RC F GT3(イゴール・オオムラ・フラガ/古谷悠河/小山美姫)がそれぞれトップタイムを記録した。 ■2023スーパーGT第3戦鈴鹿 GT500予選Q1暫定結果(編集部集計) Pos. No. Team Car Driver Tire SW Time Laps
1​
19​
TGR TEAM WedsSport BANDOH WedsSport ADVAN GR Supra 国本雄資/阪口晴南
YH​
4kg...
asimg_OGA22531_d0647aecf350183-660x440.jpg
Jun
03
 2023スーパーGT第3戦『SUZUKA GT 450km RACE』が三重県の鈴鹿サーキットで開催され、6月3日に行われた公式予選Q2で、GT500クラスは24号車リアライズコーポレーション ADVAN Z(佐々木大樹/平手晃平)がポールポジションを獲得した。2番手には36号車au TOM’S GR Supra(坪井翔/宮田莉朋)、3番手には19号車WedsSport ADVAN GR Supra(国本雄資/阪口晴南)が続く結果になった。  GT300クラスは61号車SUBARU BRZ R&D SPORT(井口卓人/山内英輝)が最速タイムを記録しクラスポールポジションを獲得。2番手には11号車GAINER TANAX GT-R(富田竜一郎/石川京侍/塩津佑介)、3番手には60号車Syntium LMcorsa GR Supra GT(吉本大樹/河野駿佑)が続いている。 ■2023スーパーGT第3戦鈴鹿 GT500予選Q2暫定結果(編集部集計) Pos. No. Team Car Driver Tire SW...
asimg_23R08SpaFr-deV-AT2_50647af2a55c670-660x440.jpg
Jun
03
 2023年F1スペインGPの金曜、スクーデリア・アルファタウリのニック・デ・フリースはフリー走行1=4番手/2=16番手だった。今回、アルファタウリは、リヤウイングとリヤウイングのエンドプレートのアップグレードを導入している。 ■ニック・デ・フリース(スクーデリア・アルファタウリ) フリー走行1=4番手(1分15秒504:ソフトタイヤ/27周)/2=16番手(1分14秒785:ソフトタイヤ/33周) . 2023年F1第8戦スペインGP ニック・デ・フリース(アルファタウリ)...
asimg_OGA20680_32647b0977db60e-660x440.jpg
Jun
03
 台風一過で迎えた2023年スーパーGT第3戦、6月3日土曜日のGT500クラス公式予選はQ1で2番手タイムの佐々木大樹、そしてQ2を担当し待機の末の“1アタック”に賭けた平手晃平の24号車リアライズコーポレーション ADVAN Zが今季初ポールポジションを獲得。3番手となった19号車WedsSport ADVAN GR Supraとのヨコハマタイヤ対決も制し、近年はここ鈴鹿を得意としてきたニッサン陣営内“最後の1台”が、明日の450km決勝に向け視界良好の最前列グリッドを得た。  前日に列島を襲った台風2号とそれに伴う梅雨前線の影響で、金曜搬入日は近畿東海のみならず、全国的な豪雨被害に見舞われた。ここ三重県でも南部を中心に線状降水帯が発生したが、予選日の三重県鈴鹿市近辺は夜半までに雨が上がる状況に。早朝のサポートレースこそ路面に残るウエットパッチの影響で赤旗が続出したものの、5分遅れで開始されたGTの公式練習は、ほぼドライ路面のコンディションとなった。...
asimg_23R08SpaFr-Sai-SUT4_d0647ac18bea7d3-660x440.jpg
Jun
02
 2023年F1スペインGPの金曜、フェラーリのシャルル・ルクレールはフリー走行1=8番手/2=6番手、カルロス・サインツはフリー走行1=9番手/2=7番手だった。  今回フェラーリはSF-23にサイドポッド、フロアエッジなどのアップデートを入れている。FP1ではルクレールが従来のエアロパッケージ、サインツが新パッケージで走り、比較テストを行った。FP2ではルクレール車にもアップデート版エアロパッケージが搭載され、2台が同じ仕様で走行した。  チーム代表フレデリック・バスールは、大きく変更したサイドポッドを含む今回のアップグレードについて、「最初の感触は良かった」と語った。 「変化であることは間違いないが、新しいマシンというわけではない。一歩前進し、今後の開発のための扉を開いた。しかし完全な変更ではない」...