RacingMall.Com | Shopping mall for Racing cars.

The Shopping mall of Racing cars performance parts.

asimg_WRC_2020_Rd.4_125_c45f5315be2954f-660x440.jpg
Sep
04
 WRC世界ラリー選手権第4戦エストニアの競技初日となった9月4日、エストニア南部のタルトゥでSS1が行われ、TOYOTA GAZOO Racing WRTはセバスチャン・オジエ(トヨタ・ヤリスWRC)がトップと同タイムの総合2番手、エルフィン・エバンス(トヨタ・ヤリスWRC)が総合5番手、カッレ・ロバンペラ(トヨタ・ヤリスWRC)が総合8番手につけた。  3月に行われた第3戦メキシコ以来、約半年ぶりに再開されたWRCの2020年シーズン。新型コロナウイルスによるシーズン中断からのリスタートが切られる舞台は、今季初めてWRCのカレンダーに加わったラリー・エストニアだ。  このラリー・エストニアは高速グラベル(未舗装路)ラリーとして知られ、隣国フィンランドのステージと似たキャラクターを持つ。そのため、トヨタは事前にテストを行いエストニアに向けたヤリスWRCの最適化を実施してきた。 「前戦からの休みの間に、チームはクルマのパフォーマンスを詳細に調査し、性能を全体的に強化するために開発を行った」と語るのは、テクニカルディレクターを務めるトム・フォウラー。...
asimg_02_OGAH6498_e15f508376d709b-660x440.jpg
Sep
04
 2020年シーズンの全日本スーパーフォーミュラ選手権の年間エントリーにおいて、ルーキーはサッシャ・フェネストラズ(KONDO RACING)、タチアナ・カルデロン(Threebond Drago CORSE)、ユーリ・ビップス(TEAM MUGEN)、セルジオ・セッテ・カマラ(Buzz Racing Team with B-Max)、シャルル・ミレッシ(Buzz Racing Team with B-Max)、大湯都史樹(TCS NAKAJIMA RACING)の6名。だが、ビップス、セッテ・カマラ、ミレッシが今大会は参戦できなかったため、代役として笹原右京(TEAM MUGEN)、名取鉄平(Buzz Racing Team with B-Max)の2名が第1戦のエントリーリストに名を連ねた。...
asimg_XPB_1054482_1200px_1a5f53066100186-660x439.jpg
Sep
04
 2020年F1第7戦ベルギーGPでは近年稀に見る大ブレーキとなったフェラーリ。その走りは母国グランプリとなった今週の第8戦イタリアGPでもいまだ戻らず、初日を終えた段階での順位はシャルル・ルクレールが9番手、セバスチャン・ベッテルは12番手だった。  金曜日の記者会見では、ドイツ人記者からこんな質問がチーム代表のマッティア・ビノットに飛んだ。 「フェラーリは依然として苦しんでいますが、どちらかといえば、ここ数戦はベッテルのほうがより問題を抱えているように思います。第6戦スペインGPではシャシーを新しくしましたが、それも功を奏していません。なぜ、ベッテルのほうが問題が大きいのでしょうか。それとも、ふたりの差はドライバーによるものなのでしょうか?」  するとビノットは、その理由はマシンにあるのではなく、ドライバーにあるかのような問題発言を行った。...
asimg_02_RallyChallengeProgram_2019_Central_006_b25f50b983d932c-660x440.jpg
Sep
04
 8月19日、WRCラリージャパンの今季開催中止が発表された。8月に入っても新型コロナウイルスのパンデミックが収束せず、スタートまで3ヵ月となったタイミングで苦汁の決断を迫られた形だ。ラリージャパン2020実行委員会の高橋浩司会長は、中止決定の理由を次のように説明する。 「WRCに携わるドライバーやチームクルーなど、多くの外国人関係者の来日の目処が立たないことが、最大にして唯一の理由です。来年には東京オリンピックが控えており、政府はスポーツ選手や関係者に対して特別な措置を検討しているようです。しかし、ラリージャパンは少なくとも300人の外国人を迎えなくてはならず、そこまで大規模なイベントに対応する措置を11月までに整えることは困難だと判断しました」  8月19日は、名古屋の中心部で予定されていたセレモニアルスタートの3ヵ月前にあたり、高橋会長は以前からその日を最終決定のタイミングと考えていたという。...
asimg_20R08ItaFr-Gas-AT3_3c5f52f748c2022-660x440.jpg
Sep
04
 2020年F1イタリアGPの金曜、スクーデリア・アルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリーはフリー走行1=6番手/2=4番手だった。  ガスリーはFP1で27周を走行し1分21秒667(ミディアムタイヤ)、FP2では25周のなかで1分21秒121(ソフトタイヤ)をマークした。ガスリーはFP2でレッドブルを上回り、ホンダのパワーユニット(PU/エンジン)搭載車のなかで最上位だった。  FP2セッション終盤、ダンパーの小さな問題が発覚したことで走行を切り上げた。FP1ではターン11で1回、トラックリミット違反でタイムを抹消されている。 ....
asimg_z02_395f52e29270158-1280x854.jpg
Sep
04
 日産自動車は、9月16日9時30分から、オンラインで『Power of Z』と題し、フェアレディZプロトタイプのオンライン公開イベントを開催する。クルマ好きが待ち望んだ新型フェアレディZの姿をうらなう非常に楽しみなイベントだが、モータースポーツ界にとっても重要なイベントになりそうだ。なぜなら、すでにサーキットでは新型フェアレディZのベース車両としての可能性が噂されているからだ。  フェアレディZは、1969年に初代のS30が登場して以降、サーキットやラリーなどモータースポーツ界でも活躍している。特に高い人気を誇る北米では、S130〜Z32がIMSAで大活躍。多くのチャンピオンを獲得している。  国内でも、2002年から発売されたZ33がスーパーGT GT500クラス/GT300クラスでベース車両として活躍したほか、スーパー耐久でも愛用され、現行の6代目にあたるZ34はいまもピレリスーパー耐久シリーズで現役として活躍している。  そんなフェアレディZの新型は、2020年にスタートした2023年度までの4カ年計画『NISSAN...
asimg_20R08ItaFr-Ver-XPB2b_9f5f52ce18708d1-660x440.jpg
Sep
04
 真夏の高速3連戦の第2ラウンドは、モンツァが舞台の第8戦イタリアGPだ。このサーキットの特徴は、なんと言ってもシリーズのなかで最も高速だということ。  昨年のポールポジションを獲得したシャルル・ルクレール(フェラーリ)の平均時速は時速262.962kmで、メインストレートエンドでの最高速度も時速349.7kmだった。これはいずれも昨シーズン全21戦中、最高値。1週間前のベルギーGPのポールタイムの平均時速が時速249.026kmで、ケメル・ストレートエンドの最高速がダニール・クビアト(アルファタウリ・ホンダ)の時速336.8kmだったことを考えると、スパとモンツァは似て非なるものだというのがわかる。  したがって、このイタリアGPにはモンツァのためだけに開発された特別仕様となるローダウンフォース・パッケージが投入されることが多い。  レッドブル・ホンダもそのスペシャルパッケージを投入し、金曜日のフリー走行でふたりのドライバーによって試されていた。それは、どこまでダウンフォースを削ればいいかの確認だ。...
asimg_DSC07715_2_05f52f1d63dafd-660x440.jpg
Sep
04
 9月4日、約半年にわたって中断されていた2020年シーズンのWRC世界ラリー選手権がエストニアで再開され、この第4戦の競技初日に行われたSS1でエサペッカ・ラッピ(フォード・フィエスタWRC)と、セバスチャン・オジエ(トヨタ・ヤリスWRC)が同タイムを記録し、ラリー1日目のトップに立っている。    新型コロナウイルス・パンデミックの影響で3月の第3戦メキシコ以降、シーズンの中断を余儀なくされていたWRCが約半年ぶりに再開された。その舞台となったのはバルト三国のひとつであるエストニアだ。    WRCのイベントとしては初開催となったラリー・エストニアは南部の都市タルトゥを中心に展開され、競技初日となった4日はそのタルトゥの街はずれに設定されたショートコースでSS1が行われた。    全長1.29kmのこのステージで最速タイムをマークしたのは隣国フィンランド出身のラッピで、タイムは1分17秒0。これに選手権リーダーとしてエストニアに乗り込んできたオジエがまったくの同タイムで並んだ。...
Sep
04
 9月4日、約半年にわたって中断されていた2020年シーズンのWRC世界ラリー選手権がエストニアで再開され、この第4戦の競技初日に行われたSS1でエサペッカ・ラッピ(フォード・フィエスタWRC)と、セバスチャン・オジエ(トヨタ・ヤリスWRC)が同タイムを記録し、ラリー1日目のトップに立っている。 ■WRC世界ラリー選手権第4戦エストニア SS1後暫定結果 Pos. No. Driver Machine Gap
1​
4​
E.ラッピ フォード・フィエスタWRC
1’17.0​
2​
17​
S.オジエ トヨタ・ヤリスWRC
+0.0​
3​
8​
O.タナク ヒュンダイi20クーペWRC
+0.1​
4​
...
asimg_20R08ItaFr-Alb-XPB1_95f52defd5a9f1-660x440.jpg
Sep
04
 2020年F1イタリアGPの金曜、レッドブル・ホンダのアレクサンダー・アルボンはフリー走行1=3番手/2=14番手だった。  アルボンはFP1で30周走行し1分21秒500、FP2では36周を走りこむなかで1分21秒883を、それぞれソフトタイヤで記録した。FP1ではターン11で2回、FP2でもターン11で2回、トラックリミット違反でタイムを抹消された。このなかにはFP2での自己ベストラップだった1分21秒531も含まれている。 . 2020年F1第8戦イタリアGP アレクサンダー・アルボン(レッドブル・ホンダ) ■アストンマーティン・レッドブル・レーシング...
asimg_20R08ItaTh-Ver-RBR2_255f52ce4eee38f-660x440.jpg
Sep
04
 2020年F1イタリアGPの金曜、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンはフリー走行1=5番手/2=5番手だった。  フェルスタッペンはFP1で22周を走行し1分21秒641、FP2で30周のなかで1分21秒228をそれぞれソフトタイヤでマークした。  FP1ではアスカリでスピンを喫し、バリアにヒット、フロントウイングにダメージを負うアクシデントがあった。自力でピットに戻ったフェルスタッペンは、修理の後、セッション終盤にコースに復帰することができた。FP2ではターン11で2回、トラックリミット違反でタイムを抹消されている。 ....
asimg_20R08ItaFr-Ver-XPB1_15f52b5c5e3169-660x440.jpg
Sep
04
 2020年F1イタリアGPの金曜、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンはフリー走行1=5番手/2=5番手、アレクサンダー・アルボンはフリー走行1=3番手/2=14番手だった。スクーデリア・アルファタウリ・ホンダのダニール・クビアトはフリー走行1=4番手/2=7番手、ピエール・ガスリーはフリー走行1=6番手/2=4番手という結果だった。  フェルスタッペンはFP1で1分21秒641、FP2で1分21秒228をマーク。FP1ではアスカリでスピンを喫し、フロントウイングにダメージを負うアクシデントがあった。自力でピットに戻ったフェルスタッペンは、修理の後、セッション終盤にコースに復帰することができた。FP2ではターン11で2回、トラックリミット違反でタイムを抹消されている。...
d8137220-eef6-11ea-bfbf-006d1c1bc990
Sep
04
Filed under: .,. Two American men accused of smuggling Nissan Motor Co. Chairman Carlos Ghosn out of Japan while he was awaiting trial on financial...