RacingMall.Com | Shopping mall for Racing cars.

The Shopping mall of Racing cars performance parts.

asimg_ST1000_R_1takahashi_f5f670f2e714e9-660x440.jpg
Sep
20
 9月20日に大分県のオートポリスで行われた、2020年MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ第3戦スーパーバイクレース in 九州のST1000クラス決勝レースを終え、表彰台に登った高橋裕紀(日本郵便HondaDream TP)、名越哲平(MuSASHi RT HARC-PRO)、岩戸亮介(Vamos Racing with A-TEC)が戦いを振り返った。 ■高橋裕紀/日本郵便HondaDream TP(優勝) . 全日本ロードレース選手権第3戦オートポリスST1000クラス:優勝した高橋裕紀(日本郵便 HondaDream TP)...
asimg_p12_95f6700aae870d-1280x854.jpg
Sep
20
プレスインフォメーション 2020年9月20日 ポルシェカレラカップジャパン 2020 第8戦(もてぎ)決勝レポート ポルシェジャパン株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長:ミヒャエル・キルシュ)とポルシェカレラカップジャパン(PCCJ)委員会は、ポルシェカレラカップジャパン 2020シリーズ第8戦決勝を、ツインリンクもてぎ(栃木県)で2020年9月20日(日)に開催しました。 天候:雨 路面:ウエット 気温:22度 路面:25度(レーススタート時)  20日(日)は朝から厚い雲がツインリンクもてぎの上空を覆い、PCCJ第8戦が開催される直前には小雨がパラついてくる。そのような状況下、各車は前日の19日(土)に行われた予選で記録されたセカンドベストタイムで決定したグリッドに整列していく。ポールポジションは第7戦に引き続き#24 近藤翼が獲得し、2番手はPCCJ ジュニアプログラムドライバーの#20 石坂瑞基、3番手は#60 小河諒、4番手は第7戦で優勝を飾った#31 上村優太が続く。プロアマクラスのポールポジションは#77...
asimg_rd4-4_a5f6703261854b-1280x853.jpg
Sep
20
Arnage Racing 2020 SUPER GT Race report SUPER GT Rd.4「FUJIMAKI GROUPもてぎGT300km」  コロナ禍のために例年とは少しイレギュラーなスケジュールとなっている今シーズン、迎える第4戦は「FUJIMAKIGROUPもてぎGT300km」  残暑の残るもてぎは、晩秋の開催となる例年とは全く違う気候が予想される。また、ストップアンドゴーが特徴のツインリンクもてぎでのあまり経験のない300kmレースとあって、ブレーキへの負担が懸念されるため、ファクトリーではブレーキ関係の整備を中心に入念なメンテナンスを施し、レースに備えていた。 公式練習  週間天気は週末に傘マークが並ぶ気がかりな予報。公式練習もスタート時にはウエット宣言が出ていたため山下選手がレインタイヤでコースに出た。しかし、路面は次第にドライに変わり、ドライタイヤに履き替えて、加納、山下両選手が交代しながら、時間いっぱいを使ってマシンのフィーリングを確かめた。...
asimg_p02_ea5f66f795016e1-1280x853.jpg
Sep
20
プレスインフォメーション 2020年9月19日 ポルシェカレラカップジャパン 2020 第7戦(もてぎ)決勝レポート ポルシェジャパン株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長:ミヒャエル・キルシュ)とポルシェカレラカップジャパン(PCCJ)委員会は、ポルシェカレラカップジャパン 2020シリーズ第7戦決勝を、ツインリンクもてぎ(栃木県)で2020年9月19日(土)に開催しました。 天候:曇り 路面:ドライ 気温:22度 路面:24度(レーススタート時)  2013年シーズン以来7年ぶりにツインリンクもてぎで開催されるポルシェカレラカップジャパン(PCCJ)は、タイプ991 GT3 CupでのPCCJ戦も初めてとなる。午前中の予選でポールポジションを獲得したのは現在ランキングトップの#24 近藤翼で、2番手は#60 小河諒、3番手はPCCJ ジュニアドライバーの#20 石坂瑞基、4番手は#31 上村優太。プロアマクラスのクラスポールポジションは#25 内山清士、アマクラスのクラスポールポジションは#15...
Sep
20
 9月20日、2020年MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ第3戦スーパーバイクレース in 九州のST1000クラス 決勝が大分県のオートポリスで行われ、高橋裕紀(日本郵便HondaDream TP)が優勝した。  2位は名越哲平(MuSASHi RT HARC-PRO)、3位は岩戸亮介(Vamos Racing with A-TECH)が表彰台を獲得している。 ■2020全日本ロードレース選手権第3戦オートポリス ST1000クラス 決勝順位結果(14周) 天候:晴れ/20度 路面:ドライ Pos. No. Rider Team Motorcycle Time/Gap
1​
23​
高橋裕紀 日本郵便HondaDream TP ホンダCBR1000RR-R
26’05.374​
2​
634​
名越哲平 MuSASHi RT HARC-PRO ホンダCBR1000RR-R...
Sep
20
 9月20日に行われた全日本ロードレース選手権第3戦オートポリスのST1000クラスは、高橋裕紀(日本郵便 HondaDream TP)が優勝を飾った。  秋らしい空気に包まれたオートポリス。好スタートを切ってレースをリードしたのは高橋。2番手につけたのはスポット参戦の岩戸亮介(Vamos Racing with A-TEC)。その後ろには名越哲平(MuSASHi RT HARC-PRO)がつけ、3台でトップ集団が形成される。  高橋はファステストラップを連発してトップ独走状態に移行。同時に岩戸と名越の2位争いが激化する。  レース終盤。高橋は後続に5秒もの大差を開いた。名越も岩戸を引き離して2位単独走行に。  最終的に高橋は7秒もの大差で2連勝。次いで名越、岩戸の順でゴールした。
.
Sep
19
 WEC世界耐久選手権第7戦・第88回ル・マン24時間耐久レースは現地時間9月20日6時30分(日本時間9月20日14時30分)にレーススタートから3分の2となる16時間を終えた。スタートからレースをリードしていた7号車トヨタTS050ハイブリッド(マイク・コンウェイ/小林可夢偉/ホセ-マリア・ロペス)は12時間過ぎにターボトラブルが起き後退。8号車トヨタTS050ハイブリッド(セバスチャン・ブエミ/中嶋一貴/ブレンドン・ハートレー)が首位に立っている。 ■ 2019/2020 WEC世界耐久選手権第7戦 第88回ル・マン24時間耐久レース 決勝16時間後 Pos. No. Class Team Car Driver Tyre Time
1​
8​
LMP1​
トヨタ・ガズー・レーシング トヨタTS050ハイブリッド S.ブエミ 中嶋一貴 B.ハートレー
MI​
...
Sep
19
 WEC世界耐久選手権第7戦・第88回ル・マン24時間耐久レースは現地時間9月20日6時30分(日本時間9月20日13時30分)にレーススタートから3分の2となる16時間を終えた。スタートからレースをリードしていた7号車トヨタTS050ハイブリッド(マイク・コンウェイ/小林可夢偉/ホセ-マリア・ロペス)は12時間過ぎにターボトラブルが起き後退。8号車トヨタTS050ハイブリッド(セバスチャン・ブエミ/中嶋一貴/ブレンドン・ハートレー)が首位に立っている。  例年と異なる9月開催で、ふだんよりも夜が長い2020年のル・マン。レースはスタートからTOYOTA GAZOO Racingの7号車トヨタがリードを築き、8号車トヨタが追う展開となっていた。8号車は序盤からブレーキの温度が上がるトラブルに見舞われており、セーフティカー導入時に右フロントの冷却システムを交換。これで7号車が1周のリードを築いていた。...
asimg_SI202009190128_news_f45f66da19d7823-660x440.jpg
Sep
19
 WRC世界ラリー選手権第5戦トルコは9月19日、競技2日目・デイ2のSS3~8が行われ、前日2番手につけていたティエリー・ヌービル(ヒュンダイi20クーペWRC)が総合首位に立った。トップから33秒2遅れの総合2番手はセバスチャン・ローブ(ヒュンダイi20クーペWRC)、“もうひとりのセブ”トヨタのセバスチャン・オジエ(トヨタ・ヤリスWRC)が同タイムで総合3番手につけている。そんなラリー・トルコの2日目を終えた各陣営からドライバーコメントが発表されている。 ■Mスポーツ・フォードWRT ●テーム・スニネン(フォード・フィエスタWRC)/デイ2総合6番手 「今日についてはとても満足しているよ。順調にドライブできたし、タイヤマネジメントもうまくいったと思う。激しくプッシュしつつも、タイヤを労って使うことができ、午後には良いタイムを出すことができたよ」...
asimg_IMSA260133_fc5f66d0c80c92b-660x440.jpg
Sep
19
 IMSAプレジデントのジョン・ドゥーナンは、.について「2022年後半にそのマシンがレースをすることは技術的に可能」と発言したが、LMDhマシンが開幕からフルシーズンを戦うのは2023年からになるものと見られている。  ドゥーナンはカンファレンス内で、2023年の開幕に「複数のマニュファクチャラー」が参戦する見込みであることを示唆。当初LMDhは2022年からIMSAウェザーテック・スポーツカー選手権に導入が予定されていたが、“完全な”デビューにはもう少し時間がかかりそうだ。  本来LMDh規則の詳細は2020年3月、IMSAとWEC世界耐久選手権のジョイントイベントである『スーパーセブリング”』で発表予定だったが、新型コロナウイルスのパンデミックによりイベントが中止に。その後5月に規則のドラフトがリリースされ、9月になってル・マン・ウイークの金曜日に最終版が明らかになった形だ。...
asimg_XPB_1056280_1200px_fc5f55fd6dc5b3b-660x441.jpg
Sep
19
 2020年F1第8戦イタリアGPでは劇的な初優勝、1週間後の第9戦トスカーナGPでは予選Q1落ち、レースも1周目の事故に巻き込まれてリタイアと、アルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリーにとってはジェットコースターのようなアップダウンの激しい2週間だった。  一方チームメイトのダニール・クビアトは、初開催のムジェロで、今季自己ベストの7位入賞を果たした。そんなイタリア2連戦を、ホンダの本橋正充チーフエンジニアに振り返ってもらった。 ────────────────────── ──モンツァで初優勝を果たしたガスリーが、その1週間後のムジェロでは一転して予選Q1落ちと、アップダウンの激しいイタリア2連戦でした。まずは改めて、ガスリーの勝利を振り返っていただけますか。...
asimg_17_375f66ca346058d-660x440.jpg
Sep
19
 9月19日、WRC世界ラリー選手権第5戦トルコはデイ2のSS3~8が行われ、最高峰クラスに挑むTOYOTA GAZOO Racing WRTはセバスチャン・オジエ(トヨタ・ヤリスWRC)が総合3番手につけ、エルフィン・エバンス(トヨタ・ヤリスWRC)とカッレ・ロバンペラ(トヨタ・ヤリスWRC)が総合4、5番手に続いている。  リゾート地マルマリスの西側エリアに設定された3本のステージを各2回ずつ走行、計6本のSSで争われたラリー・トルコの競技2日目。今大会最長107.38kmという合計距離となったデイ2に向け前日、不利な出走順でありながら奮闘し総合3番手についたオジエは出走順が8番手に移ったことで、前日よりも良好なコンディションの路面を走行することが叶った。  そのオジエはオープニングステージとなったSS3でトップタイムを刻んで総合トップに躍り出ると、続くSS4でもステージ優勝を飾り後続に対するリードを広げ、午前のループを首位で終えてみせる。  ...
asimg__GI29203_595f66ba5bd84fb-660x440.jpg
Sep
19
 2020年MotoGP第8戦エミリア・ロマーニャGPの予選で、LCRホンダ・イデミツの中上貴晶は12番手となった。エミリア・ロマーニャGPは、先週のサンマリノGPに続きミサノ・ワールド・サーキット・マルコ・シモンチェリで行われる2週連続のレースとなる。  初日フリー走行で総合2番手となった中上は、FP3で総合7番手につけてQ2に進出。しかし、FP4で転倒を喫し、さらに予選Q2でも転倒。タイムが更新できず予選12番手に終わった。  予選はマーベリック・ビニャーレス(モンスターエナジー・ヤマハMotoGP)が1分31秒077でポールポジションを獲得。フロントローに並んだ3選手のタイム差がわずか0.145秒という接戦の戦いだった。この日、中上がQ2でマークしたタイムは1分32秒284。FP2の自己ベスト1分31秒630より0.654秒遅いもので、不完全燃焼の予選となった。...
asimg_Sebastien-Ogier_585f66b54736fc7-660x440.jpg
Sep
19
 WRC世界ラリー選手権第5戦トルコは9月19日、競技2日目・デイ2のSS3~8が行われ、前日2番手につけていたティエリー・ヌービル(ヒュンダイi20クーペWRC)が総合首位に立った。トップから33秒2遅れの総合2番手はセバスチャン・ローブ(ヒュンダイi20クーペWRC)、“もうひとりのセバスチャン”トヨタのセバスチャン・オジエ(トヨタ・ヤリスWRC)が同タイムで総合3番手につけている。    荒れた路面と暑さによる影響でWRC屈指の過酷さで知られるラリー・トルコ。その競技2日目はSS3~8、計6本のSSで争われたが、オープングステージではいきなりドラマが待ち受けていた。  第4戦エストニアのウイナーであるオット・タナク(ヒュンダイi20クーペWRC)は前日のデイ1を総合7番手で終え、この2日目での巻き返しを狙っていた。    しかし、タナクのマシンはSS3でステアリングトラブルに見舞われ、ステージの短いストレート脇でコースを外れる。タナクはその場での修復を試みるも解決には至らず、やむなくデイリタイアを喫することになった。...
Sep
19
 MotoGP第8戦エミリア・ロマーニャGPの予選がイタリアのミサノ・ワールド・サーキット・マルコ・シモンチェリで行われ、MotoGPクラスでフロントロウを獲得したマーベリック・ビニャーレス(モンスターエナジー・ヤマハMotoGP)、ジャック・ミラー(プラマック・レーシング)、ファビオ・クアルタラロ(ペトロナス・ヤマハSRT)が会見で予選を振り返った。 ■マーベリック・ビニャーレス(モンスターエナジー・ヤマハMotoGP)/予選:ポールポジション 「先週の日曜についてはタイヤだったと思う。タイヤ選択が間違っていた。左側のグリップを十分に得ることができず、セクター2とセクター4でタイムを失った。それで速く走ることができなかったんだ」...
Sep
19
 9月19日に行われた2020年MotoGP第8戦エミリア・ロマーニャGP Moto3クラスの予選Q2でハイサイドを喫した鈴木竜生(SIC58 Squadra Corse)が医療センターによる診察の結果、左手首が骨折していることが判明した。これにより鈴木は決勝レースを欠場となる。  前戦サンマリノGPでは3位表彰台を獲得した鈴木は、第8戦エミリア・ロマーニャGPでも好走をみせ、初日総合4番手、予選Q2で8番手タイムをマークしていた。  クラッシュ後、ツイッターを更新した鈴木は「みんなごめん。僕はできるだけ早く戻って、以前より強くなるよ」とコメントしている。


.
Sep
19
 WRC世界ラリー選手権第5戦トルコは9月19日、競技2日目・デイ2のSS3~8が行われ、前日2番手につけていたティエリー・ヌービル(ヒュンダイi20クーペWRC)が総合首位に立った。トップから33秒2遅れの総合2番手はセバスチャン・ローブ(ヒュンダイi20クーペWRC)、もうひとりの“セバスチャン”トヨタのセバスチャン・オジエ(トヨタ・ヤリスWRC)が同タイムで総合3番手につけている。 ■WRC世界ラリー選手権第5戦トルコ SS8後暫定結果 Pos. No. Driver Machine Gap
1​
11​
T.ヌービル ヒュンダイi20クーペWRC
1h36’38.6​
2​
9​
S.ローブ ヒュンダイi20クーペWRC
+0’33.2​
3​
17​
S.オジエ...
asimg_20R09TosSu-Vet-XPB3_945f65bcd936bcb-660x440.jpg
Sep
19
 フェラーリのセバスチャン・ベッテルは、赤旗によるレース中断後、スタンディングスタートでレースを再開するのは、グリッドの路面コンディションによって有利・不利が大きく分かれるため、不公平であると主張した。2020年F1第8戦イタリアGPと第9戦トスカーナGPは、決勝中に赤旗が出る荒れた展開になった。  ムジェロ・サーキットでのトスカーナGPでは赤旗中断が2回発生し、全車がグリッドについてスタートするスタンディング方式でのリスタートが行われた。  4度のF1チャンピオンであるベッテルは、この方式は路面状態がよくない側に並ぶことになったドライバーには非常に不利であり、運に左右される部分が大きすぎると考えている。...
Sep
19
 F1トルコGP主催者は今週、11月15日にイスタンブール・パークで行われるレースのチケットが6時間で4万枚販売されたと発表した。  トルコGPの開催は、2011年以来9年ぶりとなる。ムジェロ、ニュルブルクリンク、ポルティマオ、イモラなどとともに、新型コロナウイルスのパンデミックによる混乱のなか再編された2020年のF1世界選手権のスケジュールに加わったラウンドのひとつだ。  イベント主催者であるインターシティが明らかにしたところによると、10万人もしくはイスタンブール・パークの収容人数半分の観客がレースデーに訪れることを期待しているという。  販売は好調なスタートを切り、今週初めに一般入場チケット4万枚が6時間のうちに販売された。トルコのレースファンたちは、30トルコリラ、もしくは3ユーロ少し(約373円)の特売価格のチケットを手に入れようと先を争っていたのだ。 「通常の状況であれば、我々は22万席を満席にしようとするところだが、新型コロナウイルスのせいでそれは不可能だ」とインターシティのチェアマンであるブラル・アクは語った。...
asimg_20R09TosSu-StrPer-RP2_385f6592d40deee-660x440.jpg
Sep
19
 2020年F1第9戦トスカーナGPでアップグレード版レーシングポイントRP20を走らせていたランス・ストロールがクラッシュしたことで、次のロシアGPでストロールとセルジオ・ペレスが揃って最新仕様のマシンで走るというプランを実行するためには、チームは予定よりも困難な作業を強いられることになった。  レーシングポイントはムジェロにRP20の新しいサイドポッド、ラジエターインレット、ブレーキダクトなどから成るアップデートを持ち込んだ。しかし1台分しか間に合わなかったため、新パッケージはドライバーズ選手権で上位に位置するストロール車の方に導入された。  トスカーナGP決勝中、ストロールはトラブルのため高速クラッシュを喫してマシンは大破した。そのため、チームは予定よりも多くパーツを製造しなければロシアで2台の新パッケージを走らせるというプランを実行することができなくなり、再び1台分しか用意できない可能性もあると考えられている。

...