RacingMall.Com | Shopping mall for Racing cars.

The Shopping mall of Racing cars performance parts.

Get_Adobe_Acrobat_Reader_DC_web_button_158x39.fw_.png
Jul
14
 国内で唯一、開発競争があるミドルフォーミュラ『JAF-F4』。とはいえ、どのようなカテゴリーなのか、その実態を詳しく知る方はそう多くないのではないだろうか。auto sport本誌では、JAF-F4の魅力を紹介する記事を全5回にわたって紹介していく。     F4はF3とFJ1600の間を埋めるカテゴリーとして1993年に誕生し、20年以上の歴史を持つミドルフォーミュラ。古くは道上龍に始まり、塚越広大、平川亮なども、F4を経て国内最高峰の舞台へと駆け上がっていったドライバーたちだ。近年もFJ1600からF4に進む若手ドライバーの数が増えている。  2019年の第2回目は、今季から始動した若手ドライバー参戦支援策の『ヤングandレディースドライバーサポートプラン』をピックアップ。  このサポートプランはJAF-F4車両を持つオーナーと若手ドライバーをつなぎ、ドライバーが車両をレンタルして参戦する場合、費用をJAF-F4協会がサポートするというもの。このプランを使って第4戦富士に参戦したふたりのドライバー、車両オーナーに話を聞いた。...
Jul
14
 2018/19年のABBフォーミュラE選手権は7月14日、アメリカのニューヨーク市街地でシーズン最終戦となる第13戦の予選・決勝が行われ、予選2番手からスタートしたロビン・フラインス(エンビジョン・ヴァージン・レーシング)が優勝を飾った。シリーズチャンピオンはジャン-エリック・ベルニュ(DSテチーター)が獲得し、シリーズ2連覇を達成している。 ■2018/19年フォーミュラE 第13戦ニューヨークE-Prix 決勝結果 Pos. No. Driver Team Gap Start Position
1​
4​
R.フラインス エンビジョン・ヴァージン・レーシング
36Laps​
2 2​
27​
A.シムズ BMW i アンドレッティ・モータースポーツ
3.200​
1 3​
...
19R10BriSu-Alb-SUT1-660x440.jpg
Jul
14
 2019年F1イギリスGP決勝で、レッドブル・トロロッソ・ホンダのアレクサンダー・アルボンは12位だった。  52周のレースを、アルボンは9番グリッドからソフトタイヤでスタート、13周目にミディアムに交換して1回ストップで走った。  アルボンが最初のタイヤ交換を済ませた後、パワーユニットの高圧電力系に問題が発生したことが分かり、ホンダはチームに対し、安全面を考慮して2度目のピットストップを行わないよう伝えたという。アルボンはタイヤを労わりながらトップ10内を走行し続けたが、終盤、立て続けにオーバーテイクされ、ポイント圏外に落ちた。ホンダはこの問題について慎重に分析すると述べている。  トロロッソのテクニカルディレクター、ジョディ・エギントンは、「マシンの問題の影響でピットストップ戦略が制限されるなか、アレックスは素晴らしい走りをした」と一日を振り返った。 「彼は非常にうまくプライムタイヤを持たせたが、残り2周の時点でタイヤが終わってしまい、(ニコ・)ヒュルケンベルグを抑えきることができなかった」...
19R10BriSu-VerGas-RBR2-660x440.jpg
Jul
14
 2019年F1イギリスGP決勝で、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは5位、ピエール・ガスリーは4位だった。 ■アストンマーティン・レッドブル・レーシング チーム代表クリスチャン・ホーナー  レース序盤は非常にエキサイティングだった。マックスが(シャルル・)ルクレールとホイール・トゥ・ホイールのバトルをし、ふたりが最高のレースを繰り広げた。  最初のピットストップでマックスは(ルクレールの)すぐ前に出ることができたが、アウトラップでそのポジションを維持することができなかった。ふたりのバトルが再開し、セーフティカー出動まで続いた。  セーフティカーが出た際にマックスの最後のピットストップを行い、その後はマックスとセバスチャン(・ベッテル)の一騎打ちとなった。マックスはストウでアウト側から前に出たが、セブがブレーキングで誤った判断をして、マックスのマシンに後ろからヒットした。激しい接触で、マックスはグラベルに飛び出したが、レースを続行し、なんとか完走することができた。今日は表彰台の可能性があっただけに、彼にとって悔しい結果だ。...
19R10BriSu-Gas-XPB1-660x440.jpg
Jul
14
 2019年F1イギリスGP決勝で、レッドブル・ホンダのピエール・ガスリーは4位を獲得した。ガスリーにとって4位は、トロロッソ・ホンダ時代の2018年バーレーンGPに並ぶ、F1での自己最高位タイ。  52周のレースを、ガスリーは5番グリッドからミディアムタイヤでスタート、12周目にハードに交換する1回ストップで走り切った。 . 2019年F1第10戦イギリスGP日曜 ドライバーズパレードでのピエール・ガスリー(レッドブル・ホンダ) ■アストンマーティン・レッドブル・レーシング...
19R10BriSu-Ver-XPB2-660x440.jpg
Jul
14
 2019年F1イギリスGP決勝で、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは5位だった。  52周のレースで、フェルスタッペンは、4番グリッドからミディアムタイヤでスタート、13周目にミディアムに、セーフティカー出動時の20周目にハードタイヤに交換する2回ストップで走った。  フェラーリのシャルル・ルクレールと何度か激しいバトルをした後、ピットストップのタイミングで前に出たフェルスタッペンは、レース後半、4番手走行中に前を行くフェラーリのセバスチャン・ベッテルを抜いて3番手に上がるが、その直後にベッテルに追突されてコースオフ。その影響で5位に落ち、マシンにもダメージを受けたものの、リタイアは免れ、完走を果たした。スチュワードはこの接触の責任はすべてベッテルにあるとして、彼に10秒のタイムペナルティおよびペナルティポイント2を科した。  フェルスタッペンは10戦終了時点で136ポイントを獲得し、ドライバーズランキング3位につけている。...
Jul
14
 カナダ・トロントで開催されたインディカー・シリーズ第11戦。14日に行われた決勝レースは、ポールポジションからスタートしたシモン・パジェノー(チーム・ペンスキー)が制し、今季3勝目を挙げた。  10番手からスタートした佐藤琢磨(レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング)は、力強い走りを披露。上位を争うも、68周目にマシントラブルでリタイアとなった。  晴天の下、トロント市街地特設コースで開催されたインディカー第11戦。ポールからスタートしたパジェノーは2番手のディクソンと差を徐々に広げ、レースをコントロールする。  ファーストスティントを19周目終わりまで伸ばした佐藤琢磨は、ジョセフ・ニューガーデン(チーム・ペンスキー)の後ろでピットアウト。10番手スタートから上位争いに躍り出る。  オープニングラップの多重クラッシュでイエローコーションとなったが、それ以降は大きなクラッシュもなくノーコーションでレースは進み、燃費レースの展開となっていく。...
19R10BriSu-Alb-SUT1-660x440.jpg
Jul
14
 2019年F1イギリスGP決勝で、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは5位、ピエール・ガスリーは4位だった。トロロッソ・ホンダのダニール・クビアトは9位、アレクサンダー・アルボンは12位という結果だった。ホンダのパワーユニット(PU/エンジン)搭載車4台中3台が入賞を果たした。  フェルスタッペンはレース後半、4番手走行中に前を行くフェラーリのセバスチャン・ベッテルを抜いて3番手に上がるが、その直後にベッテルに追突されてコースオフ。その影響で5位フィニッシュという結果に終わった。  アルボンがタイヤ交換を1回済ませた後、パワーユニットの高圧電力系に問題が発生したことが分かり、ホンダはチームに対し、安全面を考慮して2度目のピットストップを行わないよう伝えた。アルボンはタイヤを労わりながらトップ10内を走行し続けたが、終盤、立て続けにオーバーテイクされ、ポイント圏外に落ちた。ホンダはこの問題について慎重に分析すると述べている。...
Jul
14
 2018/19年のABBフォーミュラE選手権は7月14日、アメリカのニューヨーク市街地でシーズン最終戦となる第13戦の予選・決勝が行われ、予選2番手からスタートしたロビン・フラインス(エンビジョン・ヴァージン・レーシング)が優勝を飾った。シリーズチャンピオンはジャン-エリック・ベルニュ(DSテチーター)が獲得し、シリーズ2連覇を達成している。  電動フォーミュラカーで争われているフォーミュラE。よりアグレッシブなスタイリングに進化した第2世代シャシー“Gen2”導入初年度となった2018/19年シーズンがついに最終戦を迎えた。  チャンピオン争いではランキングトップのベルニュが130ポイント、同2位のルーカス・ディ・グラッシ(アウディスポーツ・アプト・シェフラー)が108ポイント、3位のミッチ・エバンス(パナソニック・ジャガー・レーシング)が105ポイント、4位のセバスチャン・ブエミ(ニッサン・e.ダムス)が104ポイントで、この4名がチャンピオン獲得の権利を残している。...
95e08740-a65d-11e9-b9d5-ca2215a0a2a7
Jul
14
Filed under: .,.,.,. Formula One championship...
Jul
14
 2019年F1第10戦イギリスGP決勝はメルセデスのルイス・ハミルトンが優勝した。レッドブル・ホンダのピエール・ガスリーは4位、マックス・フェルスタッペンはセバスチャン・ベッテルの追突により5位でフィニッシュ。各所でバトルが繰り広げられた決勝レースのハイライト映像がDAZNで公開されている。 ■F1第10戦イギリスGP決勝
.
2019_f1_rd10-660x440.jpg
Jul
14
 2019年F1第10戦イギリスGP決勝でベッテルをオーバーテイクしたマックス・フェルスタッペンだが、その後にベッテルが止まりきれずフェルスタッペンに追突。フェルスタッペンは5番手に順位を落とす結果となった。なお両者はレース終了後に握手を交わしており遺恨は残っていないように見える。 ....
Jul
14
 2019年F1第10戦イギリスGP終了時点のランキングは以下の通り。 ■ドライバーズランキング Pos Driver Team point 1 ルイス・ハミルトン メルセデス 223 2 バルテリ・ボッタス メルセデス 184 3 マックス・フェルスタッペン レッドブル・ホンダ 136 4 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 123 5 シャルル・ルクレール フェラーリ 120 6 ピエール・ガスリー レッドブル・ホンダ 55 7 カルロス・サインツJr. マクラーレン 38 8 キミ・ライコネン アルファロメオ 25 9 ランド・ノリス マクラーレン 22 10 ダニエル・リカルド ルノー 22 11 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 17 12 ケビン・マグヌッセン ハース 14 13 セルジオ・ペレス レーシングポイント 13 14 ダニール・クビアト トロロッソ・ホンダ 12 15 アレクサンダー・アルボン トロロッソ・ホンダ 7 16 ランス・ストロール レーシングポイント 6 17 ロマン・グロージャン ハース 2 18 アントニオ・ジョビナッツィ...
Jul
14
 2019年F1第10戦イギリスGP決勝は、メルセデスのルイス・ハミルトンが優勝を飾った。レッドブル・ホンダのピエール・ガスリーが4位、マックス・フェルスタッペンは5位に入った。トロロッソ・ホンダのダニール・クビアトは9位入賞。アレクサンダー・アルボンは12位完走となっている。 ■F1第10戦イギリスGP決勝結果 Pos No. Driver Team 1 44 L.ハミルトン メルセデス 2 77 V.ボッタス メルセデス 3 16 C.ルクレール フェラーリ 4 10 P.ガスリー レッドブル・ホンダ 5 33 M.フェルスタッペン レッドブル・ホンダ 6 55 C.サインツJr. マクラーレン 7 3 D.リカルド ルノー 8 7 K.ライコネン アルファロメオ 9 26 D.クビアト トロロッソ・ホンダ 10 27 N.ヒュルケンベルグ ルノー 11 4 L.ノリス マクラーレン 12 23 A.アルボン トロロッソ・ホンダ 13 18 L.ストロール レーシングポイント 14 63 G.ラッセル ウイリアムズ 15 5 S.ベッテル フェラーリ 16...
Jul
14
 7月14日現地時間14時10分、イギリスGP決勝がスタートしメルセデスのルイス・ハミルトンが優勝を飾った。レッドブル・ホンダのピエール・ガスリーが4位、マックス・フェルスタッペンは5位に入った。  日曜日は朝から時折小雨がパラつく天候の下、気温は18度、路面温度は30度とこの週末で最も寒いコンディションとなった。  グリッド上でフェルスタッペン車はリヤウイングに問題が見付かり急きょ交換作業を行なった。  上位ではメルセデス勢とレッドブル勢だけがミディアムタイヤ、11番手以下ではハース勢とクビアトだけがソフトタイヤでそれ以外はミディアムをスタートタイヤに選んだ。  スタートでは大きな混乱はなく、2番手ハミルトンが激しくプレッシャーをかけていくがポールポジションのバルテリ・ボッタス(メルセデス)は何とかこれを抑え込んで首位を守った。...
8c98dca0-a630-11e9-bfe5-46fa6a5b8fda
Jul
14
Filed under: .,.,.,. Sebastian Vettel said he had...