RacingMall.Com | Shopping mall for Racing cars.

The Shopping mall of Racing cars performance parts.

kv8cx49fhmlo0gebx3d4-660x440.jpg
Sep
18
 MotoGP第13戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGP(サンマリノGP)のMotoGPクラス予選Q2でマルク・マルケス(レプソル・ホンダ・チーム)とバレンティーノ・ロッシ(モンスターエナジー・ヤマハMotoGP)のふたりがコース上で交錯した。  ロッシが前、マルケスが後ろでQ2のラストアタックに入ったが、6コーナー立ち上がりでロッシがトラックリミットをわずかに越えてしまう。その後、ロッシの背後にぴったりとついたマルケスは高速の11コーナーでロッシをパス。しかし、続く12コーナー立ち上がりで今度はマルケスがトラックリミットを越えてしまう。  その時点でセクター2まで自己ベストを更新していたマルケスはアタックを続行したが、ロッシが14コーナーでマルケスのインに飛び込み、ラインが交錯。ふたりは危うく接触しそうになってしまった。セッション終了後に、FIM MotoGPスチュワードパネルはインシデントとしてふたりからヒアリングを行なったが、このインシデントの前に両者、トラックリミットオーバーでこの周回のラップタイムが抹消されており、ふたりに対するペナルティは科せられなかった。...
1017603157-LAT-20190713-_R3I0407-660x440.jpg
Sep
18
 FIA-F2選手権で現在ランキング3位につけているルカ・ギオットが10月4~6日、富士スピードウェイで行われるWEC世界耐久選手権第2戦富士6時間レースに参戦することが分かった。F1を目指すイタリア人はチームLNTのジネッタG60-LT-P1・AERのステアリングを握る。  前戦シルバーストンでシリーズにデビューしたチームLNTは来たる日本ラウンドに向け、追加のドライバーラインアップを明らかにした。  そのなかに組み込まれることになったギオットは24歳のイタリア人ドライバー。現在参戦中のF2ではユニヴィルトゥオーシに所属しており、第7戦イギリス・レース1優勝を含む好結果を残しランキング3位につけている。  そんなギオットは7月末に開催されたWEC公式テスト“プロローグ”にチームLNTから参加しており、カタロニア・サーキットでジネッタG60-LT-P1・AERをドライブした。その際には同チームからテストに参加した計8人のドライバーの中でもっとも速いタイムを記録していた。...
19R14ItSu-VerGas-XPB1-660x440.jpg
Sep
18
 2019年F1第15戦シンガポールGPに向け、ホンダF1の田辺豊治テクニカルディレクターが、レッドブル・レーシング、スクーデリア・トロロッソともに相性がいいと予想されるコースでのグランプリであり、パワーユニット(PU/エンジン)の準備をしっかり整えて好結果を目指すと語った。  舞台となるマリーナ・ベイ・ストリート・サーキットはコーナー数が多いタイトなコースで、高温多湿の気候もあり、ドライバーへの身体的負担が非常に大きい。シフト回数が多く、パワーユニットとしてはコーナー立ち上がりでのドライバビリティが重要なポイントとなる。...
00-660x440.jpg
Sep
18
 10月4〜6日にホッケンハイムで開催されるDTMドイツ・ツーリングカー選手権第9戦。シリーズの今季最終戦であるとともに、日本からスーパーGT GT500クラスに参戦する3メーカーのマシンがゲスト参戦し、世界的に注目を集めているイベントだが、DTMを運営するITR e.Vはこのレースを日独の『パワーサミット』と題し、日本文化を紹介するイベントなどを開催する。  長年車両規定統一に向け話し合いを続けてきたDTMとスーパーGT GT500クラス。2020年にはGT500車両が統一規定の『クラス1』となるが、これを前にして両者のマシンが10月にドイツ、そして11月に富士スピードウェイでそれぞれレースを戦うことになる。  既報のとおり、10月4〜6日にホッケンハイムで開催されるDTM第9戦ホッケンハイム『DTMフィナーレ』には、DTMの公式戦にホンダ、レクサス、ニッサンの3メーカーのマシンが1台ずつ参戦。DTMを戦うアウディ、BMW、アストンマーティンの3メーカーのマシンと覇を競うことになるが、これに向けてDTM側は、イベントの盛り上げに向けたメディア向けメールを発行した。...
Sep
18
 2019年シーズンのMotoGPも後半戦に入って第13戦までを終え、残すは6戦となった。そろそろ気になってくるのが、ライダーたちの2020年シーズンについてである。サンマリノGP前後で日本人ライダーの参戦発表が相次いでいるが、正式発表されたライダーを含め、各日本人ライダーたちのストーブリーグについて見ていこう。  MotoGPクラスに唯一の日本人ライダーとして参戦する中上貴晶。最高峰クラス2年目の2019年シーズンは予選ではQ2進出の常連となり、第6戦イタリアGPでは自己ベストリザルトの5位を獲得するなどの活躍を見せている。第8戦オランダGPで他車との接触により転倒し、負傷を負って以降の後半戦は、決勝レースでは波に乗れていない印象ではあるが、トップ10以上をねらえるライダーであることは間違いない。  中上の去就については未だ正式発表なし。ただ、現在までの中上のパフォーマンスとMotoGPの2020年ストーブリーグにほぼ動きがないことをあわせても、現在のチームであるLCRホンダ・イデミツ残留の見方が濃厚だろう。...
Sep
17
 レーシングポイントF1チームは、今週末の第15戦シンガポールGPにマシンの大規模なアップグレードを持ち込む予定だ。  チームは第11戦ドイツGPと第12戦ハンガリーGPでアップグレードを投入したが、21戦のシーズンが終盤に近づくシンガポールGPにもさらに新パーツを持ち込む。これは過去数年ではまったく起こり得なかったことだ。なぜならビジェイ・マリヤがチームを所有し、フォース・インディアと呼ばれていた時代には、チームの資金は非常に限られていたからだ。しかしカナダの億万長者ローレンス・ストロール率いる投資家コンソーシアムが2018年8月にチームを買収して以来、多額の投資がなされてきた。  直近の4レースでレーシングポイントは合計27ポイントを獲得した。コンストラクターズ選手権でひとつ上の6位につけているトロロッソ・ホンダとの差はわずか5ポイントだ。...
in190824003H-660x440.jpg
Sep
17
 レッドブル・ジャパンは10月6日(日)に東京都のよみうりランドで開催される『RedBull Box Cart Race Tokyo 2019』のゲストに、現在インディカー・シリーズ参戦中の佐藤琢磨と、ホンダF1の山本雅史マネージングディレクターが参加すると発表した。またレッドブル・ホンダのドライバー2人がデザインしたカートに乗り、イベントに参加するキャンペーンも同時に開催する。  2000年にベルギー・ブリュッセルで第1回が開催されて以来、世界各地で開催されてきたRedBull Box Cart Race(レッドブル・ボックスカート・レース)。このレースは、“おバカなレースに大まじめ”をテーマに、レース参加者が動力の搭載を一切禁止した完全手作りカートを製作し、そのマシンでレースをするものだ。  今回は日本で4回目の開催となり、特別ゲストとして現在インディカー・シリーズにレイホール・レターマン・ラニガン・レーシングから参戦中の佐藤琢磨がドライバーとしてレースに参加。また、ホンダF1でマネージングディレクターを務める山本雅史氏が審査員を務める。...
WoTB_EU_Tech_Tree_Screens_10-660x371.jpg
Sep
17
 戦車でのバトルを楽しめる基本プレイ無料のスマートフォン用アプリ『World of Tanks Blitz(ワールド・オブ・タンクス・ブリッツ)』のブランドアンバサダーに、元F1ドライバーのジャンカルロ・フィジケラが就任した。 『World of Tanks(ワールド・オブ・タンクス)』はもともとPC用オンライン対戦ゲームとして開発されたもの。第2次世界大戦などで活躍した戦車を中心にプレイでき、重厚な戦車バトルを楽しめることや基本プレイが無料であることなどから、人気を博している。  今回、フィジケラがブランドアンバサダーに就任したのは、そんなワールド・オブ・タンクスのスマートフォン版。これまでに世界で1億2000万ダウンロード以上を記録している人気タイトルで、こちらも基本プレイ無料で楽しめる。端末やOSの垣根を越えたクロスプラットフォームとなっているのも特徴だ。...
Sep
17
 スーパーGTをプロモートするGTアソシエイションはGTAドライビングモラルハザードの最新版を9月15日付で発表した。Hitotsuyama Audi R8 LMSをドライブする富田竜一郎の累計ポイントが5点となったため、9月21に行われる第7戦SUGO公式練習、最初の1時間への参加が禁止となっている。  GTAドライビング・モラルハザード防止制度は、観客に対しプロフェッショナルなドライビング、バトルをみせ、魅力的なレースを構築するために定められているもの。  GTAは、公式テストを含むスーパーGTの走行時に発生したケースごとの状況により即断し、定められたガイドラインに抵触したと判定した場合、チームおよびドライバーにペナルティが課している。ポイント制による各種ペナルティが課されるほか、走行の制限、レース参加の制限と拒否など言い渡される場合もある。  9月7~8日に行われた第6戦オートポリスでは合計で7名にペナルティポイントが与えられた。そのなかでHitotsuyama...
Sep
17
 コカ・コーラとのコラボレーションおよび、IMSAウェザーテック・スポーツカー選手権最終戦に挑むマシンのトリビュートカラーを発表したポルシェは9月17日、1本のショートムービーを公開した。  動画はポルシェGTチームのファクトリーを訪れたワークスドライバー、パトリック・ロングがボブ・アキン・モーターレーシングが走らせたコカ・コーラカラーのポルシェ962をチラリと目線に入れるところからスタートする。  すると、ロングはワークスカーである911号車ポルシェ911 RSRに乗り込み、アトランタの市街地へ。向かった先はコカ・コーラのグローバル本社。レース中のピットイン時に行うドライバー交代のごとく、素早くマシンを降りたロングが懐かしい瓶の自動販売機でコーラを購入すると、マシンとレーシングスーツのデザインがまたたく間に変化するという演出がなされている。  なお、この動画では2017年型911 RSRの特徴である甲高いNAフラット6エンジンの咆哮を聴くことができる。最新2020年型モデルでは味わえないサウンドは必聴の価値ありだ。...
02_dsc_2408-660x440.jpg
Sep
17
 VASCヴァージン・オーストラリア・スーパーカーの2019年第11戦は、オーストラリアの隣国ニュージーランドのプケコヘ・パークに舞台を移して開催された。9月13~15日の週末、土曜200kmレースではレッドブル・レーシング・オーストラリア、シェーン-ヴァン・ギズバーゲン(ホールデン・コモドアZB)がひさびさの勝利を手にし今季3勝目を飾ったものの、日曜は今季圧巻の勝率を誇る王者スコット・マクローリン(フォード・マスタング)が、セーフティカー(SC)運用の議論が巻き起こる荒れたレースを制し、シリーズ新記録の年間17勝目をマークした。  今年デビューしてから、ここまでシリーズを席巻する強さを披露している新型フォード・マスタング・スーパーカーに対し、VASCシリーズの技術部門は第11戦を前に今季3度目の性能調整を発動。ライバル陣営のホールデン・コモドアZBに対し、フロントアンダーパネルの再延長と、リヤウイング・ガーニーフラップの追加申請を許可する決定を下した。...
M19_4895_fine-660x440.jpg
Sep
17
 9月17日、ポルシェはアメリカ・ジョージア州のロード・アトランタで10月10~12日に開催されるIMSAウェザーテック・スポーツカー選手権最終戦プチ・ル・マンに向けて、コカ・コーラ社とコラボレーションしたポルシェ911 RSRのトリビュートカラーを発表した。  アトランタにあるコカ・コーラのグローバル本社で発表された歴史的なパートナーシップによって実現した今回のコラボレーション。お披露目されたポルシェGTチームの911 RSRには誰もが知るレッド基調のパッケージを彷彿とさせるデザインが施された。  そのデザインは1986年のセブリング12時間で総合優勝を飾った、ボブ・アキン・モーターレーシングのポルシェ965のカラーリングに敬意を表したものになっており、レッドとホワイトの2色からなる“ダイナミックリボン”があしらわれる他、当時の962と同様にホワイトのBBS製ホイールが装着される。また、ボンネットにお馴染みの『Coca-Cola』のロゴ、リヤクォーターパネルには『Coke is it!!』の文字が掲げられている。...
19R14ItaSu-Kvy-XPB1-660x440.jpg
Sep
17
 トロロッソ・ホンダのダニール・クビアトは、チームは市街地コースと相性がいい傾向にあり、今週末のF1シンガポールGPでは入賞を十分に狙えると語った。  前戦イタリアGPでクビアトはレース中盤に6番手を走行していたが、タイヤ交換を終えてコースに戻った直後にオイル漏れによってマシンを止めなければならなかった。 . 2019年F1第14戦イタリアGP日曜 ダニール・クビアト(トロロッソ・ホンダ)、トラブルでリタイア...
Sep
17
 ルノーF1チームのダニエル・リカルドは、F1において新たなチームメイトを持つことは、個人的なレベルで学び成長する機会を持つことになるため、ポジティブな経験であると語っている。  リカルドはニコ・ヒュルケンベルグとともにルノーで1年間レースをした後、2020年にはエステバン・オコンとタッグを組むことになる。  リカルドはヒュルケンベルグと良好な関係にあるものの、この変化に期待しており、自分自身が将来のチームメイトから何を学ぶことができるかを楽しみにしている。 「実際のところ楽しみだよ」と7度のグランプリ優勝経験を持つリカルドは『GPToday』に語った。 「基本的にこうしたことは、さらに多くのことを学ぶための良いチャンスになると思う」 「ドライバーはそれぞれ、小さな癖やいろいろと違うスタイルを持っているかもしれない。そしてF1においてというよりは、少なくともモーターレースにおいては、完璧であることなんてない」 「このスポーツでは常に学んで成長していくものだと思う。それにマシンは常に変わる。だからいつも順応し続けていかなければならない」...
18Sin-podium-XPB1-660x440.jpg
Sep
17
 レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、今週末のF1第15戦シンガポールGPの舞台となるマリーナベイ・ストリート・サーキットは大好きなコースであり、最大限のポイントをつかむことを目指していると語った。  フェルスタッペンは、サマーブレイク明けのベルギーではスタート直後の接触で0周リタイア、イタリアではパワーユニット(PU/エンジン)交換により19番グリッドからスタートして8位と、この2連戦は上位争いをできずに終わった。  しかしシンガポールは例年レッドブルが得意としているレースであり、2010年から連続して表彰台を獲得している。 「素晴らしいトラックだし、街の夜景も最高だ。ライトの下で走るのは楽しい。このレースのひとつの個性だし、通常のレースとはかなり違うから、毎年週末をエンジョイしているんだ」とフェルスタッペンは語る。 「要求の高いトラックだよ。暑くて汗だくになり、体力的にきつい。だけど大好きなサーキットのひとつだ。コーナーが多く、高速、低速に加えてランオフがほとんどない中速コーナーも備えた、多様性のあるサーキットだ。また今年走るのが楽しみだよ」...
IMG_3915-660x440.jpg
Sep
17
 往年の名ドライバーが、F1イタリアGPが開催されていたモンツァでF1マシンを走らせた。そのドライバーは、1979年のチャンピオン、ジョディ・シェクターだ。  シェクターがモンツァで走らせたF1マシンは、フェラーリ312T4だ。これはシェクターが1979年にタイトルを獲得したときにドライブしていたものだ(水平対向12気筒の独特のエキゾーストノートも当時のまま。正確には対応する左右のピストンが同方向に動く、いわゆる180度V型)。シェクターの後、フェラーリはミハエル・シューマッハーとキミ・ライコネンもタイトルを獲得しているが、フェラーリの地元イタリアGPで優勝し、かつタイトルを決定したのは、このシェクターの1979年が最後である。 ....