RacingMall.NET | Shopping mall for Racing cars.

The Shopping mall of Racing cars performance parts.

AP7Y4475-660x440.jpg
May
21
SUPER GT Rd.2 FUJI Speedway RACE REPORT TEAM JLOC 88号車マネパ ランボルギーニ GT3 小暮卓史/元嶋佑弥 87号車T-DASH ランボルギーニ GT3 高橋翼/アンドレ・クート 公式予選 日付:2019年5月3日(金) 天候:晴 予選結果:88号車10位、87号車19位 観客動員数:3万5800人 88号車が10位を獲得、明日の長いレース2台で結果を目指す  連休のビッグイベントとなる富士500kmレース。ロングのレースが得意なJLOCは期待をもってサーキット入り。晴天のもと予選日が始まる。  公式予選、88号車がQ1を7番手で突破し最終結果10番手に、87号車はアタック中に他車に追突されてしまった影響で19番手となった。明日はJLOCの得意とする長いレース、2台で協力してポイントを目指す。 87号車エンジニアSeiji Hiraiコメント...
1e945a6d0ca78853afee112efba1d97d-660x440.jpg
May
20
 2019年のWTCR世界ツーリングカー・カップは5月17~19日、オランダのザントフールトで第4大会が行われ、レース1と3でテッド・ビョーク(Lynk&Co 03 TCR)が、レース2でエステバン・グエリエリ(ホンダ・シビック・タイプR TCR)が、それぞれ優勝を飾った。  二輪の耐久レースと併催された前戦スロバキア大会は変則的なスケジュールとなったWTCRだが、このザントフールトでは土曜に予選1回目とレース1、日曜日にノックアウト予選とレース2、レース3を行うスケジュールに戻って争われた。  2019年シーズンからシリーズに参戦している中国の吉利汽車(ジーリー)とボルボが共同出資するLynk&Coは、18日(土)の予選1回目から速さを発揮。ビョーク、イバン・ミューラー、アンディ・プリオール、ヤン・エルラシェールの4名でトップ4を独占してみせる。  5番手につけたミケル・アズコナ(クプラTCR)はトップと0.724秒差もあったことから、シリーズ側はLynk&CoのBoP(性能調整)を変更。当初100%だったエンジン出力を97.5%へ引き下げる措置を行った。...
29-660x440.jpg
May
20
 WEC世界耐久選手権LMP2クラスに参戦しているTDSレーシングのグザビエ・コンベ代表は、LMP2クラスの“精神にのっとって“、ACOフランス西部自動車クラブが同クラスのパフォーマンスを維持することを期待している。  日本でも活躍したアウディのDTMドライバー、ロイック・デュバルを擁すTDSレーシングのコンベ氏は、現行のトップカテゴリーであるLMP1に代わる新車両規定によって、その下位カテゴリーとなるLMP2クラスのマシンが現在よりも遅いものとなった場合、同クラスにエントリーしているチームの多くは失望することになると述べた。  2020/2021年に向けて提案されている“ハイパーカー規定”は当初、ル・マン1周3分20秒という目標ラップタイムが定められていたが、後に生産車ベースの車両を許可するにあたって目標ラップタイムが修正。現在は3分30秒とされている。  一方、2018年のル・マン24時間におけるLMP2カーの最速レースラップは、ナタナエル・ベルトンがドラゴンスピードの31号車オレカ07・ギブソンでマークした3分27秒200だった。...
02-%E0%B8%84%E0%B8%B8%E0%B8%93%E0%B8%AD%E0%B8%A1%E0%B8%A3%E0%B8%AA%E0%B8%B4%E0%B8%A3%E0%B8%B4-%E0%B8%9A%E0%B8%B8%E0%B8%8D%E0%B8%8D%E0%B8%AA%E0%B8%B4%E0%B8%97%E0%B8%98%E0%B8%B4%E0%B9%8C-696x467.jpg
May
20
ครั้งแรก!!! ใจกลางเมือง กับการนำเสนอยนตรกรรมผสานไลฟ์สไตล์ ภายใต้แนวคิด Good Vehicles for Everyday Good Lifestyles
ครั้งแรก! ใจกลางเมือง – เป็นผู้บริหารสาวมากความสามารถที่คร่ำหวอดอยู่ในแวดวงสื่อมานาน อมรสิริ......
May
20
 他のすべてのチーム同様に、ハースもF1第5戦スペインGPで多くのアップデートを投入した。決勝レースでは、ロマン・グロージャンとケビン・マグヌッセンのふたりともがトップ10内でフィニッシュし、今シーズン初めてのダブルポイントを達成している。 「アップデートが功を奏した。僕たちのペースはレッドブルのペースに大分近いものだったからね」とスペインGPを10位でフィニッシュしたグロージャンは語った。 「素晴らしいことだね。アップデートがなくても僕たちは7位でフィニッシュすることができたと今も考えている。でもトップチームにはあれほど近づけなかったかもしれない。なぜなら今シーズンの一番の問題は、タイヤを機能させることだったからだ。バルセロナではそれがうまくいった。タイヤこそがパフォーマンスを生み出すカギなんだ」 「スペインでのフリー走行1回目からマシンの感触がよかった。それは重要なことだ」...
May
20
 ルーキーのアレクサンダー・アルボンにとって、F1マシンでモナコの市街地コースを走るのは今回が初めてのことになる。もちろんシミュレーターでコースの練習をしたことはあり、モナコでFIA F2のレースに参戦した経験もある。 「モナコを楽しみにしている。あのコースでの走行は楽しいからね」とアルボンは語った。 「F2時代に初めてモナコでレースに参戦したときは、初年度が予選2位で、去年はポールだったんだ。モナコのコースとは、いつも相性が良い」 「市街地コースは好きだよ」とアルボン。 「けれどアゼルバイジャンGPを走ってみて、市街地コースはF1マシンで走るととてつもなく速いことに気が付いたんだ! 壁に囲まれて走るのは素晴らしい体験だ。F1マシンのなかにいると視力が影響を受けて、動きで視界がぼやける」 「モナコでレースをしたことはあるが、コース外で行なわれるイベントが数多くあるし、そういった部分がどうなるのかはよく分からない。チームメイトのダニール・クビアトは“大混乱の週末”になると言っていたけれど、準備はできているよ!」...
SUPERFORMULA_2019_Rd54-660x440.jpg
May
20
開催日時 5月18日 土曜(予選=荒天のため翌日朝に順延) 5月19日 日曜(予選&決勝) 開催サーキット オートポリス 国際レーシングコース(1周 4.674km) 予選 天気:雨 コース状況:ウエット 気温:17度(予選開始時) 路面温度:17度(予選開始時) 予選開始:決勝日の朝(5月19日)8時45分 観客動員数:2450人  今季も全7戦で争われる全日本スーパーフォーミュラ選手権、第2戦の開催地は九州地方のモータースポーツの中心地、大分県日田市のオートポリスである。  中高速コーナーが続き、アップダウンにも富んだチャレンジングなコースが戦いの舞台だ。今季が来日初年度のアーテム・マルケロフにとっては初実戦の地となるが、大嶋和也とチームにとって、ここは特に好相性のコースといっていい。...
3dfeb1d0-7b76-11e9-bdf5-a2055f9211bd
May
20
Filed under: .,. His family said he "passed away peacefully" on Monday. .
XPB_933742_1200px-660x439.jpg
May
20
 この月曜日、元F1世界チャンピオンのニキ・ラウダが亡くなった。享年70歳の早すぎる死だった。  急死の報は、オーストリアのいくつかの国内メディアから流れ、それからしばらくして遺族が以下のような正式なプレスリリースを発表した。 「私たちは深い悲しみとともに、この月曜日に愛するニキが親しい家族に囲まれながら息を引き取ったことを皆さんにお知らせします」 「超一流のアスリートとして、そして起業家としてニキが成し遂げたことを、私たちは一生忘れないでしょう。真っ直ぐで勇気にあふれ、真摯に仕事に向き合い続けた人でした。夫として父として、そして祖父としても、模範となるべき人でした」  ラウダは昨年肺移植の手術を受け、いったん快方に向かっていた。しかしその後重度の肺炎にかかった他、腎臓の機能不全に陥り、この月曜にはスイスで透析処置を受けることになっていた。...
20190520_02_01-660x440.jpg
May
20
 ニュルブルクリンク24時間レースの予選レースが5月18~19日、ドイツ・ニュルブルクリンクで行われ、TOYOTA GAZOO RacingはSP-Proクラスにエントリーした土屋武士、蒲生尚弥、松井孝允、中山雄一組レクサスLCが総合24位完走を果たした。一方、SP8Tクラスに出場した佐々木雅弘、ウヴェ・クリーン、ヘルフィ・ダーネンス、矢吹久組GRスープラは、車両トラブルに見舞われ完走を逃している。  トヨタが参加した今回の予選レースは、6月20~23日に同地で開催されるトタル・ニュルブルクリンク24時間に向けたマシンの最終チェックの場であり、来月の本番に出場する多くのチームが集結した。  今戦では、すでに3ラウンドが開催されているVLNニュルブルクリンク耐久シリーズとは異なり、24時間レースのフォーマットに倣って計2回の予選セッションと総合トップ30台のグリッドを決定する“トップ30クオリファイ”後に、VLNよりも2時間長い6時間の決勝レースが行われた。...
May
20
 26日に決勝レースを迎える第103回インディアナポリス500マイルレース。20日に行われたプラクティス走行は、ポールポジションを獲得したシモン・パジェノー(チーム・ペンスキー)がトップスピードを記録した。  佐藤琢磨(レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング)は、最多となる98周を走行し22番手で走行を終えた。 ■第103回インディアナポリス500マイルレース/プラクティス7日目総合結果 Pos. No. Driver Team Engine MPH Laps
1​
22​
S.パジェノー チーム・ペンスキー
C​
228.441​
88 2​
2​
J.ニューガーデン チーム・ペンスキー
C​
228.273​
88 3​
...
DRG_5658-660x440.jpg
May
20
 26日に決勝レースを迎える第103回インディアナポリス500マイルレース。20日に行われたプラクティス走行は、ポールポジションを獲得したシモン・パジェノー(チーム・ペンスキー)がトップスピードを記録した。  佐藤琢磨(レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング)は、最多となる98周を走行し22番手で走行を終えた。  2日間に渡る壮絶な予選を終えた翌日は、2時間のプラクティス走行が行われた。この走行を合わせて、決勝レース前にスケジュールされているのは2回の短いプラクティスのみ。各車は積極的に走行を重ね、レースセットアップを確認していく。 . エリオ・カストロネベス(チーム・ペンスキー)...
5cdaef4f7c4aa97076ba233b_o_U_v1.jpg
May
20
Filed under: .,.,. Up to 200 tires can be used per sculpture....
May
20
 ルイス・ハミルトンは、今季の予選ペースがメルセデスF1のチームメイトであるバルテリ・ボッタスに対し、平均して劣っている理由を解明したいと考えている。  現チャンピオンのハミルトンは、シーズン開幕戦のオーストラリアGPでポールポジションを獲得したが、第2戦バーレーンGPではフェラーリがフロントロウを独占した。  メルセデスは第3戦中国GP、第4戦アゼルバイジャンGP、第5戦スペインGPの予選で再度優位に立っているが、ここでもボッタスがハミルトンを下している。このことで、ハミルトンは自身とW10から、どうすればより速さを引き出せるかを理解したいと思うようになったという。 「マシンはほぼ同じセッティングになっている。つまり問題は、僕がどうドライビングをしているかということだ」とハミルトンは言う。 「レースでは少し異なるタイヤの使い方をしていて、多くの場合、僕のほうが少しばかりタイヤを長くもたせることができる。現状ではその恩恵を受けていて、それが今でもアドバンテージになっている」...
May
20
 今季はパフォーマンスの低迷が続くフェラーリF1だが、F1のモータースポーツ担当マネージングディレクターを務めるロス・ブラウンは、フェラーリのチーム代表であるマッティア・ビノットはチームを率いるにふさわしい人物であると述べている。  フェラーリは今年の始めには、間違いなくシーズン序盤での優勝候補になると目されていた。しかしチームは期待に応えることができず、優勢に立つライバルのメルセデスに一貫して挑戦できない状態となっている。  スペインGPでのフェラーリは車体やエンジンのアップデートに望みをかけて挑んだものの、結局はメルセデスに打ち負かされている。残念ながらフェラーリの努力は無駄に終わり、スペインGPではメルセデスが今季5度目の1-2フィニッシュを飾る結果となった。  イタリアのメディアは、メルセデスを上回れないことや戦略決定、そしてチームオーダーなどあらゆる点でフェラーリを批判している。  チームの基盤には必要なだけの強さがあるものの、ライバルが強大なのだと、かつてミハエル・シューマッハーとともにフェラーリ黄金時代を率いたブラウンは話す。...