RacingMall.NET | Shopping mall for Racing cars.

The Shopping mall of Racing cars performance parts.

Toyota_Supra_2019_Detroit_007_F1177BF24ABF1705E1415E5FCB6701DED81F603E-660x440.jpg
Jan
14
 現地1月14日、アメリカ・デトロイトのデトロイトモーターショーで世界初公開された新型スープラ。プレスカンファレンスにトヨタ自動車の豊田章男社長とともに登壇したフェルナンド・アロンソは「毎日快適にドライブできるレーシングカー」とスープラを絶賛した。  ついにベールを脱いだ『GRスープラ』こと5代目スープラ。初代モデルから受け継がれてきた直列6気筒エンジンを積むFR車という特徴に、ピュアスポーツカーにふさわしい運動性能を組み合わせたとするフラッグシップスポーツモデルだ。  デトロイトショーでのカンファレンスにはスープラを『特別な旧友』と表現した豊田社長のほか、トヨタ陣営のひとりとしてWEC世界耐久選手権を戦い、2018年6月のル・マン24時間を制したアロンソも登壇。日本でドライブしたという新型スープラの印象を語っている。 「日本で新型スープラをドライブしたとき、クルマ全体からアキオさん(豊田章男社長)の仕事ぶりを感じることができた」とアロンソ。...
electric-car-2-300x169.jpg
Jan
14
There’s talk of bringing the petrol and diesel ban forward by eight years. With existing plans to have a zero-emission UK by 2040 coming under fire and . so far, there is plenty to do before any ban can take place. While the aim is to phase out diesel and petrol motors in the coming...
mulitmeter-digital-300x300.jpg
Jan
14
[​IMG]When looking for a new multimeter, one thing will probably catch your attention more than any other. It is the automatic or manual ranging function. Which one is better and which one you actually need? We will give you the simplest and the most comprehensive answer below. Automatic ranging Auto...
19EX650K_BK1DRF1CG_A-660x440.jpg
Jan
14
 カワサキモータースジャパンは1月15日、Ninja650、Ninja650 KRT EDITIONの2019年モデルを発表した。また、同時にストリートモデルのZ650の発売も明らかとなった。いずれも2月1日より販売される。  Ninja650(ニンジャ650)は、2017年にフルモデルチェンジして発売されたカワサキのフルカウルスポーツモデル。シャープなスタイリングはカワサキのNinjaスーパースポーツシリーズの血統を受け継ぎながらも、扱いやすい649ccのパラレルツインエンジンを搭載している。低・中回転域の力強さはもちろん、燃費のよさも特長だ。  シャシーはスリムかつ軽量で、車両重量は193kg。スリムに絞り込まれたシートは足着き性とともに、ライディングポジションをとったときのフィット感にも貢献する。  セパレートのハンドル位置は高めに設定されており、ライディングポジションにも無理を強いない。...
AP-1Y4JF3CUH1W11_hires_jpeg_24bit_rgb-660x440.jpg
Jan
14
 第41回大会となる2019年のダカールラリーは1月14日、サン・ファン・デ・マルコナ周辺を回る387km(ステージ距離323km)の競技7日目が行われ、ステファン・ペテランセル(ミニ・ジョン・クーパー・ワークス・バギー)がステージを制覇。総合でも2番手に浮上した。  全10ステージで争われている2019年のダカールラリーは終盤戦に突入。競技7日目はパウダー状の砂が堆積した“フェシュフェシュ”や広大な砂漠、そして高速セクションなどバラエティに富む構成で争われた。 . 競技7日目は砂漠や岩山などバラエティ豊かな路面コンディションで争われた...
ISO_5016-660x440.jpg
Jan
14
 東京オートサロン2018に出展していたインパルブースで13日、2019年のMobil1レースクイーンが発表された。  Mobil1レースクイーンはスーパーGT500クラスに参戦するTEAM IMPULやAUTOBACS RACING TEAM AGURIなどをサポート。2018年はスーパーフォーミュラに参戦するITOCHU ENEX TEAM IMPULのレースクイーンも務めた。  東京オートサロンに出展したホシノインパルブースでは、昨年に引き続きMobil1レースクイーンの発表会などが開催され、たくさんのファンが集結。13日に2019年のMobil1レースクイーンが発表された。  MCの進行のもと、まずは2018年のMobil1レースクイーンの佐崎愛里さんと小林沙弥香さんが登場し、2018年シーズンを振り返る。...
ASWEB-MGP-FSUSb-660x445.jpg
Jan
14
 2018年のF1のフロントサスペンションはいくつかのパターンがみられた。それでも基本的な方法はほぼ全チームで変わらない。上下動(ヒーブ・ムーブメント)はヒーブサスペンションユニットが受け持ち、上下動のスピードをスプリング(コイルか傘ワッシャースプリング)のレートで、振動加速度をイナーター(慣性緩衝器)で調整する方法だ。  そして車体重量を受け止めてライドハイトを維持する目的でロッカーの回転中心にトーションバースプリング(捩じり棒型スプリング)を配置。左右のサスペンションの独立した動きを矯正・調整するのにはアンチロールバーが担い、さらに左右の各ロッカーにはダンパーも装着され、左右のサスペンション振動の緩衝を受け持っている。これがもっとも一般的なフロントサスペンションの構造になっている。...
191S209_2s-660x440.jpg
Jan
14
 スバルテクニカインターナショナル(STI)は1月15日、アメリカ・デトロイトで開幕したデトロイトモーターショー2019で、同社のコンプリートカーシリーズ最新作で“Sシリーズ”初の北米向けモデルとなる『スバルS209』を世界初公開した。  今回発表されたS209は、先代のS208と同じくスバルのモータースポーツ活動を統括するSTIが『スバルWRX STI』をベースにエンジンや足回りを専用開発し、ベース車両から大幅な性能向上が図られたSTIコンプリートモデルだ。  しかし、その性能は史上最強を謳った先代を上回るものに。エンジンはアメリカ仕様WRX STI専用のEJ25をベースに吸排気系を専用開発。さらに専用ECUで制御することで、その最高出力は341馬力というSTIモデル最高値をマーク。  また、足回りには歴代STIモデルで最大幅となる265/35R19ダンロップ製ハイグリップタイヤとともに、BBS製19インチ鍛造ホイールが採用され、あわせて専用開発のビルシュタインダンパー、コイルスプリング、強化ブッシュが備わる。...
Jan
14
 2018年に再びメルセデスとのF1タイトル争いに敗れたフェラーリが、チーム代表交代に続いて、さらなる体制変更を行おうとしているとイタリアメディアが報じた。  Autosprintは、フィアット・クライスラー・オートモービルズおよびフェラーリの会長を務めるジョン・エルカーンが、フェラーリCEOルイス・カミッレーリを外し、かつてフェラーリのチーム代表を務めたステファノ・ドメニカリを後任に据えることを検討していると報じた。  ドメニカリは2008年から2014年4月までフェラーリ代表の役割を担い、現在ではランボルギーニのCEOを務めている。  7日、フェラーリは、チーム代表マウリツィオ・アリバベーネがチームを去り、チーフテクニカルオフィサーを務めてきたマッティア・ビノットが即時その座を引き継ぐことを発表した。  経験あるドメニカリがフェラーリに復帰すれば、2021年以降のコンコルド協定に関しF1、FIAと交渉を進めていく上でもビノットにとって助けになるとみられている。...
Jan
14
 レッドブル・レーシングのマックス・フェルスタッペンは、FIAから科されたペナルティによりフォーミュラEマラケシュE-PrixでFIAスチュワードの仕事を見学した後、有意義な経験だったと語った。  フェルスタッペンは2018年F1ブラジルGPでエステバン・オコンとの接触で勝利のチャンスを失い、レース後、憤りのあまりオコンを突き飛ばした。FIAはこれは国際スポーツ法典への違反であるとして、フェルスタッペンに2日間の社会奉仕を義務付けることを決めた。  その1日目としてフェルスタッペンは12日に開催されたフォーミュラEマラケシュE-Prixでスチュワードの仕事を見学することを命じられた。 「別の立場でレースを見ることは興味深かった。普通はスチュワードと一緒に丸一日を過ごすことはできないからね!」と一日を終えたフェルスタッペンが語ったとFIAは伝えた。...
2f8dd3e0-1813-11e9-b7cb-6b062b4ed50b
Jan
14
Filed under: .,.,. It's gonna be a late one....
e698fc80-13cd-11e9-a765-89bec4644369
Jan
14
Filed under: .,.,.,. Audi partnered with Disney on a new...
99aff0c0-17fd-11e9-bd4e-7fe0de689db6
Jan
14
Filed under: .,.,. History would indicate 'not good.'...
Jan
14
 メルセデスF1のチーム代表トト・ウォルフは、ホンダのパワーユニット(PU/エンジン)は2018年に向上し、非常にパワフルになったと評価した。一方で、2019年にチームの序列を決める上でより重要になってくるのは、新たな空力レギュレーションにうまく対応できるかどうかであるとも述べている。  ホンダは2015年にマクラーレンのパワーユニットパートナーとしてF1に復帰したものの、当初はライバルのメルセデス、フェラーリ、ルノーに追いつけず、パフォーマンスと信頼性の大幅な改善を実現できないまま、2017年末にマクラーレンとの契約を終了した。しかし新たなパートナー、トロロッソと組んだ2018年、ホンダは向上を示し、レッドブル・レーシングは2019年からルノーに代えてホンダのパワーユニットを搭載することを決めた。  レッドブル首脳陣は繰り返し、ホンダの向上に満足しており、ともにタイトルを狙いたいと大きな期待を述べている。...
H2-SX19ZX1002A_GY1DRF1CG_A-660x440.jpg
Jan
14
 1月15日、カワサキモータースジャパンはNinja H2 SX、Ninja H2 SX SEの2019年モデルを発表。同時に、シリーズ最上位モデルであるNinja H2 SX SE+を新たに発売することを明らかにした。いずれも発売日は2月1日となる。  2018年3月に発売されたNinja H2 SX(ニンジャH2 SX)とNinja H2 SX SE(ニンジャH2 SX SE)は、Ninja H2(ニンジャH2)シリーズにおけるスポーツツアラーモデル。ニンジャH2と、そのベースモデルであるニンジャH2Rと同様にスーパーチャージドエンジンを搭載しながらも、パワーと燃費性能を両立する、低・中回転域のパワーはニンジャH2を上回るという。  ニンジャH2 SX SEはニンジャH2 SXをスタンダードとし、フルカラーTFT液晶スクリーンとLEDコーナリングライトなどが標準装備されたモデルとなっている。ニンジャH2 SXは2018年モデルからの主な変更点はないが、ニンジャH2 SX SEはハイリーデュラブルペイントが新たに採用された。...
40423620-1842-11e9-9df7-c27b85d1c909
Jan
14
Filed under: .,.,. A new North American HQ, but still no cars for sale in the...
9e290a10-182f-11e9-bf37-9e458264bfc7
Jan
14
Filed under: .,.,.,. It includes two...