RacingMall.Com | Shopping mall for Racing cars.

The Shopping mall of Racing cars performance parts.

asimg__MS10053_7361741768647a8-660x440.jpg
Oct
23
S-GT2021 Rd6 AutoPolis QF LMcorsa REPORT #60 SYNTIUM LMcorsa GR Supra GT サクセスウエイトの影響を感じさせない走りを見せたSYNTIUM LMcorsa GR Supra GTは、予選Q1を担当した河野選手が3番手でB組を突破し、吉本選手が予選Q2で6番手を獲得。決勝レースは6番手から上位入賞を目指す  緊急事態宣言とまん延防止等重点処置が全国的に解除されて初の本戦となったAUTOBACS SUPER GT 2021 SERIES第6戦『AUTOPOLIS GT 300km RACE』が大分県のオートポリスで開催されている。一部の大会では延期による日程変更があったものの今季のSUPER GTはここまで順調に5戦が終了していて、どのサーキットも来場者数の制限はあったが有観客で行われてきた。  今季からニューマシンのGR Supra...
Oct
23
 10月23日、2021年MotoGP第16戦エミリア・ロマーニャGP Moto2クラスの予選がイタリアのミサノ・ワールド・サーキット・マルコ・シモンチェリで行われ、サム・ロウズ(Elf Marc VDS Racing Team)がポールポジションを獲得した。2番手はホルヘ・ナバーロ(+EGO Speed Up)、3番手はアウグスト・フェルナンデス(Elf Marc VDS Racing Team)が続いている。小椋藍(IDEMITSU Honda Team Asia)は18番手で終えている。 ■MotoGP第16戦エミリア・ロマーニャGP Moto2予選総合 天候:曇り 路面:ドライ Pos. No. Rider Team Motorcycle
1​
22​
サム・ロウズ Elf Marc VDS Racing Team カレックス
2​
9​
ホルヘ・ナバーロ +EGO Speed Up ボスコスクーロ...
Oct
23
 10月23日、MotoGP第16戦エミリア・ロマーニャGPの予選がイタリアのミサノ・ワールド・サーキット・マルコ・シモンチェリで行われ、チャンピオンシップでランキング2番手につけるフランセスコ・バニャイア(ドゥカティ・レノボ・チーム)がポールポジションを獲得した。一方、チャンピオンシップリーダーのファビオ・クアルタラロ(モンスターエナジー・ヤマハMotoGP)はQ1で5番手に終わり、Q2進出ならず15番手という結果に終わっている。  予選日の午前中に行われたフリー走行3回目も初日に続き、ウエットコンディション、気温15度、路面温度14度という低い気温でスタートした。初日を総合トップで終えたミラー(ドゥカティ・レノボ・チーム)が序盤に1番手タイムを記録。2番手にはジョアン・ミル(チーム・スズキ・エクスター)、3番手にマルク・マルケス(レプソル・ホンダ・チーム)がつける。...
Oct
23
 10月23日、2021年MotoGP第16戦エミリア・ロマーニャGP MotoGPクラスの予選がイタリアのミサノ・ワールド・サーキット・マルコ・シモンチェリで行われ、フランセスコ・バニャイア(ドゥカティ・レノボ・チーム)がポールポジションを獲得した。2番手はジャック・ミラー(ドゥカティ・レノボ・チーム)、3番手はルカ・マリーニ(スカイ・VR46・アビンティア)が続いた。中上貴晶(LCRホンダ・イデミツ)は16番手となった。 ■MotoGP第16戦エミリア・ロマーニャGP MotoGP予選総合 天候:曇り 路面:ドライ Pos. No. Rider Team Motorcycle Time session
1​
63​
フランセスコ・バニャイア ドゥカティ・レノボ・チーム ドゥカティ
1’33.045​
Q2 2​
43​
ジャック・ミラー ドゥカティ・レノボ・チーム ドゥカティ...
asimg_OGAR2627_416173f7da2a09d-660x440.jpg
Oct
23
 スーパーGT第6戦オートポリスの予選、ダンロップ勢の2台が速さを見せたなかで、一番とも言える驚きとなったのがポイントランキング実質4位でサクセスウエイト(SW)70kgを搭載する14号車ENEOS X PRIME GR Supra が予選2番手に食い込んだことだった。GRスープラ勢のなかでも2番手に1秒差を付ける圧倒的な速さを、70kgの重いウエイトを搭載して見せた14号車。GRスープラ陣営は前回のSUGOでのエンジン関連のトラブルにより、3台のマシンが3基目のエンジンを投入することで決勝でペナルティを受けることが決まっているが、14号車がその暗い雰囲気を一掃するような速さを見せた。その14号車とともに、ライバル勢たちの予選後の声を集めた。...
asimg_c02_176173f9eca38ff-660x440.jpg
Oct
23
2021 AUTOBACS SUPER GT Report AUTOPOLIS GT 300km RACE 第6戦 オートポリス ZENT CERUMO GR Supra #38 立川祐路/石浦宏明 ◆10月23日(土) QUALIFY 公式予選結果 10位  2021年のSUPER GTも終盤戦。迎えた第6戦の舞台は、大分県日田市のオートポリスだ。2020年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で開催されなかったこともあり、九州のファンにとっては待望の開催となるレース。直前に阿蘇山の噴火もあったが、無事にレースウイークを迎えた。  ただそんなシーズンだが、TGR TEAM ZENT CERUMOにとっての2021年は、これまでまったくチームが期待したものとはほど遠い結果が続いてしまっている。再浮上のきっかけは少しずつ掴みながらも、なかなか結果として残らない。まわりのライバルたちが得点を重ね、シーズンで最も重いサクセスウエイトを積む第6戦は、まだウエイトをそこまで積んでいないTGR TEAM ZENT...
Oct
23
 10月23日、2021年MotoGP第16戦エミリア・ロマーニャGP Moto3クラスの予選がイタリアのミサノ・ワールド・サーキット・マルコ・シモンチェリで行われ、ニッコロ・アントネッリ(Avintia VR46)がポールポジションを獲得した。2番手はフィリップ・サラック(CarXpert PruestelGP)、3番手はリカルド・ロッシ(BOE Owlride)が続いた。  日本人勢は10番手が佐々木歩夢(Red Bull KTM Tech 3)、13番手が國井勇輝(Honda Team Asia)、20番手が山中琉聖(CarXpert PruestelGP)、24番手が鈴木竜生(SIC58 Squadra Corse)、27番手が鳥羽海渡(CIP Green Power)となっている。 ■MotoGP第16戦エミリア・ロマーニャGP Moto3予選総合 天候:曇り 路面:ドライ Pos. No. Rider Team Motorcycle Time session
1​
...
asimg_OGAR0672_b36173f211c9a1e-660x440.jpg
Oct
23
 ランキングトップでサクセスウエイト(SW)100kgを背負うSUBARU BRZ R&D SPORTが予選2番手に食い込んだことで、にわかにざわつくGT300のタイトル戦線。第6戦オートポリスで予選上位に入ったタイトルコンテンダーたちに、予選日の状況と決勝日への展望を聞いた。 ■「SUGOとは全然違う」BRZ  前戦SUGOで今季初優勝を飾り、ランキングでは1ポイント差ながら首位へ。今回は100kg(計算上の累積は117kg/39ポイント)のSWでオートポリスに挑んだSUBARU BRZ R&D SPORTの山内英輝は、「(Q2の)アタックに入る前の最終コーナーでミスってしまったのが、すごく悔しいですね」と予選を振り返る。  ただ、そのミスがなかったとしてもポールポジションのTOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GT31号車を上回ることはできなかった、という。  今季、予選では速さを見せながらも、決勝ペースに課題を抱えていたSUBARU BRZ R&D...
asimg_51209787277_3213e0d1c6_k_b66173cebad4cf6-660x440.jpg
Oct
23
 10月23日、イタリアのミサノ・ワールド・サーキット・マルコ・シモンチェリで開催されている2021年MotoGP第16戦エミリア・ロマーニャGP MotoGPクラスのフリー走行3回目の開始直前にバレンティーノ・ロッシ(ペトロナス・ヤマハSRT)がスペシャルデザインのヘルメットを公開した。  イタリア出身のロッシは、2002年からホームとなるイタリアGP(ムジェロ・サーキット)やサンマリノGP(ミサノ・ワールド・サーキット・マルコ・シモンチェリ)でスペシャルヘルメットを使用することを恒例としてきた。 ....
Oct
23
2021年10月23日(土) SUPER GT 第6戦 予選 オートポリス 予選結果 Q1:2番手 Q2:3番手 予選概要 ・Q1を担当した大津弘樹はコースレコードを更新する2番手タイムでQ1突破 ・Q2でアタックをした伊沢拓也はトップと0.298差の3番手 ■コメント 総監督:中嶋悟 「3番手、決して悪いポジションではありませんが、ちょっと足らなかったというところが悔しいですね。悪い位置ではないので、決勝では粘り強く戦って、今よりひとつでも前でチェッカーを受けたいと思います」 伊沢拓也...
asimg_2156QF2_386173e3bd72735-660x440.jpg
Oct
23
第6戦 オートポリス GT500予選レポート PPは叶わなかったが、明日は4番手から表彰台を目指す  2021年のSUPER GTもこのオートポリスで終盤戦に突入する。2年ぶりに行われるこのオートポリスで、ARTAは何とか復活の狼煙を上げたい。  午前のセッションは福住仁嶺がステアリングを握る。バランスを見ながら走行メニューを消化していくが、なかなか思うようなタイムが出せない。野尻智紀に変わり、一時、トップタイムを記録するものの、他車に塗り替えられ下位に沈んでしまう。チームは予選までにセットを見直し、Q1に福住を送り込んだ。  福住は最初のアタックでトップタイムを記録、セット変更は良い方向に出たようだ。最終的には他車にタイムを塗り替えられるが、4番手でQ1突破に成功した。午前よりクルマは確実に速くなっているようだ。  Q2を走る野尻は、最初にトップタイムを叩き出し、このタイムをターゲットに全車アタックに入る。3台にタイムを塗り替えられ、4位に終わったものの、明日に向けて手応えを感じられる予選だった。...
asimg_2136QF2_a6173e5156d1e1-660x440.jpg
Oct
23
第6戦 オートポリス GT300予選レポート フリー走行で痛恨のクラッシュ、修理は間に合ったがセット詰めきれず、後方からポイントを目指す  午前のセッションは佐藤蓮から走行を開始し、セットの確認を行った。サクセスウエイトは重いものの、バランスは悪く無さそうだ。1時間あまり走行し、高木真一に交代する前に、佐藤は痛恨のクラッシュを喫してしまう。  サスペンションにダメージはなかったものの、フロント周りは破損が大きい。赤旗中断になってしまったが、赤旗解除直後に他のクルマが止まってしまい、再度赤旗が提示された。そのお陰で、車両をピットまで持ってくることができ、車両の修復は予選開始直前に完了し、何とか予選に間に合わせることができた。  今回もA組、B組に分けられて予選が行われた。#55 ARTA NSX GT3はA組での出走だ。...
asimg_XPB_1114767_1200px_7d6173dd193d09f-660x440.jpg
Oct
23
 2021年F1第17戦アメリカGPの木曜会見の第2組は、シャルル・ルクレール(フェラーリ)とルイス・ハミルトン(メルセデス)の組み合わせだった。ところが壇上に座っていたのは、ルクレールだけ。司会者は特にハミルトン不在の理由を説明せず、「ルイスはまもなく来るはずです」とだけ前置きして、ルクレールひとりの会見が始まった。  ルクレールは10月16日に、24歳の誕生日を迎えたばかりだった。 ──誕生日おめでとう。どんなふうに祝ったのですか。 ルクレール:家族や友人に、レストランで祝ってもらった。普段なかなか会えないし、シーズン終盤の今は、特に留守が長くなる。だからよけいにうれしかったね。

 そしてすぐにアメリカに向かったが、出発の際にハプニングに見舞われてしまう。 ルクレール:ニース空港で直行便に乗ろうとしたら、NIEビザが拒否されてしまってね。それでその便に乗りそびれてしまった。...
asimg_OGAH6876_c36173c13a86e4e-660x440.jpg
Oct
23
 前戦SUGOでのみちのく決戦に続き、こちらも2年ぶりに大分県オートポリスでの開催となった九州ラウンド。2021年スーパーGT第6戦のGT500クラス公式予選が争われ、コースレコード更新合戦となったQ1でも最速を記録した16号車Red Bull MOTUL MUGEN NSX-GTが最前列を奪取。Q2担当の笹原右京のみならず、Q1でレコード樹立の大湯都史樹にとってもうれしいGT500初ポールポジション獲得となった。  熊本県の阿蘇山麓にほど近いオートポリスは、直前の火山活動活発化によりレベル3の入山規制が敷かれる状況となるも、隣県大分の日田市周辺は幸いにも降灰など大きな影響もなく、10月23日(土)の予選日もサーキット上空は朝から秋晴れの快晴となった。  開幕戦から戦績に応じて蓄積してきたサクセスウエイト(SW)もこの第6戦でピークを迎え、シリーズ規定により続く第7戦もてぎでは半減、最終戦富士ではノーウエイト勝負となることから、ランキング上位勢は少しでも予選上位に食い込んでポイント獲得への足掛かりを得たいところ。...
asimg_21R17USAFr-Sai-Fer1_d16173d2b47a7df-660x440.jpg
Oct
23
 2021年F1アメリカGPの金曜、フェラーリのシャルル・ルクレールはフリー走行1=4番手/2=7番手、カルロス・サインツはフリー走行1=5番手/2=9番手だった。 ■スクーデリア・フェラーリ・ミッション・ウィノウ シャルル・ルクレール フリー走行1=4番手/2=7番手  アメリカに戻ってくることができて最高の気分だよ。ここはサーキットもオースティン市の周辺も、いつもすごく特別な雰囲気なんだ。みんなフレンドリーで熱狂的だし、早くも今日からグランドスタンドでフラッグを振って応援してくれているファンの姿を見た。本当にうれしい。  自分たちのセッションに関して言うと、予定していたプログラムに沿って走行し、ほぼすべてのことをテストした。ここは路面のバンプの影響で、走るのがとても難しい。...
asimg_KWN01035_d66173ceb5bd588-660x440.jpg
Oct
23
 オートポリスで開催されている2021スーパーGT第6戦『AUTOPOLIS GT 300km RACE』。10月23日の午後に行われたGT500クラス公式予選を終え、ポールポジションを獲得したRed Bull MOTUL MUGEN NSX-GTの笹原右京と大湯都史樹が予選を振り返り、明日の決勝レースへの展望を語った。 大湯都史樹 Q1担当/ベストタイム:1’31.389 「ここまで来ることに非常に苦労しました。今年も予選2番手は獲れていましたが、本当に惜しいところでポールポジションを逃す予選が多かったです。そのなかで、まず予選Q1、Q2ともにトップタイムを出すことができたというのは本当にうれしく思いますし、このチームが徐々に『力を付けているんだぞ』というところを見せられて本当に良かったなと思います」...
asimg_KWN00991_996173cebec8a69-660x440.jpg
Oct
23
 オートポリスで開催されている2021スーパーGT第6戦『AUTOPOLIS GT 300km RACE』。10月23日の午後に行われたGT300クラス公式予選を終え、ポールポジションを獲得した31号車TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GTの嵯峨宏紀と中山友貴が予選を振り返り、明日の決勝レースへの展望を語った。 中山友貴 Q1担当/ベストタイム:1’42.687 「今の気持ちとしては率直に、非常にうれしいです。今シーズンは順調に(クルマの)開発も進み、スピードも上がってきてはいたのですが、BoP(バランス・オブ・パフォーマンス)の変更など、いろいろうまくいくこと、うまくいかないことも含め、レースウイークのサーキットで非常に苦労している場面が多かったので、このオートポリスでも厳しい戦いになるのかなという予想もありました。ですが、ポールポジションが獲れたということは、自分もQ1を走らせて貰い、Q1トップの流れをうまく嵯峨選手が繋げてくれたというのが、非常に大きな結果を残せたという意味で良かったなと思います」...