RacingMall.Com | Shopping mall for Racing cars.

The Shopping mall of Racing cars performance parts.

Sep
18
 ジェームズ・グリッケンハウス率いるアメリカのスポーツカーコンストラクター、スクーデリア・キャメロン・グリッケンハウス(SCG)は9月18日、WEC世界耐久選手権参戦用に開発を進めている『SCG 007』の最新レンダリングをSNSで公開した。  独自のスポーツカーやスーパーカーの製造・販売に加え、ニュルブルクリンク24時間レースに参加するなどモータースポーツにも積極的な姿勢をみせるSCG。アメリカに本拠を置く同メーカーは2018年7月、暫定的に“ハイパーカー規定”と呼ばれているWECの2020/2021年規定に合致した車両を開発し、世界選手権とル・マン24時間レースに挑戦することをアナウンスした。  また、SCGはこの発表に合わせて競技用ハイパーカーのイメージCGを公にしていたが、今回その最新版が新たに公開されている。  SCGの公式SNSで披露されたSCG...
19R14ItaSu-Ham-XPB1-660x440.jpg
Sep
18
 シャルル・ルクレールはベルギーGPでF1キャリアにおける初優勝を、そして続くイタリアGPで2度目の優勝を飾った。フェラーリは、スパとモンツァの高速で流れるような構成のコースで高い競争力を発揮した。しかし、ダウンフォースが不足しているフェラーリには、低速コーナーが多いシンガポールの市街地コースは分が悪そうだ。 「ベルギーとイタリアではポジティブな週末を過ごすことができたが、シンガポールでのレースはデータ上、僕たちと相性が良くなさそうだ」とルクレールは語った。 「コースレイアウトが全く違う。多くの低速コーナーがあり、ストレートが少ないんだ。僕たちにとってより難しい週末になるかもしれない。でも好結果を出すために全力を尽くすよ」...
IMG_1706-660x440.jpg
Sep
18
 F1シーズンを転戦していると、いろいろな人との出会いがある。今回は、日本のF1誌で活躍中のルイス・バスコンセロスが息子を連れて第14戦イタリアGPの見学にやってきたので紹介しよう。 ・・・・・・・・・・・・・  日本でF1の報道を見ている方なら、「ルイス・バスコンセロス」という名前は知っているはずだろう。オートスポーツ誌、F1速報誌、レーシングオン誌、東京中日スポーツ紙など、さまざまな日本のメディアに原稿を寄せているポルトガル人ジャーナリストである。  そのバスコンセロスが、イタリアGPで若い男性を引き連れてパドックを歩いていた。バスコンセロスと一緒に歩いていた男性は、バスコンセロスの長男、ティアゴさんだ。 . F1ジャーナリストのルイス・バスコンセロス(左)、息子のティアゴさん(右)...
19R14ItSu-Alb-XPB1-660x440.jpg
Sep
18
 レッドブル・ホンダのルーキー、アレクサンダー・アルボンにとって、今週末のF1シンガポールGPは、マリーナベイ・ストリート・サーキットを走る初めての機会になる。タイ国籍のアルボンにとっては、タイと地理的に近いシンガポールでのレースはホームグランプリとしての意味合いも持つ。  2019年にトロロッソからF1にデビューし、サマーブレイク明けのベルギーからレッドブルに昇格したアルボンは、ベルギーで5位、続くイタリアで6位と堅実な結果を出し、レッドブル首脳陣からも上々の評価を得ている。 ....