RacingMall.NET | Shopping mall for Racing cars.

The Shopping mall of Racing cars performance parts.

IMG_7247a-660x440.jpg
Mar
26
 2012年からマン島TTレースに電動バイク『神電』で参戦しているTEAM MUGENが、クラス6連覇を目指し2019年の参戦体制発表を東京モーターサイクルショーで行った。年々進化している電動バイクレースをいち早く開発してきたTEAM Batham’s MUGENの宮田明広監督にマシン開発について聞いた。  マン島TTは、1907年からマン島の一般公道を舞台に行われ、1周60.73kmのコースをタイムトライアル形式で競い合う。そのコースは市街地、住宅街、山間部を含む一般公道で、高低差400メートル、コーナー数は200以上にも及ぶ。  TEAM Batham’s MUGENが参戦しているのは、2009年に新設されたTT Zeroクラスだ。二酸化炭素を一切排出しないゼロエミッションカテゴリーで、主に電動バイクが参戦している。マシンが搭載するバッテリー性能や容量の関係で、現在は1周のみ周回して競われる。...
WSTtzG-660x990.jpg
Mar
26
 スーパーGTに参戦するレースシングスポーツブランド「ARTA」でサーキット・アテンダントとして活動する「ARTA GALS」の2019年度のメンバーが発表された。  2019年シーズンもGT500クラスとGT300クラスに参戦するARTA。GT500クラスに野尻智紀と伊沢拓也を引き続き起用し、GT300クラスは、これまで使用してきたBMW M6 GT3からホンダNSX GT3の2019年モデルへマシンをスイッチ。ドライバーも高木真一と海外で経験を積んできた福住仁嶺を起用した。  さらにスイスの高級時計ブランド『CVSTOS(クストス)』とのパートナーシップ締結を発表。マシンカラーリングも、鮮やかなオレンジカラーが特徴的だったマシンから、“弾丸”をテーマにグラデーションが使われ、よりスタイリッシュな印象を持つカラーリングへと変更された。  チームの華となるレースクイーン「ARTA...
DSC09625-660x438.jpg
Mar
26
 2019年シーズンのスーパーフォーミュラ開幕を目前に控え、トヨタとホンダの若手ドライバーの筆頭株ともいえる平川亮(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)と牧野任祐(TCS NAKAJIMA RACING)が、これまでのテストの手応えや、彼ら自身のキャリアに関わる“次のステップ”について語った。  トヨタとホンダという2大メーカーを代表する若手ドライバーである平川と牧野。第2回公式合同テストの午前のセッションを終えて記者会見に臨み、まずは鈴鹿で行われた第1回公式合同テストとこれまでの感触を振り返ったが、両者の手応えは分かれる形となったようだ。  平川は、現状について“まずまず”だと述べた。今年から使用する新シャシー『SF19』は、先代のSF14よりもタイヤの幅が広くなったが、平川はまだこのタイヤを活かしきれていない状況だという。 「さまざまなことを試していくなかで、良いこともありましたが、鈴鹿ではあまり手応えがありませんでした」...
ae46b1f460ee46f789c27b264a6cb4216-660x440.jpg
Mar
26
 2019年のスーパーGT GT300クラスにUPGARAGE NSX GT3として参戦するTEAM UPGARAGEが3月21日、アップガレージ横浜町田総本店で『TEAM UPGARAGE作戦会議atアップガレージ横浜町田総本店』を開催。この場で2019年のマシンカラーリングをお披露目した。  2018年まで86マザーシャシーを使ってきたTEAM UPGARAGEは、2019年からマシンをホンダNSX GT3にスイッチ。小林崇志と松浦孝亮のコンビでタイトル獲得を目指す。チームが使用するNSX GT3のカラーリングについては、3月16~17日に岡山国際サーキットで行われた公式テストなどでも見られていたが、この作戦会議で正式披露となった。...
dtm26-660x369.jpg
Mar
26
 ブランパンGTシリーズの強豪チームとして知られ、2019年シーズンはアウディのカスタマーチームとしてDTMドイツ・ツーリングカー選手権にも参戦するWRT(Wレーシングチーム)が、今季挑む4つのカテゴリーに参戦するマシンのカラーリングを発表した。  2019年にチーム創設10周年を迎えるWRTは、アウディのカスタマーチームとしてブランパンGTシリーズやニュルブルクリンク24時間などのGT3カテゴリーを中心に活躍。その主戦場であるブランパンGTでは、ほぼ毎年タイトル争いに加わるなど強豪チームとして知られる存在だ。  ベルギーに本拠を置くチームは今季、3台のエボリューション版アウディR8 LMSをブランパンGTシリーズ・エンデュランスカップに投入するほか、ブランパンGTワールドチャレンジ・ヨーロッパ(旧スプリントカップ)にも4台体制で出場する。...
Mar
26
 コスタリカで行われたバイクレースの決勝レース中に接触したライダーふたりがコース上で殴り合う珍事が起きた。  イギリスのDaily Mail OnlineやBBCなどによれば、殴り合いが起きたのは2月に行われたコスタリカ・ナショナル・モーターバイク・チャンピオンシップの第1戦。決勝レース中、ストレートでサイド・バイ・サイドになったホルヘ・マルティネスとマリオン・カルヴォのふたりが接触したことが事件のはじまりだ。  この接触でバランスを崩したマルティネスは落車。横にいたカルヴォのマシンにしがみついた。マルティネスがしがみついていることに気づいたカルヴォはストレートイン側にマシンを止めたところ、接触に激怒したマルティネスが右パンチを放った。  これでヒートアップしたカルヴォも、コースを横断してマシンのもとへ向かっていたマルティネスを追いかけて体当たりして反撃。このままコース上での乱闘になるかと思われたが、落ち着きを取り戻したふたりはそれぞれマシンのもとへ向かっていった。...
OGAQ1537-660x440.jpg
Mar
26
 富士スピードウェイで行われている第2回スーパーフォーミュラ公式合同テスト。初日の午後は、ルーキーの坪井翔(JMS P.MU/CERUMO・INGING)がトップタイムをマークした。赤旗が4回出た午前のセッションとは打って変わって、午後のセッションは中断はなくスムーズに進行。各車、4月20日に鈴鹿で迎える開幕戦に向けて、精力的に周回を重ねた。  春休みということもあってか、平日にも関わらず富士スピードウェイには大勢のファンが詰めかけた。午後には晴れ間も広がり、完全なドライコンディションでセッションが始まった。  走行開始とともに各マシンが積極的にコースへ出て行き、ロングラン主体のプログラムを進めていった。序盤は頻繁に順位が入れ替わったが、開始から30分も経つと順位に大きな動きは見られなかった。  17号車のREAL RACINGは午前は塚越広大がステアリング握ったが、午後はトリスタン・シャルパンティエがコクピットに収まり、周回を重ねている。  セッションの折り返しまではニック・キャシディ(VANTELIN TEAM...
Mar
26
 バルテリ・ボッタスは、今季F1での接戦の結果がどうなるかは、シーズン中にドライバーが蓄積したファステストラップによるボーナスポイントにかかっていると考えている。  F1はショーを盛り上げる目的で、シーズン開幕戦オーストラリアGPの前にルール変更を行ない、トップ10以内でフィニッシュしたドライバーのうちファステストラップを記録したドライバーに、追加のチャンピオンシップポイントを与えるとした。  このルールにより、メルボルンではレース終盤の周回で注目を引く戦術が見られており、ボッタスは21戦後には、ボーナスポイントが非常に大きな意味を持つと考えている。 「ボーナスポイントは1ポイントだが、3ポイントかそれ以上のボーナスポイントを得れば、1年の終わりには大きな差になるだろう」とオーストラリアGPではファイナルラップ2周前の猛ダッシュで、合計26ポイントを稼いだボッタスは語った。 「1ポイントが最終的には大きな違いになる」...
Mar
26
 メルセデスF1チーム代表のトト・ウォルフは、メルボルンで勝利を挙げたものの戦いの考え方を変えるつもりはなく、次戦バーレーンGPでも最大のライバルであるフェラーリには挑戦者として臨むと語った。  2019年のF1開幕戦オーストラリアGP決勝レースにおいて、バルテリ・ボッタスとルイス・ハミルトンが完璧なパフォーマンスで1、2位を独占したことで、メルセデスは最高得点を獲得した。  しかしウォルフは、このレースでレッドブル・ホンダが見せた高いパフォーマンスに衝撃を受けたと明かしている。また予想を下回ったフェラーリの戦いぶりについては、1度限りの例外的なケースだと考えているようだ。 「シーズン初戦で最高得点の44ポイントを獲得できたというのは素晴らしい結果だ。シーズンの滑り出しとして、これ以上は望めない最高の形となった」とウォルフは語った。 「だが戦いはまだ始まったばかりだ。フェラーリは反撃のためにあらゆる手を打ってくるはずだ。またメルボルンでのレースを見れば、レッドブルも優勝争いに絡んでくることが予想できる」...
A-660x495.jpg
Mar
26
 カッコよく言えばモータースポーツ界で神出鬼没、反対の言葉で言えばフラっと気まぐれに現れる、レース界のマニアック“ヘンタイ”カメラマン鈴木紳平と、このコラム。なんだか最近、編集部の予想に反して熱烈なファンが増えているようで、まったくもって不本意極まりありません。今回も突如、シンポジウムに行ってしまったらしく・・・その模様を是非、今回のブログにてお楽しみください。なお、このメッセージは5秒後に自動的に消滅する・・・ワケではございませんが、読後はみなさまの忘却力を最大限に駆使して、何事もなかったかのように穏やかにお過ごしください。  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  モータースポーツを愛するみなさま、春も近づいて参りましたが、いかがお過ごしでしょうか。  各カテゴリー、開幕を控えテスト真っ盛りですが、今回は東京工業大学 大岡山キャンパスにて先日催されました2018年度『モータースポーツ技術と文化(主催:公益社団法人 自動車技術会)』シンポジウムより、『スーパーGT GT500...
Mar
26
 富士スピードウェイで行われている第2回スーパーフォーミュラ公式合同テスト。初日の午後は、ルーキーの坪井翔(JMS P.MU/CERUMO・INGING)がトップタイムをマークした。ホンダ勢のトップは2番手につけたルーカス・アウアー(B-Max Racing Team)で、3番手は石浦宏明(JMS P.MU/CERUMO・INGING)だった。 2019年スーパーフォーミュラ 第2回公式合同テスト富士 初日午後リザルト ※編集部集計 Pos. No. Driver Team Engine Time
1​
39​
坪井翔 JMS P.MU/CERUMO・INGING TOYOTA
1’22.204​
2​
50​
L.アウアー B-Max Racing with motopark HONDA
1’22.391​
3​
...
OGAV0825-660x440.jpg
Mar
25
 2019年の全日本スーパーフォーミュラ選手権に参戦するVANTELIN TEAM TOM’Sが2019年のマシンカラーリングを公開した。このデザインをまとったSF19は、3月26日に富士スピードウェイで始まった第2回公式合同テストでも走行している。  舘信秀総監督指揮のもと、中嶋一貴とニック・キャシディのふたりを起用してチャンピオン奪還を目指すVANTELIN TEAM TOM’S。新型シャシー『SF19』が導入される今季は興和株式会社の支援を受けて4年目の参戦となる。  チームが走らせる2台のSF19は、これまで同様グリーンとホワイトをベースに、ゴールドのラインがあしらわれたデザインに。SF19の特徴であるコクピット保護デバイス『HALO(ヘイロー)』もグリーン塗装に仕上げられた。...
19R01AusSa-Kvy-STR1-660x440.jpg
Mar
25
 ダニール・クビアトは、今週末開催されるF1バーレーンGPはトロロッソ・ホンダのパッケージの力を評価するためのいい機会になると考えている。  2019年開幕戦オーストラリアGPでF1復帰を果たしたクビアトは、フリープラクティスでは常にトップ10周辺を維持、予選は15番手に終わったものの、決勝を10位でフィニッシュ、チームに1ポイントを持ち帰った。  クビアトは、マシンは強力であるという手応えを得たと、ポジティブにオーストラリアGPを振り返った。 「オーストラリアGPの流れを見ると、とてもいい形でシーズンをスタートすることができたと感じる」とクビアト。 「自分たちがライバルたちと戦える状態であるということがはっきりした週末だったので、チーム全体の自信が高まった。次のバーレーンにポジティブな気持ちで向かうことができる」...
190078-car-ferrari-P80-C2-660x440.jpg
Mar
25
 フェラーリは3月25日、同ブランドのスポーツプロトタイプにまったく新しいモダンデザインを溶け込ませた最新ワンオフモデル『フェラーリP80/C』を発表した。  スーパーカーの代名詞のひとつであるフェラーリが送り出した1台限りのスペシャルカーは、同社のデザイン部門責任者フラビオ・マンツォーニの指揮の下、フェラーリスタリングセンターとエンジニアリングチーム、エアロダイナミクスチーム、そしてクライアントがともに手を取り合い、ユニークかつ真のソウルを持つ新しい“ヒーローカー”として生み出されたフェラーリ最新モデルだ。  2015年にスタートしたP80/Cの開発プロジェクトは、これまでフェラーリが手がけたワンオフモデル製作のなかでももっとも長期に渡るものとなった。そうしたなかで生まれた同モデルのスタイリングは、クライアントの要望にあわせて330 P3/P4やディーノ206Sといった、フェラーリの象徴的ヒストリックモデルのデザインを現代のスポーツプロトタイプにインスパイアしたものとなっている。...
Mar
25
 GAZOOの公式YouTubeチャンネルで、レーシングドライバーの飯田章、織戸学によるトヨタの新型スープラ試乗インプレッション動画が公開されている。  日本では今春に発売が予定され、最上級グレードには多くの受注が入っていると明かされた5代目の『トヨタGRスープラ』。3月25日にはオーストリアの工場で量産1号車がラインオフしたこともアナウンスされている。  このレース好き、クルマ好き必見の1台を現役レーサーの飯田、織戸のふたりが富士スピードウェイでインプレッションした動画が公開された。インプレッション動画では、エクステリアの空力やブレーキ、走りなどをレーシングドライバーならではの視点でチェックしている。  特に走行インプレッションでは、そのポテンシャルに魅せられたようで、ふたりとも童心に帰ったように満面の笑み。動画終盤には「血が騒ぐ」という織戸がおなじみの“テクニック”を披露する場面も。...
David_Tsurusaki__ExxonMobil-660x384.jpg
Mar
25
 2018年からホンダのパワーユニット(PU/エンジン)に燃料と潤滑油を供給しているエクソンモービル。今年からホンダはパワーユニットをレッドブルにも供給。もちろん、レッドブルが使用している燃料と潤滑油もエクソンモービル製だ。開幕戦オーストラリアGPが行われたメルボルンには、エクソンモービルのF1プロジェクトの中心となるデビッド・ツルサキが来ていたので、お話をうかがった。 . デビッド・ツルサキ(グローバルモータースポーツ・テクノロジーマネージャー) ──姓が「ツルサキ」ですが、日本とは何か縁が?...
a022-660x440.jpg
Mar
25
 3月23日、ドイツ・ニュルブルクリンクで、VLNニュルブルクリンク耐久シリーズ第1戦『ADACウェストファーレンファート』の予選と決勝が行われたが、この場に訪れていたアストンマーティン・レーシングの関係者によると、今季AMRは6月21〜23日に開催されるニュルブルクリンク24時間には、ワークスとして参戦しないようだ。  今季はヨーロッパでもレースカレンダーが非常にタイトであり、ニュル24時間の1週間前には、フランスでル・マン24時間が開催される。LM-GTEクラスに複数のヴァンテージGTEを投入しているAMRだが、チームの規模としても他メーカーより小さく、ロジスティクスやワークスドライバーの人員も限られていることから、2週間連続の耐久レースは厳しく、今季のニュルへの参戦を見送るという苦渋の決断となったようだ。  新型ヴァンテージGT3は、2018年のVLN最終戦にもテスト参戦しており、そのパフォーマンスから今季上位を戦うのではと言われていたが、残念ながら今季の24時間では観られなくなった。...
ASTON_MARTIN_VANTAGE_GT3_TAKES_EMPHATIC_MAIDEN_WIN_AT_SUZUKA-660x440.jpg
Mar
25
 ニッサンGT-RニスモGT3やレクサスRC F GT3といった国産GT3勢を抑え、新型アストンマーティン・バンテージGT3が世界初優勝を飾る結果で幕を開けた2019年のピレリスーパー耐久は、これまで以上に各車の戦力が拮抗しており激闘は必至だ。  スーパー耐久は、スーパーGTなどでも使われているFIA-GT3カーで争われるST-Xクラスを頂点に、FIA-GT4やTCRといったカスタマーカー、ホンダ・フィットやトヨタ86をベースとしたレーシングカーなど、改造範囲や速度域が異なるバラエティ豊かなマシンで争われている。  参戦するドライバーも豪華で、頂点のST-Xクラスには星野一樹や高木真一、影山正美、富田竜一郎といったトップドライバーが名を連ねているほか、開幕戦にはアストンマーティンのワークスドライバー、ダレン・ターナーがスポット参戦を果たした。...
Mar
25
 レッドブルがルノーからホンダにパワーユニット(PU/エンジン)を変えたことをメルセデスらライバル勢が警戒している理由の一つに、燃料と潤滑油を供給しているエクソンモービルをワークス体制で使用できるようになったことが考えられる。  2018年もレッドブルはエクソンモービルを使用していたが、パワーユニットはルノーで、ルノーのワークスチームが使用している燃料と潤滑油がBPカストロールであることを考えれば、理想的な関係でなかったことは容易に想像がつく。  F1の燃料は、市販燃料と同じ成分を含有しなければならない。FIAの規定には、オクタン価、酸素含有量、窒素含有量、比重が含まれている。しかし、成分の割合を変えること可能で、それによってアドバンテージを生み出すことはできる。  あるPUエンジニアによれば、「燃焼室、燃焼方法がパワーユニットによって違うように、燃料もそれに合わせて成分を調整するというのはF1では当たり前の話。それを行ったものとまったく行っていないのとでは、パワーユニットの性能が全然変わってくる」と言う。...
Mar
25
■サーキットデータ ・名称:バーレーン・インターナショナル・サーキット ・全長:5.412km/レース距離:308.238km ・周回数:57/コーナー数:15 ・ラップレコード:1分31秒447(ペドロ・デラ・ロサ/2005) ■タイヤ選択 ・ホワイト・ハードC1(白) ・イエロー・ミディアムC2(黄) ・レッド・ソフトC3(赤) ■タイムスケジュール/日本時間(現地時間) ○3月29日(金) フリー走行 1 20:00~21:30(14:00~15:30) フリー走行 2 24:00~25:30(18:00~19:30) ○3月30日(土) フリー走行 3 21:00~22:00(15:00~16:00) 公式予選  24:00~25:00(18:00~19:00) ○3月31日(日) 決勝(57周) 24:10~(18:10~) ■テレビ放送予定 ○ CS放送/フジテレビNEXT(生中継) 【FP 1】3月29日(金)19:50~21:40 【FP 2】3月29日(金)23:50~25:40 【FP 3】3月30日(土)20:50~22:10...