RacingMall.Com | Shopping mall for Racing cars.

The Shopping mall of Racing cars performance parts.

asimg_2023-0126-Fiorano-Vasseur-Fer4_5863d2fa24b03d9-660x440.jpg
Jan
29
 2023年F1始動が近づきつつあるなか、ベテランモータースポーツジャーナリスト、ピーター・ナイガード氏が、来るシーズンに注目する10の項目を挙げた。前編・後編に分けて掲載、今回は「新代表を迎えるフェラーリ」「アロンソとアストンマーティンの関係」「もう言い訳が許されないハース」「マグヌッセンはF1で生き残れるか」「メルセデスの将来のドライバー選択」について紹介する。 ──────────────────────────────────────── ■フェラーリ&新代表バスールが迎える重要な一年...
asimg_02_GALSTAD-ROLEX-DIS-0123-050451_563d6f6b2ee6d3-660x440.jpg
Jan
29
 新規定に基づき開発されたLMDhマシンがGTPクラスにデビューを果たした2023年IMSAウェザーテック・スポーツカー選手権第1戦デイトナ24時間レース。4メーカーによって争われた新時代開幕戦を制したメイヤー・シャンク・レーシングのオーナー、マイク・シャンクは、レースのほぼ4分の3にわたって続いていたギヤボックスの温度の問題があったにも関わらず、60号車アキュラARX-06を完走させることができたのは「ものすごくラッキーだった」と振り返った。  1月28〜29日にかけてデイトナ・インターナショナル・スピードウェイで行われたこのレースでは、トム・ブロンクビスト/コリン・ブラウン/エリオ・カストロネベス/シモン・パジェノーがドライブする60号車アキュラは、いくつかのドラマを乗り越えながら、新生GTP時代の初優勝を手にした。 「このようなことが起こる確率は、5%か10%くらいだろう」とレース後にシャンクは語った。 「これはとても大きな仕事で、チームの全部門から200人が参加して実現したことなんだ」...
19-FIAlogo-XPB1-660x440.jpg
Jan
29
 モータースポーツの世界で戦うチームは、レギュレーションのグレーゾーンがあればそれを利用してメリットを得ようとするものだ。自動車メーカーのワークスチームの場合、不正を行ってそれが発覚した場合、ブランドに傷がつくおそれがあるため、スタッフをガイドラインに厳格に従わせる。しかしそれ以外のチームにとっては、ルールを多少曲げることが有利に働くなら、ばれないことを願いつつ、実行に移す傾向にある。それをFIAがどう監視しているのかを説明していく。 . FIAロゴ ■技術規則の違反をデジタルでチェック...
asimg_2023-0126-Fiorano-LeclercVasseur-Fer2_f163d2f96710c01-660x440.jpg
Jan
29
 フェラーリF1の新チーム代表であるフレデリック・バスールは、チームにはF1タイトルを勝ち取るために「必要なあらゆるものがそろっている」と述べているが、タイトル獲得のためには「すべてをまとめ上げなければならない」という。  2022年までアルファロメオF1のチーム代表だったバスールは、マッティア・ビノットが11月に辞任したことを受け、彼の後任としてフェラーリF1のチーム代表となった。バスールは上位チームの指揮にあたることになるが、昨シーズンのフェラーリは、レッドブル・レーシングを相手に序盤の勢いを維持できず、不手際や戦略ミス、また、エンジンの信頼性の問題でつまづいていた。  しかしバスールは、フェラーリは強固な基盤の上にあり、2008年以来となるタイトルをマラネロにもたらすのに必要なすべてのツールと能力を備えていると主張している。 「私の経験は確かにこの2週間と限られてはいるが、今日のフェラーリには勝つためのすべてがそろっていると確信している」とバスールは木曜日に行われたメディアとの初会見で語った。...
asimg_RD_Day24_2023_797_5963d6d0946eadc-660x440.jpg
Jan
29
 1月28日(土)13時40分にスタートが切られた第61回ロレックス24・アット・デイトナ(デイトナ24時間レース)は、翌29日(日)13時40分過ぎにフィニッシュを迎え、GTPクラスのトップチェッカーを受けたメイヤー・シャンク・レーシングw/カーブ・アガジャニアンの60号車アキュラARX-06(トム・ブロンクビスト/コリン・ブラウン/エリオ・カストロネベス/シモン・パジェノー組)が総合優勝を飾った。  今季もアメリカ・フロリダ州のデイトナ・インターナショナル・スピードウェイで幕を開けたIMSAウェザーテック・スポーツカー選手権。この2023年にWEC世界耐久選手権のハイパークラスにも参戦可能な“LMDhプラットフォーム”を用いた新型車両が登場した同シリーズでは、従来のDPiクラスから置き換えられたGTPクラスにアキュラ、キャデラック、ポルシェ、BMWの4メーカーが参加し、開幕ラウンドのグリッドには計9台のハイブリッド・プロトタイプカーが並んでいる。  決勝レースの前半戦は、25号車BMW MハイブリッドV8(BMW...
Jan
29
 1月28日(土)13時40分にスタートが切られた第61回ロレックス24・アット・デイトナ(デイトナ24時間レース)は、翌29日(日)13時40分過ぎにフィニッシュを迎え、GTPクラスのトップチェッカーを受けたメイヤー・シャンク・レーシングw/カーブ・アガジャニアンの60号車アキュラARX-06(トム・ブロンクビスト/コリン・ブラウン/エリオ・カストロネベス/シモン・パジェノー組)が総合優勝を飾った。 ■2023年IMSAウェザーテック・スポーツカー選手権 第1戦デイトナ24時間レース 決勝暫定結果 Pos. No. Class Team Car Driver Time
1​
60​
GTP メイヤー・シャンク・レーシングw/カーブ・アガジャニアン アキュラARX-06 T.ブロンクビスト C.ブラウン H.カストロネベス S.パジェノー
783​
2​
10​
...
99-1977-Jaguar-XJ6L-in-Colorado-junkyard-photo-by-Murilee-Martin.jpg
Jan
29
Filed under: .,.,.,.,....
asimg_RD_Day24_2023_689_1063d66b60d642e-660x440.jpg
Jan
29
 アメリカ・フロリダ州のデイトナ・インターナショナル・スピードウェイで行われているIMSAウェザーテック・スポーツカー選手権の2023年シーズン開幕戦『ロレックス24・アット・デイトナ(デイトナ24時間レース)』は、現地時間1月29日(日)7時40分にスタートから18時間が経過した。  24時間レースの4分の3を終えた時点では、メイヤー・シャンク・レーシングw/カーブ・アガジャニアンの60号車アキュラARX-06(トム・ブロンクビスト/コリン・ブラウン/エリオ・カストロネベス/シモン・パジェノー)が総合首位に立っている。夜明けを迎えたデイトナの長い戦いは残り6時間だ。 ■2023年IMSAウェザーテック・スポーツカー選手権 第1戦デイトナ24時間レース 決勝18時間後途中経過 Pos. No. Class Team Car Driver Time
1​
60​
GTP メイヤー・シャンク・レーシングw/カーブ・アガジャニアン アキュラARX-06...
Jan
28
 アメリカ・フロリダ州のデイトナ・インターナショナル・スピードウェイで行われているIMSAウェザーテック・スポーツカー選手権の2023年第1戦デイトナ24時間レースは、現地時間1月29日1時40分にスタートから12時間が経過、レース折り返しを迎えた。  12時間経過時点では、メイヤー・シャンク・レーシングw/カーブ・アガジャニアンの60号車アキュラARX-06(トム・ブロンクビスト/コリン・ブラウン/エリオ・カストロネベス/シモン・パジェノー)が総合首位に立っている。 ■2023年IMSAウェザーテック・スポーツカー選手権 第1戦デイトナ24時間レース 決勝12時間後途中経過 Pos. No. Class Team Car Driver Laps
1​
60​
GTP メイヤー・シャンク・レーシングw/カーブ・アガジャニアン アキュラARX-06 T.ブロンクビスト C.ブラウン H.カストロネベス S.パジェノー...
Jan
28
 2023年のIMSAウェザーテック・スポーツカー選手権が、伝統のデイトナ24時間レースで開幕した。レースは現地時間1月28日13時40分過ぎにスタート。.では、GTPクラスにエントリーするメイヤー・シャンク・レーシングw/カーブ・アガジャニアンの60号車アキュラARX-06(トム・ブロンクビスト/コリン・ブラウン/エリオ・カストロネベス/シモン・パジェノー)が総合首位に立っている。  WEC世界耐久選手権にも参戦可能な新規定『LMDh』が導入され、トップカテゴリーの名称がDPiからGTPへと生まれ変わった2023年のIMSA。アキュラ、BMW、キャデラック、ポルシェの4メーカーがLMDh規定のニューマシンを投入し、9台のLMDhプロトタイプにより新時代のトップカテゴリーが幕を明けた。...
asimg_02_d163d5f48565a93-660x440.jpg
Jan
28
 1月24日、三重県の鈴鹿サーキットでスーパーGT GT500クラスに参戦する8台の車両が参加しメーカーテストが行われた。2日目となった1月25日は、24日夜から降り出した降雪のためキャンセルとなったが、このテストに参加したTGR TEAM WedsSport BANDOHの国本雄資と阪口晴南に、2023年に向けた意気込みを聞いた。  TGR TEAM WedsSport BANDOHは2022年、第2戦富士から第4戦富士までの3戦連続ポールポジションをはじめ第6戦SUGOでもポールを奪うなど、年間8戦中4戦でポールを獲得してみせた。ただ、決勝では表彰台獲得はなく、7戦でポイント獲得を果たしたものの、ランキングでは11位となった。  迎える2023年は、2016年からチームを支える国本が残留。チーム、そしてGT500で2年目を迎える阪口のコンビが継続される。明るい雰囲気のなか先輩・後輩関係も良好で、今季に向けた初テストとなった鈴鹿でのメーカーテストでも、良好な雰囲気のなかで走行をこなした。...
asimg_37_66281b0fbe2ca2-660x440.jpg
Jan
28
 ELMSヨーロピアン・ル・マン・シリーズのLMP2クラスに2台体制で参戦するクール・レーシングが、2023年のドライバーとしてホセ・マリア・ロペスと契約を結んだと発表した。ロペスは、ニコラ・ラピエール率いる同チームのオレカ07・ギブソンで、シングルシーター出身のヴラド・ロムコとコンビを結成する。 ■「LMP1とハイパーカーの経験を活かす」  トヨタGAZOO RacingよりWEC世界耐久選手権ハイパーカークラスにもエントリーしているロペスは、2017年の参戦開始以降トヨタのプログラムにほぼ専念してきており、両シリーズへの同時参戦、そしてLMP2クラスへの参戦は、ともに今年が初めての経験となる。2023年シーズンに向けては、.が、WECとELMSという2シリーズの参戦プログラムが確定した形だ。...
asimg_00_levitt-230128-PA-0061_3863d5c24beca80-660x440.jpg
Jan
28
 現地時間1月28日13時40分、アメリカ・フロリダ州のデイトナ・インターナショナル・スピードウェイで、2023年IMSAウェザーテック・スポーツカー選手権第1戦『ロレックス24・アット・デイトナ(デイトナ24時間レース)』の決勝がスタートした。  新たな最高峰クラスGTPでは、アキュラ、BMW、キャデラック、ポルシェの新型LMDhマシンがいよいよレースデビューを飾り、総合上位争いを繰り広げているが、デビュー戦ということもあってトラブルが発生する車両も。25号車BMW Mハイブリッド V8、そして7号車ポルシェ963は、それぞれガレージでの修復を行なっている。...
asimg_XPB_1059213_1200px_865f60633553b00-660x440.jpg
Jan
28
 イギリス貴族院議員のポール・スクリブンは、FIA会長のモハメド・ビン・スライエムが人権問題に関する手紙に返信していないことについて、「無礼でプロ意識に欠ける」行動だと批判した。  FIAが、事前の承認なしにドライバーがレースウイーク中に「政治的、宗教的、個人的声明」を表明または掲示することを禁じたことについて、自由民主党議員のスクリブンは懸念を示す書簡をビン・スライエムに送っていた。この規則は、FIAの国際スポーツ法典に修正条項として追加されている。  スクリブンはまた、3月に90名の議員が連署でFIAに送付した書簡にビン・スライエムが返信していないことも批判した。書簡は、湾岸諸国におけるF1の存在感の高まりに疑問を呈し、欺瞞と考えられる行為に加担しているのではないかと問うものだった。 「この書簡をあなたが受け取ってほぼ1年が経ったが、我々はあなたからの返信を受け取っていない」とスクリブンは書いている。 「我々の深刻な懸念について答えないのは、非常に無礼でプロ意識に欠けている」...