ヘルムート・マルコ、いつでもレッドブルF1を離れられると認めるも「情熱はまだ燃えている」と意欲を見せる

Discussion in 'News and Articles' started by Auto News, Nov 27, 2022.

By Auto News on Nov 27, 2022 at 8:44 PM
  1. Auto News

    Auto News Moderator Staff Member

     レッドブルのモータースポーツコンサルタントを務めるヘルムート・マルコは、あと4カ月で80歳になる。マルコはいつでも職務から退くことができるが、生涯にわたるモータースポーツへの情熱は「今も燃えている」と認めている。

     最近レッドブルの共同創設者ディートリッヒ・マテシッツが死去したことで、同社では後継者育成計画が実施されているが、必然的にマルコ自身の将来も問われている。しかしレッドブルのF1事業と、若手へのスポンサーシップを監督するマルコは、スピードを落とす兆しを見せていない。そうできたとしてもだ。

    「私が自分の仕事を果たしたのは、ディートリッヒ・マテシッツという、明確なビジョンを持ち、全体像のすべてを理解していた人物と繋がりがあったからだ」とマルコは『Laola1』に語った。

    「もし雰囲気が私に合わなくなっても、それは私にとって問題にはならない」

    「私はある方からもう一方へ降りることができる。でも情熱はまだ燃えている。たいていはそんなことは気にしていない。私は独立しているので、いつでもチームを去ることができる」
    .
    エマーソン・フィッティパルディ&ヘルムート・マルコ(レッドブル モータースポーツコンサルタント)

     マテシッツの死去をきっかけに、レッドブルは新たな経営陣と企業体制を作り上げたが、それは死の前にマテシッツが認めたことだった。レッドブルは進路を決めるにあたって、もはやひとりのリーダーに頼ることはなくなった。現在の経営責任は、中核となる飲料事業を統括するフランツ・ワツラウィック、CFOのアレクサンダー・キルヒマイヤー、新たにコーポレートプロジェクトと投資担当CEOに就任したオリバー・ミンツラフによって分担されている。

     マルコはミンツラフの直属となっているが、マルコによると、F1撤退はレッドブルの検討課題にはまったく含まれていないという。

    「両株主(マテシッツの息子のマークと、レッドブルのタイ人オーナー)から、マーケティングにおいて、F1は最も強力な手段であるという全体的な確約を得ている」とマルコは説明した。

    「このことは疑問視されていない。我々は株主たちと話をしたし、(オリバー・)ミンツラフとも間もなく話をすることになる」

    .
     

Comments

Discussion in 'News and Articles' started by Auto News, Nov 27, 2022.

Share This Page