シルバーストンでアルピーヌ育成のコルドウェルがF1マシン初走行「信じられないようなことで、言葉が出ない」

Discussion in 'News and Articles' started by Auto News, Jun 23, 2022.

By Auto News on Jun 23, 2022 at 2:34 PM
  1. Auto News

    Auto News Moderator Staff Member

     アルピーヌアカデミーのメンバーであるオリ・コルドウェルは、シルバーストンでF1テストデビューを果たし、母国のコースでA521をドライブした。

     現在FIA F2選手権にカンポス・レーシングから参戦している20歳のコルドウェルは、午前と午後にかけて587kmの走行をこなした。A521のステアリングを握ったコルドウェルは、午前中はマシンの理解を深めてテストに慣れていき、午後にはペースを上げ、その日の走行計画を完了するためにアルピーヌのエンジニアたちと緊密に連携した。










    「信じられないようなことで、言葉が出ないよ。他の何かと比べることはできない」とコルドウェルは笑顔を見せた。「期待していたことすべてと、それ以上のことがあった」

    「マシンはF2とは比べ物にならない。すべてが上だ。さらなるスピード、ダウンフォース、ブレーキングがあり、ボタンの数は50個くらい多いんだ」

    「このマシンではるかに速いスピードで走ることに慣れた。F2に戻ったらもちろんより遅くなるけれど、この経験から学んだことによって進歩できるだろうし、F2マシンでこのコースを走るときに経験を活かすことができるだろう」

    「この場を借りて、BWTアルピーヌF1チームがこの機会を僕に与えてくれたことに感謝したい。彼らなしでは、この経験は不可能だった。アカデミーに在籍していることだけでなく、昨年のF1マシンをドライブしたこの機会についてだ。信じられないようなことだったよ」
    .
    シルバーストンでA521をテストしたオリ・コルドウェル

     アルピーヌアカデミーのプロジェクトマネージャーを務めるジュリアン・ラウズは、コルドウェルがテストとフィードバックにおいて“賢明な”アプローチをとったとして称賛した。

    「オリは今日素晴らしい仕事をした」とラウズは語った。「彼は思慮深く多くの周回を重ね、デビュー走行にして成熟したところを見せた」

    「彼は全力で取り組み、各走行で詳細なフィードバックを伝えることで、1日を通して大きく進歩した」

    「全体として非常に優れたアプローチで、多くの可能性が示された。彼が今シーズンのF2で戦うにあたって、この経験をうまく活かすことができると確信している」

    .
     

Comments

Discussion in 'News and Articles' started by Auto News, Jun 23, 2022.

Share This Page