FP2から走行のペレス「ポールポジション争いできる速さを予選までに見つけたい」レッドブル/F1第6戦金曜

Discussion in 'News and Articles' started by Auto News, May 20, 2022.

By Auto News on May 20, 2022 at 11:21 PM
  1. Auto News

    Auto News Moderator Staff Member

     2022年F1スペインGPの金曜、レッドブルがジュニアドライバーのユーリ・ビップスをフリー走行1回目で走らせることを決めたため、セルジオ・ペレスはフリー走行2回目からマシンに乗った。FP2でペレスは7番手タイムをマークした。

     なお、ペレス車のパワーユニットには、シーズン3基目のエキゾーストシステムが入れられたことが発表されている。
    .
    2022年F1第6戦スペインGP セルジオ・ペレス(レッドブル)

    ■セルジオ・ペレス(オラクル・レッドブル・レーシング)
    フリー走行1=走行せず/2=7番手(1分20秒632:ソフトタイヤ/30周)

     セッションを1回休むと、すべてのことが目まぐるしく過ぎていく。午後のセッションで遅れを取り戻そうとしていたが、タイヤのデグラデーションに見舞われた。そうなると基本的に2周しかない。ここはタイヤが長持ちするコースではないからだ。1ラップでバランスを読み取って、その後、状況を把握しようとするわけだが、その時にはもうグリップが完璧ではないんだ。

     ロングランでは状況を探ることができた。今夜のうちに、ポールポジション争いに加わるためのタイムを見つけたい。FP3で燃料を軽くした状態でさらに作業を行い、方向性を確認するつもりだ。すでに分かっているとは思うけどね。

     午前中にユーリにマシンを託せたのは良いことだった。彼は有意義な時間を過ごし、チームのために大事な仕事をしてくれた。

    .
     

Comments

Discussion in 'News and Articles' started by Auto News, May 20, 2022.

Share This Page