フェルスタッペン、苦労の末のポールに喜び「徐々に改善し、メルセデスとの大差をひっくり返した」/F1第17戦

Discussion in 'News and Articles' started by Auto News, Oct 23, 2021.

By Auto News on Oct 23, 2021 at 9:45 PM
  1. Auto News

    Auto News Moderator Staff Member

     2021年F1アメリカGPの土曜予選で、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは今季9回目のポールポジションを獲得した。Q3での1回目のランではチームメイトのセルジオ・ペレスに続く2番手だったが、セッション終了間際に小雨が降り出すなか、フェルスタッペンは最後のアタックラップで最速タイムをマークした。決勝はミディアムタイヤでスタートする。
    .
    2021年F1第17戦アメリカGP マックス・フェルスタッペンとセルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)が予選1位&3位を獲得

    ■マックス・フェルスタッペン(レッドブル・レーシング・ホンダ)
    FP3 3番手(1分34秒912:ソフトタイヤ/13周)
    予選 1番手(Q1=2番手1分34秒352:ソフトタイヤ/Q2=1番手1分33秒464:ミディアムタイヤ/:Q3=1番手1分32秒910:ソフトタイヤ)

     今日の予選結果には驚いたが、もちろんポールポジションを獲得できてうれしい。

     ここまで楽な週末ではなかった。ずっとバランスを追及し続けていたんだ。だからQ3でいいラップをまとめられたことに満足している。

     チーム全体のパフォーマンスが素晴らしかった。最後のラップでうまくまとめ上げることができてうれしい。バランスを改善することができたので、昨日よりもはるかに快適に走ることができた。

     予選でこれだけのペースを示せたことは、明日の決勝に向けてポジティブな材料だ。それでも、タフな戦いになると予想している。気温が高く、タイヤに厳しいコンディションになるだろう。それが興味深い展開につながるはずだ。

     明日は自分たちのことに集中し、クリーンなスタートを決めて、可能な限りの速さを発揮したい。

    (会見で語り)今回はマシンの限界までなかなか届かず、すべてのパフォーマンスを引き出すのに苦労していた。そういう週末を過ごしてきただけに、ポールを獲れて最高の気分だ。

     昨日はあまり満足できず、今日も完全に満足はしていなかった。でも正しい方向に進めたのは間違いない。FP1の後には「(メルセデスとの)ギャップはかなり大きいな」と思った。でも僕たちは徐々に改善していき、今日は彼らの前に出ることができたんだ。
    .
    2021年F1第17戦アメリカGP 予選トップ3記者会見(マックス・フェルスタッペン、ルイス・ハミルトン、セルジオ・ペレス)

    .
     

Comments

Discussion in 'News and Articles' started by Auto News, Oct 23, 2021.

Share This Page