ドゥーハンが4勝目。岩佐歩夢は9台抜き9位でシーズンを締めくくる【FIA-F3第7戦ロシア レース3】

Discussion in 'News and Articles' started by Auto News, Sep 26, 2021.

By Auto News on Sep 26, 2021 at 1:39 AM
  1. Auto News

    Auto News Moderator Staff Member

     現地時間9月26日(日)、2021年FIA-F3第7戦ロシアのレース3がソチ・オートドロームで開催され、ジャック・ドゥーハン(トライデント)が優勝し今季4勝目。岩佐歩夢(ハイテックGP)は9位だった。

     レース3のスターティンググリッドは予選結果がそのまま反映されるためポールポジションはドゥーハン。2番手にクレモン・ノバラック(トライデント)、3番手はジョナサン・ホガード(イェンツァー・モータースポーツ)、4番手はフレデリック・ベスティ(ARTグランプリ)。岩佐は18番グリッド発進だ。

     気温17.3度、路面温度19.9度のドライコンディション。規定周回数は20周でタイヤ交換義務はなし。予定どおり日本時間15時55分にフォーメーションラップが開始され、シグナルがオールブラックとなった。

     ターン2を制したのはドゥーハン。トップ3は順位変わらず、4番手のベスティが1つドロップするも翌周には順位をもとに戻す。岩佐は2つポジションを上げて16番手に浮上した。

     5周目にはベスティがホガードを抜いて表彰台圏内の3番手に浮上。岩佐も順位を確実に上げ13番手となり、7周目には12番手と6台をパス。レッドブル首脳陣へのアピールも含めた走りを見せる。

     その7周目には6番手を争うジャック・クロフォード(ハイテックGP)、ファン・マヌエル・コレア(ARTグランプリ)、デニス・ハウガー(プレマ・レーシング)が数周に渡り超接近戦を演じていたが、ターン15の進入でクロフォードがハウガーに接触しハウガーはスピンしストップ。レース1で王座を獲得していたがシーズンの締めくくりはほろ苦いものとなってしまった。

     この混乱をうまくかき分けて順位を上げたのが岩佐で、一気に3台をパスし9番手とポイント圏に入ってきた。目の前をいくコレアとは0.3秒差とまだまだポジションを上げるべくペースを上げていく。

     トップの順位変動が起きたのは9周目、首位ドゥーハンのスリップストリームを使ったノバラックがターン2で前に出かけるも曲がりきれずオーバーラン。一旦体制を整え直すとチームから「チームのためにリスクを冒した走りをすべきでない」とチームメイト同士のバトルを一旦鎮静化させたい無線が飛ぶ。

     ドゥーハンとノバラックは1秒以内の差で周回を続け、17周目にはふたたびホームストレートで並びノバラックがターン2で前に出る。しかし膨らんだノバラックのインにドゥーハンが入りターン3で逆転。接触はないもののチームからも冷静さを促す指示が出される。

     そんな2台の争いを冷静に見ていたのが3番手のベスティ。ノバラックのタイヤのグリップ低下が見えた18周目にはベスティが2番手浮上に成功した。

     このあとトップ3に順位変動はなく、ドゥーハンがポール・トゥ・ウインで優勝。ベスティが2位、ノバラックが3位に。岩佐は9位でフィニッシュ、ランキング12位で2021年シーズンを締めくくった。

     来シーズンのFIA-F3はレースフォーマットが変更され、金曜日に予選が行われ、予選トップ12にリバースグリッドが適用されたスプリントレースが土曜日に、予選結果がグリッドにそのまま反映され、もっともポイントを多く獲得できるフィーチャーレースが日曜日に開催される。

    ■FIA-F3第7戦ロシア レース3 暫定リザルト

    Pos. No. Driver Team Time/Gap
    1​
    4​
    J.ドゥーハン トライデント
    20Laps
    2​
    7​
    F.ベスティ ARTグランプリ
    3.111
    3​
    5​
    C.ノバラック トライデント
    3.758
    4​
    29​
    L.サージェント チャロウズ・レーシング・システム
    7.445
    5​
    10​
    J.クロフォード ハイテックGP
    9.695
    6​
    27​
    J.ホガード イェンツァー・モータースポーツ
    10.368
    7​
    2​
    A.ルクレール プレマ・レーシング
    15.281
    8​
    17​
    V.マルタンス MPモータースポーツ
    18.860
    9​
    11​
    岩佐歩夢 ハイテックGP
    23.641
    10​
    3​
    O.コルドウェル プレマ・レーシング
    25.738
    11​
    9​
    J.コレア ARTグランプリ
    26.855
    12​
    26​
    C.ウィリアムズ イェンツァー・モータースポーツ
    27.370
    13​
    24​
    K.フレデリック カーリン
    36.227
    14​
    25​
    J.エドガー カーリン
    36.732
    15​
    6​
    D.シューマッハー トライデント
    37.208
    16​
    22​
    A.コルデール カンポス・レーシング
    37.583
    17​
    14​
    M.ナニーニ HWAレースラボ
    38.944
    18​
    19​
    T.バン・デル・ヘルム MPモータースポーツ
    43.183
    19​
    28​
    F.ウグラン イェンツァー・モータースポーツ
    52.999
    20​
    31​
    Z.コバネク チャロウズ・レーシング・システム
    58.271
    21​
    30​
    A.シモンズ チャロウズ・レーシング・システム
    58.614
    22​
    20​
    L.トーチ カンポス・レーシング
    1’02.130
    23​
    8​
    A.スモリヤー ARTグランプリ
    1’08.788
    24​
    1​
    D.ハウガー プレマ・レーシング
    1’38.800
    25​
    15​
    O.ラスムッセン HWAレースラボ
    2Laps
    26​
    12​
    R.スタネ ハイテックGP
    2Laps
    —​
    21​
    L.コロンボ カンポス・レーシング
    DNF
    —​
    23​
    I.コーエン カーリン
    DNF
    —​
    16​
    R.ヴィラゴメス HWAレースラボ
    DNF
    —​
    18​
    C.コレ MPモータースポーツ
    DNF​


    .
     

Comments

Discussion in 'News and Articles' started by Auto News, Sep 26, 2021.

Share This Page