2020年最新F1ストーブリーグ情報/中団チーム編:最も不透明なのはトロロッソ・ホンダ。シューマッハーのデビューはあるのか

Discussion in 'News and Articles' started by Auto News, Aug 19, 2019.

By Auto News on Aug 19, 2019 at 3:55 PM
  1. Auto News

    Auto News Moderator Staff Member

     サマーブレイク突入直後にレッドブル・レーシングがシーズン途中でのドライバー変更を発表、2020年F1ドライバーマーケットがどう動くのか、関心が高まっている。イギリス出身のF1ジャーナリスト、クリス・メッドランドが、チームごとにストーブリーグの最新情報をまとめた。

     前編では第12戦ハンガリーGP終了時点でのコンストラクターズランキング4位から10位の7チーム、後編ではトップ3チームの状況を伝える。
    ──────────────────────────────

    ■マクラーレン


     現在コンストラクターズ選手権4位と好調なマクラーレンは、ドライバー決定に何の迷いもなかっただろう。カルロス・サインツJr.とランド・ノリスの現ドライバーラインアップが2020年に続行することはすでに発表済みだ。ふたりとも素晴らしいパフォーマンスを発揮しており、何も変える必要はない。
    .
    カルロス・サインツJr.とランド・ノリス(マクラーレン)

    ■トロロッソ・ホンダ


     シーズン前半をランキング5位という予想以上の位置で終えたトロロッソは、ベルギー以降のドライバー変更でも世間を驚かせた。10チームのなかでトロロッソの2020年ラインアップが最も予想しづらいかもしれない。

     クビアトとガスリーのペアが継続したら私は驚く。彼らはふたりとも、時期は違えど、レッドブルから力不足と判断されたドライバーだ。とはいえ、シーズン後半のパフォーマンスがよければ、来季残ることに成功する可能性はある。シーズン最後まで走れるかどうかは別として。
    .
    ピエール・ガスリーとダニール・クビアト

     しかしレッドブルジュニアドライバーのなかで、FIAスーパーライセンスポイントの条件を満たす者は今のところいない。ユリ・ビップスはいいところまで行っている。現在FIA F3選手権でランキング2位に位置しており、もし最終的に選手権3位以上を獲得できれば、19歳の彼にチャンスが訪れるかもしれない。
    .
    2019年FIA F3シルバーストン戦で優勝したユリ・ビップス

     レッドブルがパトリシオ・オワードを全日本スーパーフォーミュラ選手権に送り込んでいるのは、スーパーライセンスポイントを確保するためでもある。ただ、彼の場合、FP1に何度か参加して追加のポイントを稼ぐ必要があるだろう。
    .
    2019年全日本スーパーフォーミュラ選手権に参戦するパトリシオ・オワード(TEAM MUGEN)

    ■ルノー


     リカルドは2020年の契約をすでに結んでいる。ルノーがわずか1シーズンでこれほどの人気ドライバーを手放すはずはない。契約金は非常に高額であり、リカルドの方も早期離脱は望まないだろう。

     ニコ・ヒュルケンベルグが残るかどうかは疑問だ。シーズン序盤は堅実な走りをしていたものの、その後、いくつかミスを犯し、特にドイツでは手痛いクラッシュを喫した。ルノーは、ヒュルケンベルグの代わりとしてエステバン・オコンをメルセデスからレンタルするのではないかという見方が出てきている。その契約は2019年に実現するはずだったが、ルノーは結局リカルドを選んだ。来年はリカルドとオコンのペアになる可能性が高いのではないだろうか。
    .
    ダニエル・リカルドとニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー)

    ■アルファロメオ


     今年契約したキミ・ライコネンは、優勝する力がないマシンに乗りながら、モチベーションを失うことなく走っているし、速さもある。2020年末までの2年契約を締結済みであり、ライコネンが引退を考えている兆候は見られない。

     セカンドドライバーの方は、フェラーリ傘下のアントニオ・ジョビナッツィとミック・シューマッハーがシートを争うことになりそうだ。現在アルファロメオで走るジョビナッツィは、イタリア人であることからフェラーリにとって最適な人材に思われたが、将来跳ね馬に乗るのにふさわしいパフォーマンスは今のところ示していない。

     シューマッハーは2020年もFIA F2で走るかもしれない。ただ、すでにアルファロメオでF1テストを経験しており、ライコネンのチームメイトになれば、多くのことを学べるだろう。ハンガリーでF2初優勝を挙げたことも、F1シートに近づく助けになるし、昨年ヨーロピアンF3選手権でタイトルを獲得したことで、スーパーライセンス取得の条件もクリアしている。シーズン後半、ジョビナッツィのリザルトが上向かなければ、シューマッハーのデビューが現実味を帯びてくるだろう。
    .
    2019年FIA F2ハンガリー戦で優勝したミック・シューマッハー

    ■レーシングポイント


     2018年にローレンス・ストロールがチームを買収したことで、当然の流れとして息子のランスがシートを得た。2020年も彼のポジションは安泰だ。

     チームメイトは引き続きセルジオ・ペレスが務める可能性が高い。ペレスは前身フォース・インディアが昨年危機に陥った際、チームが新しい体制でスタートできるよう力を尽くし、チームのオーナーシップ変更のドラマに一役買った。そういう経緯もあり、彼は現在のレーシングポイントにはこれまで以上に強いつながりを感じているし、他に移るにしても現実的な選択肢はない。もしルノーがヒュルケンベルグを残留させず、オコンも獲得できない場合、ペレスの起用を検討するかもしれない。ハースのシートが空く可能性もあるが、レーシングポイント以上の競争力を持つマシンをペレスに提供することはできないだろう。
    .
    2019年F1第5戦スペインGP ランス・ストロール、セルジオ・ペレス

    ■ハース


     2020年に向けてドライバー変更を真剣に検討するであろうチームの筆頭がハースだ。ロマン・グロージャンとケビン・マグヌッセンはこのところ毎戦のように同士討ちをしており、それを避けようという気もなさそうに見える。そのことでふたりの将来は不透明な状態になっている。

     マグヌッセンの契約にはオプションが含まれているが、グロージャンの契約は今シーズン末で切れるため、ふたりのうちどちらかが残るとすれば、それはマグヌッセンの方だろう。ただ、チームが今季マシン開発にてこずっていること、ドライバーの選択肢が他にあまりないことから、ふたりとも残留する可能性もある。

     技術提携しているフェラーリは、ドライバー育成をアルファロメオで行う傾向を強めている。ハースはテストドライバーとしてピエトロ・フィッティパルディと契約しているが、彼は現段階でスーパーライセンスを取得できていない。ペレスがレーシングポイントを離れるなら、ハースとしては獲得したいところだろうが、そういう動きは期待できそうもない。ハースは今年最後まで、マシンからパフォーマンスを引き出せずに苦労し続けるかもしれないからだ。
    .
    ケビン・マグヌッセンとロマン・グロージャン(ハース)

    ■ウイリアムズ


     今年ウイリアムズはドライバーラインアップを一新、来年少なくともそのうちひとりは残留するだろう。ジョージ・ラッセルは競争力の低いマシンに乗りながらも、チームに強い印象を与えている。彼を育成してきたメルセデスは、2020年にウイリアムズが低迷から抜け出せば、比較的パフォーマンスが高いマシンでラッセルがどこまでやれるのかを確認できる。さらに来年は新しいチームメイトとの比較も可能になるかもしれない。

     万が一ペレスがハースに移籍する場合、ラッセルがレーシングポイントの空席に座るというシナリオも浮上するが、オコンが古巣に復帰する可能性もあるだろう。

     クビカはチームにスポンサーを持ち込んでいるため、残留の可能性がないわけではないが、2020年のラインアップは、ラッセルと、現在のリザーブドライバー、ニコラス・ラティフィになる可能性の方が高そうだ。来年はラッセルにとってF1で2年目のシーズンになるし、現在ランキング最下位のウイリアムズは、ふたりめのドライバーにルーキーを選ぶことに躊躇することはないだろう。しかも彼は現在チームに多額の持参金を持ち込んでいる。
    .
    ニコラス・ラティフィ(ウイリアムズ)

    ■著者:クリス・メッドランド。イギリス出身のF1ジャーナリスト。ESPN、Crash.net、F1iなどを経て、現在RACERと契約。BBC、Sky Sports、formula1.comなどの仕事も行っている。

    .
     

Comments

Discussion in 'News and Articles' started by Auto News, Aug 19, 2019.

Share This Page