ニッサン 2019スーパーGT第1戦岡山 レースレポート

Discussion in 'News and Articles' started by Auto News, Apr 14, 2019.

By Auto News on Apr 14, 2019 at 10:12 PM
  1. Auto News

    Auto News Moderator Staff Member

    MOTUL AUTECH GT-RとカルソニックIMPUL GT-Rが表彰台を獲得


    スーパーGT 2019第1戦レースレポート

    4月14日 岡山国際サーキット

    【GT500クラス】


     スーパーGT開幕戦の決勝レースが行われ、#23 MOTUL AUTECH GT-R(松田次生/ロニー・クインタレッリ)が2位、#12 カルソニック IMPUL GT-R(佐々木大樹/ジェームス・ロシター)が3位となり、2台のNISSAN GT-Rが表彰台を獲得しました。

     前日の予選では、#23 GT-Rがクインタレッリの見事なアタックでポールポジションを獲得。#12 GT-Rも佐々木大樹の走りで2番グリッドを獲得するなど、今シーズンのマシンのスピードを披露しました。決勝日はお昼前から雨が降り出し、コースはウエットコンディションに。
     
     路面状況が悪化したことから、決勝レースはセーフティカー(SC)ランでスタートすることになりました。3周のSC先導走行の後、4周目に実質的なスタートが切られ、ポールシッターの#23 GT-Rはスタートドライバーのクインタレッリが後続との差を広げにかかりました。2番手スタートの#12 GT-Rは佐々木がヘアピンコーナーで#1 NSX-GTに逆転を許しますが、離されることなく食らいついていきました。

     その直後、GT300クラスで多重クラッシュが発生し、セーフティカーが導入。10周目を終えたところでリスタートしましたが、その直後に#23 GT-Rは#1 NSX-GTに2コーナーでかわされ、さらに#12 GT-Rと#17 NSX-GTにも迫られてしまいました。バックストレートでは3台が横並びになってヘアピンコーナーへと入っていき、ここで#17 NSX-GTが先行。#23 GT-Rは3位、#12-GT-Rは4位となりました。

     13周目、再びGT300クラスで多重クラッシュが発生し、今度は赤旗が掲示されレースが中断となります。45分の中断の後、午後3時45分にSC先導でレースは再開。この時点で周回数は15周を数えており、20周目にSCが隊列を離れバトルが再開しました。
     
     #23 GT-Rは、#12 GT-Rをとらえて4位に上がっていた#8 NSX-GTと接近戦になり、ヘアピンコーナーで4位に後退しましたが、その後トップを走行していた#1 NSX-GTが追突されコースオフ。
     
     さらに同じタイミングで、GT300クラスで3度目のクラッシュが発生し、このレースで4度目のSCランとなります。その後、32周目を走行中に、この日2度目の赤旗が掲示されレースは中断。天候不良により、この赤旗中断をもってレース終了となりました。
    .
    カルソニック IMPUL GT-R

     その後、#1 NSX-GTに対する接触行為で1台がペナルティを受け、#23 GT-Rは2位、#12 GT-Rは3位で表彰台を獲得。開幕戦で2台のGT-Rが表彰台に上がる活躍を見せました。

     高星がスタートドライバーを務めた#24 リアライズコーポレーション ADVAN GT-R(高星明誠/ヤン・マーデンボロー)は、マコヴィッキィの#3 CRAFTSPORTS MOTUL GT-R(平手晃平/フレデリック・マコヴィッキィ)とバトル。
     
     22周目にマコヴィッキィが高星をかわし、6位に浮上すると、#1 NSX-GTの後退で5位へ。最終的には表彰台まであと一つの4位となりました。#24 GT-Rも5位で続き、荒れたレースながらニッサンGT-RニスモGT500は4台すべてが入賞し、ポイントを獲得しました。

    ロニー・クインタレッリ(#23 MOTUL AUTECH GT-R /決勝2位)


    「少し硬めのタイヤでスタートしたのですが、雨が強くなってきてしまい、序盤はパフォーマンスを発揮できませんでした」

    「それでNSX勢に抜かれてしまったのですが、タイヤが温まってからはペースも上がって、追い上げていけると思ったので、途中で終了となってしまったのは少し残念です。ただ、コンディションを考えると仕方なかったと思います。次の富士は得意にしているので、優勝を目指して頑張ります」

    松田次生(#23 MOTUL AUTECH GT-R /決勝2位)


    「決勝前のウォームアップ走行で、ロニーがスタートしたよりも硬めのタイヤを履いてテストしました。コンディションと合わずにまったくグリップしなかったので、短い時間のなかで、スタートに向けていい判断材料を作れたと思います」

    「今回はレースでの獲得ポイントは半分になってしまいましたが、それだけにポールポジションの1ポイントはチャンピオン争いに向けて大きく影響してくると思います。次戦の富士も頑張ります」

    【GT300クラス】

    リアライズ日産自動車大学校GT-Rが5位入賞


     今シーズンからの参戦となる#56リアライズ日産自動車大学校GT-R(平峰一貴/サッシャ・フェネストラズ)。予選8位から平峰がスタートすると、多くのGT300車両がアクシデントに見舞われるなかで着実に走行し、順位を上げていきました。
     
     赤旗中断後の23周目、この時点で4位を走行していた#56 GT-Rですが、インを付こうとした車両を避けようとしてグラベルへ。5位でフィニッシュしました。
    .
    リアライズ 日産自動車大学校 GT-R
    .
    G300クラスに参戦する6台のニッサンGT-RニスモGT3

    .
     

Comments

Discussion in 'News and Articles' started by Auto News, Apr 14, 2019.

Share This Page