ライコネン3戦連続入賞「13番グリッドから9位は悪くはないが、もう少し上に行きたかった」:アルファロメオ F1中国GP日曜

Discussion in 'News and Articles' started by Auto News, Apr 14, 2019.

By Auto News on Apr 14, 2019 at 8:22 PM
  1. Auto News

    Auto News Moderator Staff Member

     2019年F1中国GP決勝で、アルファロメオのキミ・ライコネンは9位でフィニッシュ、3戦連続でポイントを獲得した。13番グリッドからスタートしたライコネンは、オーバーテイクを繰り返してポジションを上げ、終盤は8番手のセルジオ・ペレスに近づいていたが、タイヤの状態が悪くなり、オーバーテイクには至らなかった。
    .
    2019年F1第3戦中国GP キミ・ライコネン(アルファロメオ)

    ■アルファロメオ・レーシング
    キミ・ライコネン 決勝=9位
     今日はマシンの感触がよかった。グリッド後方からスタートしたが、少なくともポイントを獲れたのはよかったよ。

     レース終盤はフロントタイヤのグリップがなくなってしまった。レースを通してタイヤに気をつかって走っていたのに残念だ。タイヤの温度が下がったことで、ペースが落ちてしまった。

     さらに前進するために努力し続ける。次のバクーで何ができるか見てみるよ。

    .
     

Comments

Discussion in 'News and Articles' started by Auto News, Apr 14, 2019.

Share This Page