ホンダ田辺TD「復帰後初の表彰台で一歩踏み出せた。一方で、トップに立つにはまだパフォーマンス不足とも実感」:F1オーストラリアGP日曜

Discussion in 'News and Articles' started by Auto News, Mar 17, 2019.

By Auto News on Mar 17, 2019 at 1:22 AM
  1. Auto News

    Auto News Moderator Staff Member

     2019年F1オーストラリアGP決勝で、ホンダのパワーユニット(PU/エンジン)を搭載するアストンマーティン・レッドブル・レーシングのマックス・フェルスタッペンは3位表彰台を獲得、ピエール・ガスリーは11位だった。レッドブル・トロロッソ・ホンダのダニール・クビアトは10位入賞を果たし、アレクサンダー・アルボンは14位で完走している。

    ホンダF1テクニカルディレクター田辺豊治
     2019年の初戦、アストンマーティン・レッドブル・レーシングとの初戦で表彰台に上ることができ、非常に良いスタートを切れました。ホンダとしては2008年以来、2015年のF1復帰以降では初の表彰台になりますが、素晴らしい走りを見せたフェルスタッペン選手と、それを見事な仕事で実現させたチームに感謝をしています。一方で、表彰台に上ったことは一歩を踏み出したと感じていますが、もっとパフォーマンスを上げないとまだトップには届かないことも実感しました。
    .
    2019年F1第1戦オーストラリアGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)が3位表彰台を獲得

     レッドブル・トロロッソ・ホンダについても、クビアト選手が復帰戦で力強い走りを見せ、10位入賞、ポイント獲得と、こちらも良い開幕戦になりました。マシンにポテンシャルがあることも確認できたと思います。

     両チームともに、ここからさらに開発を続け、パフォーマンスを上げていきたいと思います。まだシーズンのスタートを切ったばかりですし、ここが我々の目指す場所ではありませんが、ひとまず今日のような良いレースができたことはポジティブにとらえています。ここまで努力を続けてきたさくらやミルトン・キーンズのメンバーにも感謝の言葉を送りたいと思います。

    .
     

Comments

Discussion in 'News and Articles' started by Auto News, Mar 17, 2019.

Share This Page