リカルド「母国で予選Q3に進めなかった自分が腹立たしい。絶対にポイント圏内まで上がってみせる」:ルノー F1オーストラリアGP土曜

Discussion in 'News and Articles' started by Auto News, Mar 16, 2019.

By Auto News on Mar 16, 2019 at 7:42 PM
  1. Auto News

    Auto News Moderator Staff Member

     2019年F1オーストラリアGPの土曜予選で、ルノーのダニエル・リカルドは12番手だった。

    ■ルノーF1チーム
    ダニエル・リカルド 予選=12番手
     もちろん、Q3に進出できなかったことに落胆している。たった0.05秒差で逃した上に、それだけのパフォーマンスは僕自身のなかにあったのだからなおさらだ。最後の走行では、セクター1でロスしてしまった。

     Q3に進出できるだけのポテンシャルはあったのに、完璧なアタックラップを走れなかったのだから、当然悔しいよ。

     予想どおり中団はかなりの接戦になっているけれど、明日は良い結果が出せると前向きに考えている。母国ではいつだってうまくやりたいと意気込んでしまうが、頭を冷静に保っていいスタートを切り、必要なときに攻めることを心掛けていく。
    .
    2019年F1第1戦オーストラリアGP ダニエル・リカルド(ルノー)

    (Formula1.comのインタビューにおいて語り)自分自身にがっかりだ。マシンには(Q3に進めるだけの)速さがあったことは分かっているからね。でも僕は思っていたような予選結果を出せなかったときには、レースではアドレナリンが出て、それがプラスに働くんだ。明日も今日のことをモチベーションに変えてプッシュしていくよ。ポイント圏内に入れるという自信はある。

    .
     

Comments

Discussion in 'News and Articles' started by Auto News, Mar 16, 2019.

Share This Page