ハースが予選で4番手チームに。「ビッグ3との差もそれほど大きくない」:F1オーストラリアGP土曜

Discussion in 'News and Articles' started by Auto News, Mar 16, 2019.

By Auto News on Mar 16, 2019 at 12:23 PM
  1. Auto News

    Auto News Moderator Staff Member

     2019年F1オーストラリアGPの土曜予選で、ハースのロマン・グロージャンは6番手、ケビン・マグヌッセンは7番手だった。

    ■リッチ・エナジー・ハースF1チーム
    ロマン・グロージャン 予選=6番手
     6番グリッドはいい結果だね。ケビンも近いところにいるし、いい一日だった。マシンのパフォーマンスは優れており、コース上で常に強さを発揮できている。このマシンで予選を走ったのは初めてだったから、新しい発見があって興味深かった。

     マシンはうまく機能していて、思っていたとおりの位置につけられた。序列にはいくらか驚きがあったかもしれないが、自分たちの一日にとても満足している。

     僕らのレースペースは、予選同様に優れていると思う。プッシュし続けて、パフォーマンスを発揮し続けて、シーズンの始まりに多くのポイントを獲得できるといいね。
    .
    2019年F1第1戦オーストラリアGP マグヌッセン(ハース)が予選の好結果をシュタイナー代表と祝う

    ケビン・マグヌッセン 予選=7番手
     僕にとっては完璧な予選ではなかった。Q1では最初のタイヤセットでミスを犯したことで、新しいタイヤをもう1セット使うことになってしまったので、Q3用の新品が1セットしか残っていなかったんだ。僕が悪かったのだけれども、幸いマシンの調子がとても良かった。

     今年もこれほどまでに優れたマシンを用意してくれたチームを誇りに思っている。新たなルールの変更に合わせて素晴らしい仕事をこなし、マシンの競争力を維持してくれた。

     トップチームからそれほど離されてはいない。僕らは彼らと戦っているわけではないが、ギャップはそれほど大きくないと思う。明日はさらにうまくやって、ポイントを獲得できることを願っている。

    .
     

Comments

Discussion in 'News and Articles' started by Auto News, Mar 16, 2019.

Share This Page